• 方法・やり方

固定IPアドレスとは?取得方法やメリット・デメリットを解説

ネットワーク上のコンピューターなどの機器を識別するために割り当てられるIPアドレスですが、その種類についてわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、特に固定IPアドレスについて、活用シーンからメリット・デメリット、確認方法や設定方法まで解説します。

固定IPアドレスとは

固定IPアドレスとは

固定(静的)IPアドレスとは、識別番号がずっと変わらないIPアドレスのことです。

そもそもIPアドレスには、以下の2種類があります。

  • 動的IPアドレス
  • 固定(静的)IPアドレス

固定(静的)IPアドレスに対して動的IPアドレスとは、接続するたびに自分の識別番号が常に変わっているタイプのIPアドレスのことをいいます。

固定(静的)IPアドレスの特徴について、詳しく見ていきましょう。

固定(静的)IPアドレスと動的IPアドレスの違い

まず、IPアドレスの概念について簡単に説明しましょう。

インターネット上で通信をするためには、接続者を識別するために「識別番号」が付与されます。

これが「インターネット上での自分の識別番号=IPアドレス」です。

とりわけ、インターネット上で付与されるIPアドレスのことを「グローバルIPアドレス」といいます。

これを踏まえて、固定IPアドレスと動的IPアドレスの違いを見ていきましょう。

固定IPアドレスと動的IPアドレスの違いは、IPアドレスが固定されているか否かです。

固定IPアドレスは、定期的にIPアドレスが変化することはありません。

ネットワーク回線を切断し、再接続しても常に同じIPアドレスになります。

通常のインターネット接続を行うのであれば、動的IPアドレスで全く問題ありません。

一方で動的IPアドレスとは、ネットワークに接続するたびにIPアドレスが変わる、「グローバルIPアドレス」です。

ISP(インターネットサービスプロバイダー)と契約してインターネット設定をすると、通常は動的IPアドレスが付与されます。

インターネットに再接続したり、一定の時間が経過したりするとIPアドレスは変化するのが特徴です。

次項では、固定IPアドレスが役に立つシーンについて見ていきましょう。

固定IPアドレスでできること・活用シーン

固定IPアドレスでできること・活用シーン

固定IPアドレスがもっとも役に立つシーンとしては、外部からのアクセスを受け付ける必要がある場合が挙げられます。

イメージしやすいのは、自社のサーバー内にホームページを開設する場合でしょう。

動的IPアドレスにしてしまうと、都度IPアドレスが変わってしまうため外部からが接続ができません。

同じIPアドレスにすることで、問題なく外部からのアクセスを受け付けできるようになるのです。

同様に、自社サーバー内のファイルに対して、外部から閲覧する場合にも、固定IPアドレスを設定することが重要となります。

そのほかにも、ネットワークカメラの設置・監視や、IoT・M2M機器のリモート操作、VPN接続することなどが可能です。

ここからは、それぞれについて解説します。

自社のサーバーでホームページを公開する

ホームページは、ネットワークに接続されたサーバーにワードプレスなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を構築し、コンテンツをアップロードすることで公開が可能です。

