• WiMAX
  • 比較

【2022年最新】WiMAXのおすすめプロバイダー比較6選!最もお得に契約できるのはどこ?

Wi-Fiを契約するときに、「WiMAX」という名称を耳にしたことのある方はいると思います。

しかし、WiMAXとは端末のことなのか、そもそも一体何を指しているのか正しく理解できている方は少ないかもしれません。

本記事では、WiMAXのプロバイダー6社を比較するとともに、WiMAXとは何か、モバイルルーターとの違いについても触れています。

本記事では最安値であるGMOとくとくBBでWiMAXを契約することをおすすめしていますが、各社特徴がありますので、自分にあったにインターネットを探している方はぜひ参考にしてみてください。

付随してWi-Fiについても詳しく知りたいという方は、下記の記事を参考にしてみてください。

本記事で紹介するWiMAXのプロバイダー6社

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • カシモWiMAX
  • So-net WiMAX

WiMAXの安いプロバイダーはどこ?料金比較6選

WiMAXの安いプロバイダーはどこ?料金比較6選

WiMAXを検討している場合、どのプロバイダーを選んでも、回線の品質や速度に大きな違いはありません。

なぜなら、どこのプロバイダーも同じWiMAX回線を使っているからです。

したがって、プロバイダーを選ぶ際は、月額料金やお得に始められるキャンペーンの有無を比べて決めるとよいでしょう。

WiMAXを取り扱う6つのプロバイダーの料金を比較すると以下の通りです。

比べると、GMOとくとくBB WiMAXの実質月額料金が最安値クラスであることがわかります。

プロバイダー 事務手数料 端末代金 キャッシュバック金額 契約期間の総額 実質月額料金
GMOとくとくBB WiMAX 3,300円 0円 0円*1 163,746円 4,426円
BIGLOBE WiMAX 3,300円 21,912円 19,500円*2 165,432円 4,471円
UQ WiMAX 3,300円 21,780円 15,000円*3 176,180円 4,762円
Broad WiMAX

(3年プラン)

3,300円 21,780円 0円*4 184,489円

(16,3746円*6)

4,986円

(4,426円*6)

カシモWiMAX

(3年プラン)

3,300円 0円 0円*5 165,088円 4,462円
So-net WiMAX 3,300円 21,780円 0円 198,492円 5,365円
※1 他社からの乗り換えの場合は最大41,000円(不課税)まで解約違約金を負担(2022年6月15日時点)
※2 データ端末同時申し込み+クーポンコード利用の場合(〜2022年6月30日まで)
※3 オンラインショップで申し込み+クレジットカード払い+UQモバイル自宅セット割もしくはauスマートバリュー加入時
※4 他社からの乗り換えの場合は最大40,000円(不課税)まで解約違約金を負担(2022年6月15日時点)
※5 新規契約で Amazonギフト券20,000円分プレゼント(2022年6月15日時点)
※6 WEB割キャンペーン適用時。WEB割キャンペーン未適用の場合は20,743円(税込)の初期費用がかかります。
※上記はすべて税込価格
※(事務手数料+端末代金+37ヶ月間の総額費用-キャッシュバックなど割引額)÷37ヶ月=実質月額料金で算出
※前提条件として、1日から利用を開始したものとする
※WiMAXは契約月を「0ヶ月」とカウントするため0ヶ月目を含めた37ヶ月間で算出

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

画像引用元:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、実質月額料金が6社の中で最安値クラスのプロバイダーであり、お得にWiMAXを使いたい方におすすめです。

乗り換えれば最大で41,000円(不課税)のキャッシュバックを受けられるのは、他社にはない大きなメリットといえるでしょう。

月額料金契約 月:4,158円の日割り計算

1~24ヶ月目:月額4,158円

25ヶ月目以降:月額4,708円

スマホのセット割 au 最大1,100円/台 割引(auスマートバリュー適用時)

UQ mobile 最大858円/台 割引(自宅セット割インターネットコース適用時)

キャッシュバック 他社から乗り換えの場合は最大41,000円キャッシュバック*1
オプションサービス プラスエリアモード利用料:無料

安心サポート:330円/月(最大2ヶ月無料)

公衆無線LAN:398円/月(最大2ヶ月無料)

インターネット安心セキュリティ:550円/月(12ヶ月無料)

スマホトラブルサポート:1,078円/月(最大2ヶ月無料)

解約違約金 1~12ヶ月目:20,900円

13~24ヶ月目:15,400円

25〜36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目:0円(更新月)