訪問者がホームページをブラウザで検索することで、サーバーにリクエストが届き、訪問者のデバイスにホームページが表示されます。

自社サーバーでホームページを公開する場合、動的IPアドレスだとアクセスするたびにホームページのアクセス先が変わります。

固定IPアドレスであれば、アクセス先が定期的に変わることがありません。

そのため、ホームページを運用する際は固定IPアドレスが推奨されるケースが多いといえます。

外部からでも自宅・社内のシステムに安全にアクセスできる

固定IPアドレスは、外部からのリモートアクセスを行う際にも必要です。

リモートアクセスとは、離れた場所にあるパソコンにネットワークを通じて接続することを指します。

リモートアクセスを利用すれば、場所や端末などに関わらず、いつでも自宅や社内のシステムを利用できるのです。

たとえば、外出先で自宅のパソコン内にあるファイルを閲覧したいとき、リモートデスクトップにより接続できます。

また社内のパソコンにリモートアクセスすることで、事務所以外の場所でも業務を行うことが可能です。

外出が多い社員でも、社外で業務を進められるため、業務効率化につながります。

また、重要な情報を持ち出さずに済むため、情報漏えいの防止にも役立つでしょう。

リモートアクセスにおける固定IPアドレスは、送信元と送信先の判別に使われます。

IPアドレスが固定化されているため、ユーザーや接続先のパソコンを明確に判別できるようになるのです。

これにより、外部から社内などへの閉鎖的なネットワークに、安全にアクセスが可能となります。

ネットワークカメラを設置・監視する

ネットワークカメラは、撮影した映像をスマホやパソコンからリアルタイムで確認できるカメラです。

自宅や社内の防犯カメラや、子どもやペットの見守りに使われます。

ネットワークカメラに固定IPアドレスを割り振り、ポート開放を行うことで、外出先のデバイスから接続できます。

IoT・M2M機器をリモート操作する

IoT(Internet of Things)とは、車や家電製品などをインターネットに接続し、データを共有することで、生活をより快適にできる技術です。

またM2Mとは「Machine to Machine」の略で、ネットワークに接続されたモノ同士で、データの送受信を行う技術を指します。

例えば自動販売機の補充ルートの自動最適化などに使われています。

IoT・M2M機器は、例えばスマホの音声操作から電源のON・OFFなどの操作が可能です。

家事や育児などで手がふさがっている状態でも声だけで動かせるので、リモコンによる操作が不要になります。

さまざまなモノがリモート操作に対応しているため、固定IPアドレスを割り振ることで機器を特定し、スマホやパソコンなどの端末に認識させられます。

VPN接続ができる

VPNとは「Virtual Private Network」の略称です。

VPN接続は、共用のインターネット回線を仮想的に専用回線として扱う技術を指します。

VPN接続でインターネット上に仮想の専用回線を設定することで、セキュリティレベルの高い通信が可能です。

自社サーバーへのVPN接続を利用するためには、自社サーバーを固定IPアドレスに設定する必要があります。

物理的な専用回線を敷く必要がなく、インターネット回線を専用回線のような感覚で利用できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

参考

INTERLINK

固定IPアドレスのメリット

固定IPアドレスのメリット

固定IPアドレスを活用するメリットは、下記の4点です。

  • 家庭内LAN、社内LANに外から接続できる
  • セキュリティを確保できる
  • VPN接続で複数の拠点をつなぐことができる
  • リモートデスクトップを活用できる

家庭内LAN、社内LANに外から接続できる

IPアドレスが固定化されていることで、家庭内LANや社内LANに簡単に接続できます。

自宅や会社のパソコンに保存されたファイルを外に持ち出す必要がありません。

手元の端末から安全に閲覧やコピーができます。

セキュリティを確保できる

セキュリティ強化にもつながります。

固定IPアドレスを使用することで、特定のIPアドレスからのアクセスのみを許可できます。

またセキュリティインシデントが発生した場合、スムーズに不正アクセス元の特定や、攻撃元の分析が可能です。

VPN接続で複数の拠点をつなぐことができる

VPN接続を使うことで、自宅と会社、本社と支社、支社同士をひとつにつなぐネットワークを形成できます。

VPN接続はさまざまな技術により、複数拠点間で安全なデータ通信を行えます。

これにより、リモートワークがより快適にできるでしょう。

リモートデスクトップを活用できる

固定IPアドレスを利用すれば、リモートデスクトップの使用が可能です。

社員がリモートワークをする際、自宅のパソコンから会社のパソコンに接続できます。

接続する側の端末の性能によらず、会社のパソコンなど接続される側の端末の性能で作業できます。

固定IPアドレスのデメリット

固定IPアドレスのデメリット

一方で、固定IPアドレスにはデメリットもあります。

ここでは、主に以下の2点について解説します。

費用がかかる

固定IPアドレスを取得するには、ISPに追加の費用を払わねばなりません。

固定IPアドレスを付与する機器が増えるほど、台数分の固定IPアドレスの月間利用料が発生します。

正しい運用をしないとセキュリティリスクが高まる

正しい設定や適切な運用を怠ると、セキュリティに関するリスクが高まります。

固定IPアドレスが流出すると、端末やクラウドサービスなどに不正アクセスされる危険性が生じるからです。

不正アクセスされないように、固定IPアドレスは他人に知られないように厳重に管理しましょう。

固定IPアドレスの確認方法

固定IPアドレスの確認方法

お使いのグローバルIPアドレスが固定IPアドレスかどうかを確認する方法は、契約内容を確認する以外にありません。

ここでは、お使いのグローバルIPアドレスを確認する方法をご紹介します。

もっとも簡単に確認する方法は、CMANなどのIPアドレス確認サイトへアクセスすることです。

アクセスするだけで、現在利用しているIPアドレスが表示されます。

WindowsでIPアドレスを確認する方法

Windowsの場合の確認方法は以下の通りです。

  1. キーボードの[Windows]キーを押しつつ、[R]キーを押します。
  2. ファイル名を指定して実行のウィンドウが出るため、その名前欄に「cmd」と入力し、[OK]ボタンをクリックしましょう。
  3. コマンドプロンプトに「curl inet-ip.info」と入力し、[Enter]キーを押します。
  4. 自身のパソコンのグローバルIPアドレスが表示されるため、固定IPアドレスを利用していれば固定IPアドレスが表示されます。