以降:10,450円

※1 キャッシュバック金額は2022年6月15日時点
※上記はすべて税込価格

GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

画像引用元:BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは、月額料金と解約違約金が安いので短期契約におすすめのプロバイダーです。

1年以内に解約しても解約違約金は1,100円(税込)なので、解約時の負担を減らしたい方に向いています。

月額料金 契約月:無料

1~24ヶ月目:月額4,191円

25ヶ月目以降:月額4,928円

スマホのセット割 au 最大1,100円/台 割引(auスマートバリュー適用時)

UQ mobile 最大858円/台 割引(自宅セット割インターネットコース適用時)

キャッシュバック データ端末同時申し込みかつクーポン利用で最大19,500円キャッシュバック*1
オプションサービス プラスエリアモード利用料:1,100円/月
解約違約金 1~12ヶ月目:1,100円

13ヶ月目以降:0円(自動更新なし)

※1 データ端末同時申し込み+クーポンコード利用の場合(〜6月30日まで)
※上記はすべて税込価格

BIGLOBE WiMAXの詳細はこちら

UQ WiMAX

UQ WiMAX

画像引用元:UQ WiMAX

UQ WiMAXはWiMAXプロバイダーの中で唯一、実店舗サポートを受けることができるため、インターネット環境に安心感を求める方に向いています。

WiMAXサービスの提供元ということも魅力の一つでしょう。

ちなみに、申込みはオンラインショップを使うと、限定のキャッシュバックを受けられます。

月額料金 契約月:4,268円の日割り計算

1~25ヶ月目:4,268円*1

26ヶ月目以降:4,950円

スマホのセット割 au 最大1,100円/台 割引(auスマートバリュー適用時)

UQ mobile 最大858円/台 割引(自宅セット割インターネットコース適用時)

キャッシュバック オンラインショップ限定で最大15,000円のキャッシュバック*2
オプションサービス プラスエリアモード利用料:1,100円/月

端末補償サービス:418円/月

U-NEXT視聴:2,189円/月

解約違約金 なし(契約期間なし)
※1 WiMAX +5Gはじめる割適用時。682円(税込)/月が25ヶ月間割引となります。
※2 オンラインショップで申し込み+クレジットカード払い+UQモバイル自宅セット割もしくはauスマートバリュー加入時
※上記はすべて税込価格

UQ WiMAXの詳細はこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

画像引用元:Broad WiMAX

Broad WiMAXは2ヶ月目までは月額2,090円という安さで使えるため、初期費用を抑えたい方に向いています。

契約期間に応じて月額料金と解約違約金が変わるので、事前に確認するとよいでしょう。

困りごとがあれば、電話や遠隔操作で365日サポートしてくれる「My broadサポート」というオプションの利用が可能です。

■ギガ放題プラスDX3年プランの場合
月額料金 契約月:2090円に日割り計算

1~2ヶ月目:2,090円
3~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円

スマホのセット割 au 最大1,100円/台 割引(auスマートバリュー適用時)

UQ mobile 最大858円/台 割引(自宅セット割インターネットコース適用時)

キャッシュバック 他社から乗り換えの場合は最大40,000円キャッシュバック*1
オプションサービス プラスエリアモード利用料:無料

安心サポートプラス:605円/月(最大2ヶ月間無料)

My broadサポート:998円/月(最大2ヶ月無料)など

解約違約金 12ヶ月目以内:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
26~36ヶ月目:10,450円
37ヶ月目及び更新月:0円
38ヶ月目以降:10,450円
※1 キャッシュバック金額は2022年6月15日時点
※上記はすべて税込価格

Broad WiMAXの詳細はこちら

カシモWiMAX

カシモWiMAX

画像引用元:カシモWiMAX

カシモWiMAXは、月額料金の安さが特徴です。初月は1,408円(税込)という手ごろな値段で、翌月以降も4,455円(税込)で使えます。

月額料金 契約月:1,408円(一律料金)

以降:4,455円

スマホのセット割 au 最大1,100円/台 割引(auスマートバリュー適用時)

UQ mobile 最大858円/台 割引(自宅セット割インターネットコース適用時)

キャッシュバック なし*1
オプションサービス プラスエリアモード利用料:無料

安心サポート基本保証:330円/月

安心サポートワイド:660円/月

安心サポートワイドプラス:880円/月

U-NEXT:2,189円/月

カシモWi-Fi by エコネクト:398円/月

カシモ スマホ・パソコン相談窓:550円/月 など

解約違約金 12ヶ月目以内:20,900円

13~24ヶ月目:15,400円

25~36ヶ月目:10,450円

37ヶ月目及び更新月:0円

38ヶ月目以降:10,450円

※1 新規契約で Amazonギフト券20,000円分プレゼント(2022年6月15日時点)
※上記はすべて税込価格

カシモWiMAXの詳細はこちら

So-net WiMAX

So-net WiMAX

画像引用元:So-net WiMAX

So-net WiMAXは、ソニー会社が提供するWi-Fiサービスです。

月額料金は高額ですが、大手企業が提供するサービスという点ではサポート体制などもしっかりしていて、安心して利用できるでしょう。

■ギガ放題プラスDX3年プランの場合
月額料金 4,817円
スマホのセット割 au 最大1,100円/台 割引(auスマートバリュー適用時)

UQ mobile 最大858円/台 割引(自宅セット割インターネットコース適用時)

キャッシュバック なし
オプションサービス プラスエリアモード利用:無料

安心サポート:330円/月

くらしのお守り:495円/月

えらべる倶楽部:550円/月

詐欺ウォール:330円/月

S-SAFE:550円/月

解約違約金 更新月(38ヶ月目*1):0円

更新月以外:10,450円

※1 公式サイトの表記を参照。契約月を1ヶ月目とカウントした場合。(他 WiMAXプロバイダーは契約月を0ヶ月目とカウントしているため3年契約の場合は37ヶ月目と記載されています。)
※上記はすべて税込価格

So-net WiMAXの詳細はこちら

WiMAXとは

WiMAXとは

そもそもWiMAXとは、無線通信技術規格の一種のひとつで、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称です。

日本国内ではUQコミュニケーションズ株式会社が「WiMAX」規格を使用して提供しているサービス名称が「WiMAX」であり、2009年から提供しています。

WiMAXには「WiMAX 2+」と「WiMAX +5G」の2種類のプランがあり、最近では2021年4月に利用が開始された「WiMAX +5G」が主流となっています。

「WiMAX 2+」の最大通信速度が867Mbpsであるのに対して、次世代回線の5Gに対応した「WiMAX +5G」は2.7Gbpsであり、約3倍のスピードです。

WiMAXとモバイルルーターの違い

モバイルルーターとは、持ち運びできるWi-Fiの端末で、ポケット型Wi-Fiとも呼ばれます。

モバイルルーターはデータ通信で使う回線やサービスよって2つに分けられ、UQコミュニケーションズ株式会社が提供するWiMAX 2+回線など*を使うものがWiMAX、4G LTE回線を使うものがそれ以外です。

つまり、WiMAXはモバイルルーターのひとつであると言えます。

大手の通信キャリアでもモバイルルーターのサービスを提供しており、採用するデータ通信の方式は各社で異なります。

例えば、ドコモはFDD-LTE方式、ソフトバンクとauはFDD-LTE方式とTDD-LTE方式の両方を用いているのです。

※WiMAX +5GはWiMAX 2+回線に加えて、au5G回線、au4G LTE回線を用いて通信を行います。

WiMAXの通信速度はどのくらい?

WiMAXの通信速度はどのくらい?