MacでIPアドレスを確認する方法

Macの場合の確認方法は以下のようになります。

  1. DockでLaunchpadのアイコンをクリックして、検索欄に「ターミナル」と入力してから、「ターミナル」をクリックしましょう。
  2. ターミナルが開かれるので、「curl inet-ip.info」と入力し、[Enter]キーを押します。
  3. 自身のパソコンのグローバルIPアドレスが表示されますので、固定IPアドレスを利用していれば固定IPアドレスが表示されます。

固定IPアドレスの取得方法

固定IPアドレスの取得方法

固定IPアドレスを取得するには、オプションで固定IPアドレスを選択できるISPと契約する方法と、固定IPアドレスに対応したSIMを契約する方法のふたつがあります。

現在利用しているISPが固定IPアドレスのオプションを提供していれば、月額料金を払い固定IPアドレスを利用することが可能です。

ネットワークカメラやIoT・M2M機器をリモートで利用する場合、固定IPアドレスに対応したSIMと契約すると利便性が高まります。

固定IPアドレスを取得するならGMOとくとくBBがおすすめ!

固定IPアドレスを取得するならGMOとくとくBBがおすすめ!

画像引用元:GMOとくとくBB

固定IPアドレスを取得するのなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

年間費用を他社と比較すると、お得に利用できます。

GMOとくとくBBは年間費用が他社よりお得

画像参照:GMOとくとくBB

さらに設定時間は最速3分とスピーディー、さらに技術サポートを年中無休でメール・電話で対応してもらえます。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

固定IPアドレスの設定方法

固定IPアドレスの設定方法

固定IPアドレスの設定方法をご紹介します。

Windowsの場合の設定方法です。

  1. キーボードの[Windows]キーを押しつつ、[R]キーを押します。
  2. ファイル名を指定して実行のウィンドウが出るため、そこの名前欄に「ncpa.cpl」と入力し、[OK]ボタンをクリックしましょう。
  3. ネットワーク接続画面が開かれるため[イーサネット]や[Wi-Fi]など、設定したいネットワークデバイスを右クリックし、[プロパティ]を選択します。
  4. プロパティ画面の[インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)]を選択してから[プロパティ]ボタンをクリックします。
  5. IPアドレスを入力する欄に固定IPアドレスなどを入力し、[OK]ボタンをクリックしましょう。これでIPアドレスの設定は完了です。

Macの場合の設定方法です。

  1. アップルメニューから[システム設定]を選択し、サイドバーで[ネットワーク]をクリックします。
  2. 設定したいネットワークデバイスをクリックし、[詳細]をクリックします。
  3. [TCP/IP]をクリックするとポップアップされる[IPv4を構成]をクリックし、[オプション]を選択しましょう。
  4. IPアドレスを入力する欄が表示されるため、[手入力]を選択してから固定IPアドレスなどを入力します。これでIPアドレスの設定は完了です。

注記:ここでご紹介しているのは、IPv4の場合の方法です。

もしIPアドレスがコロンで区切られた長い英数字だった場合、IPv6というIPアドレスとなります。

IPv6の場合は、[インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)]もしくは[IPv6を構成]を設定しましょう。

固定IPアドレスのメリットを理解したうえで取得・設定しよう

固定IPアドレスのメリットを理解したうえで取得・設定しよう

本記事では、固定IPアドレスの概要から、固定IPアドレスの活用シーン、メリット・デメリットを解説しました。

固定IPアドレスには多くのメリットがあり、活用シーンはさまざまとなります。

しかし、ビジネスで活用する際は、デメリットについても十分認知し、対策を取って利用することが大切です。

GMOとくとくBB」なら、他社と比較しても格安の値段で固定IPアドレスを利用でき、サポート体制も万全です。

ぜひ、GMOとくとくBBの利用をご検討ください。

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook Twitter Twitter