WiMAX +5Gの通信速度は下りが最大2.7Gbpsです。

従来のWiMAX 2+は867Mbps だったので、約3倍も速くなっており、動画やオンラインゲームをストレスなく楽しめるでしょう。

通信モードにはスタンダードモードとプラスエリアモードの2種類があります。

プラスエリアモードとは、スタンダードモードよりも広いエリアで高速通信サービスが使えるモードです。

建物の中や、外出先で接続しにくいと感じたら、プラスエリアモードに切り替えるとよいでしょう。

なお、プラスエリアモードは契約しているWiMAXプロバイダーによっては追加料金がかかることがあるので、契約内容を事前に確認しておきましょう。

通信速度については下記記事も参考にしてみてください。

WiMAXに申込みするときの流れ

WiMAXに申込みするときの一般的な流れは、以下の3ステップです。

  1. Wi-Fiルーターの種類を選ぶ
  2. 申込み手続き
  3. 利用開始

Wi-Fiルーターは、据え置きで使うホームルーターと外出先でも使えるモバイルルーターの2種類があります。使う場所に応じて選ぶとよいでしょう。

申込み手続きは、専売ショップ、WiMAX提供会社、または各事業者の公式オンラインショップでできます。

オンラインショップ限定のキャンペーンもあるので、ますは検討している事業者のWebサイトを確認してみましょう。

申込みが完了すると、最短2~3日でWi-Fiルーターが届きます。

WiMAXを利用するにあたっては、光回線のようなケーブルの配線工事は不要なので、届いたたらすぐに設定してインターネットを使えます。

WiMAX +5Gに機種変更する方法

すでにWiMAX 2+を契約している方は、WiMAX +5Gへの機種変更が可能です。

GMOとくとくBBで契約している場合、WiMAX 2+を25ヶ月以上利用していれば、端末代金0円でWiMAX +5Gの端末に変更できます。

事務手数料として3,300円は別途かかるので留意しておいてください。

GMOとくとくBB WiMAXの場合、機種変更後に解約すると以下の解約違約金がかかります。

  • 1~12ヶ月目20,900円(税込)
  • 13~24ヶ月目15,400円(税込)
  • 25ヶ月目以降10,450円(税込)
  • 更新月(37ヶ月目)0円(税込)
  • 以降:10,450円(税込)

料金は事業者によって異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

WiMAXに関するよくある質問

WiMAXに関するよくある質問

ここからはWiMAXに関するよくある質問に答えていきます。

「インターネット接続なし」と表示されたらどうすればよい?

WiMAXが繋がらないときの主な原因は3つです。

  • 端末の接続に問題がある
  • Wi-Fiルーターやケーブルに問題がある
  • ネットワークの接続に問題がある

対処法と合わせて解説します。

ルーター端末の接続に問題がある

WiMAXで利用できる電波のサービスエリア外では、ルーター端末が電波を受信できずに繋がらなくなります。

問題なく使えていたのに、場所を移動してから繋がらなくなった場合は、サービスエリア外にいる=圏外となっていることが原因の可能性が高いです。

そういった際はUQコミュニケーションズ株式会社が提供するサービスエリアマップを見るとよいでしょう。

住所や地図から場所を指定すれば、対応エリアかどうかを確認できます。

Wi-Fiルーターやケーブルに問題がある

Wi-Fiルーター、あるいは有線で繋ぐケーブルに問題があると「インターネット接続なし」と表示されます。

Wi-Fiルーターの一時的な不具合であれば、再起動して改善されるかもしれません。

あるいは、電池の接続状態が不良であることも原因のひとつです。Wi-Fiルーターの電池が取り外せる場合は取り外し、つけ直してみましょう。

有線で繋がらない場合は、ケーブルが断線している可能性があるので、別のケーブルで接続してみてください。

ネットワークの接続に問題がある

上記の対策をとっても改善されない場合は、通信障害が発生している可能性があります。

通信障害の情報は、UQコミュニケーションズが提供している障害情報ページに掲載されるので、確認しましょう。

その場合、通信障害が改善されるまで待つことになります。

WiMAXに速度制限はある?

従来のWiMAX +5Gでは直近3日間の合計パケット通信量が15GBを超えると、翌日の18時から26時まで最大1Mbpsの通信速度制限が課せられていました。

しかし、2022年2月1日より通信速度の制限が緩和され、3日間制限要件が撤廃されたのです。

ただし、一定期間に大容量通信を行なった場合、回線が混雑する時間帯には速度が制限されるケースもあるので留意しましょう。

Wi-Fiの通信速度が遅い・切れやすいときの対処法は?

Wi-Fiの通信速度が遅かったり切れやすかったりする場合、3つの対処法があります。

ひとつめは、電波状態が原因となっている場合です。窓際などの電波状態がよい場所にWi-Fiルーターを置いてみましょう。

ふたつめは、電池残量が原因の場合です。残量を確認して、もし残りが少なければ充電してから接続しましょう。

3つ目は、設定が原因の場合です。省電力モードで「ハイパフォーマンス(通信速度優先)」を選択したり、Wi-Fi 暗号化強化を「使用しない」に設定したりするとよいでしょう。

WiMAXの契約をするなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

WiMAXは回線の工事が不要で、自宅でも外出先でも手軽にインターネットを使えるのが特徴です。

WiMAXのプロバイダーは、どこも同じ回線を利用しているため基本的には通信品質に差はありません。

そのため、月額料金やお得に始められるキャンペーンの有無で選ぶとよいでしょう。

今回は主なWiMAXのプロバイダー6社を比べましたが、その中でも最安値クラスであるGMOとくとくBBがおすすめです。

社からの乗り換えの場合は最大41,000円のキャッシュバックを受けられるなどお得なキャンペーンも実施しているので、ぜひ検討してみてください。

GMOとくとくBB WiMAXを見てみる

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
Facebook Facebook Twitter Twitter