ソフトバンク光はプロバイダー変更できる?乗り換え方法を解説

光回線でインターネットを利用している方の中には、「これまで使っていたプロバイダーをソフトバンク光へ変えられないか」、もしくは「ソフトバンク光からプロバイダーのみ別の業者に変更することは可能なのか」と、疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、ソフトバンク光はプロバイダーだけを変更することはできません。ソフトバンク光は「光コラボ」事業者のひとつで、プロバイダーと回線がセットになっています。ソフトバンク光からプロバイダーを変更するには「事業者変更」または「乗り換え」という手続きを取ることが必要です。

この記事では、他社からソフトバンク光へ乗り換える場合とソフトバンク光から他社へ乗り換える場合について、手順や注意点などを解説していきます。先述したような疑問を持たれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンク光はプロバイダー変更できる?

ソフトバンク光はプロバイダー変更できる?

ソフトバンク光は、プロバイダーだけを変更することはできません。

なぜソフトバンク光がプロバイダーだけの変更ができないのかを解説する前に、まずは光回線の種類についての解説が必要です。光回線は、大きく分けて次の3種類に分けられます。

光回線の種類 概要 代表的な回線名
フレッツ光 NTT東西が提供する光回線 フレッツ光
光コラボ フレッツ光とプロバイダーをセットにした光回線 ソフトバンク光、ドコモ光、OCN光、とくとくBB光、楽天ひかりなど
そのほか独自回線 フレッツ光、光コラボ以外の光回線 auひかり、NURO光、コミュファ光など

このように、ソフトバンク光は「光コラボ」の一種で、ソフトバンクがフレッツ光の回線とYahoo! BBのプロバイダーをセットにして販売しているものです。

光コラボはプロバイダーがそもそもセットになっているため、プロバイダーを変更するには「事業者変更(再転用)」または「乗り換え」という手続きが必要になるのです。

次の表は、事業者変更と乗り換えについてまとめたものになります。

手続きの名称 内容
事業者変更

(再転用)

光コラボから他社光コラボへの切り替え ソフトバンク光→とくとくBB光

ドコモ光→ソフトバンク光

乗り換え フレッツ光、光コラボ以外の回線への切り変え ソフトバンク光→auひかり

NURO光→ソフトバンク光

つまり、ソフトバンク光のプロバイダーを変更するには、事業者変更もしくは乗り換えによって他社の光回線に切り替える必要があるのです。

ソフトバンク光のサービス内容

ソフトバンク光のサービス内容

ソフトバンク光のサービス内容について、具体的に説明します。ソフトバンク光のサービス内容は以下の通りです。

通信速度 下り最大1Gbps
月額料金 戸建て(2年自動更新プラン) 5,720円
集合住宅(2年自動更新プラン) 4,180円
おうち割光セット指定オプション 550円/月
ソフトバンクスマホ割引※1 550円/月、1,100円/月
ワイモバイルスマホ割引※1 550円/月、1,188円/月
キャンペーン ・回線工事費実質無料

・他社回線の違約金全額キャッシュバック

契約期間 2年(自動更新)

※料金はすべて税込

※1:プランにより割引額が異なる

すでにソフトバンクのスマホを使っている人であれば、ネット回線をソフトバンク光にすることでメリットが得られます。ソフトバンク光の最大の特徴とも言えますが、ソフトバンクのスマホ料金に割引が効くのです。ソフトバンクの契約プランに応じて、スマホ代が毎月550円(税込)または1,110円(税込)安くなります。同様にワイモバイルのスマホプランを利用している方についても、ソフトバンク光とのセット割を利用することで月々のスマホ支払い金額が割引されるのです。

ただし、割引の適用には「おうち割光セット必須オプション」の契約が別途必要のため、確認するようにしてください。

ソフトバンクのスマホとのセット割の適用範囲には家族も含まれ、最大10回線までが対象です。そのため、家族でソフトバンクを使っているのであれば、ソフトバンク光を使うことで得られる恩恵はとても大きくなります。

他社プロバイダーからソフトバンク光に変更する方法

他社プロバイダーからソフトバンク光に変更する方法

ここからは、他社プロバイダーからソフトバンク光に変更する方法について解説します。大まかな変更の手順は以下の通りです。

  1. ソフトバンク光に申し込む
  2. 利用中のプロバイダーの解約手続きを行う
  3. 開通工事に立ち会う
  4. 接続設定を行う

光コラボからの事業者変更の場合、ソフトバンク光へは解約手続きなしに自動で切り替わるため、2の手順は不要です。

それぞれの手順について詳しく解説していきます。

1.ソフトバンク光に申し込む

ソフトバンク光へ申し込む前に、以下の書類や情報を用意しておきましょう。

  • 利用を開始したい時期
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード)
  • 支払い方法に関する情報(クレジットカードや銀行口座など)
  • 転用承諾番号(フレッツ光からの転用の場合)
  • 事業者変更承諾番号(光コラボからの事業者変更の場合)

フレッツ光からソフトバンク光に変更する場合は、「転用承諾番号」が必要です。また、光コラボからの変更である「事業者変更」は、「事業者変更承諾番号」の取得が必要になります。

ソフトバンク光の申込み手順は以下の通りです。

  1. Webサイトか電話で申し込む
  2. SMSまたは郵送で届く「ご利用開始のご案内」に氏名や住所などの情報を記入する
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 支払い方法を登録する
  5. 工事の日程を決める

ソフトバンク光は、自宅の光回線の状態によっては工事が必要になります。新規で光ファイバーを引き込む場合は、1〜2時間ほど工事の立ち会いが必要です。一方ですでにフレッツ光回線が引き込まれているケースなど、そのまま回線を使える場合は、立ち会いは必要ありません。

工事や立ち会いの有無は、ソフトバンク光の申込み時にわかります。立ち会い工事が必要な場合は、工事の日程を入力することになります。開通工事は、なるべく平日の日中に予約しましょう。土日や夜間の予約も可能ですが、別途手数料がかかります。

また、工事の依頼が多い時期は希望の工事日程が取れない可能性があり、工事が数ヶ月先になってしまうと開通までに時間がかかる場合もあるので注意してください。

2.利用中のプロバイダーの解約手続きを行う

この項目はフレッツ光からソフトバンク光へ乗り換える時に発生する手順です。

光コラボ同士の乗り換えである「事業者変更」の場合、もともと契約していた光コラボ事業者はソフトバンク光に乗り換えた時点で自動的に解約となります。

ソフトバンク光の申込みが完了したら、利用中のプロバイダーの解約手続きをします。ソフトバンク光のプロバイダーはYahoo! BBのみとなるので、それまで使っていた他社プロバイダーはもう使えません。

プロバイダーを解約する前に、以下の書類や情報を用意しておきましょう。

  • ユーザーID
  • パスワード
  • ソフトバンク光の開通日

プロバイダーのユーザーIDやパスワードを忘れた場合は、プロバイダーに直接問い合わせる必要があります。

プロバイダー解約の手順は、以下の通りです。

  1. 公式サイトや会員ページ、電話で解約を申し込む
  2. 解約日をソフトバンク光の開通より後に指定する
  3. ネット接続に必要な機器を返却する

上記の手順で注意するべき点が、他社プロバイダーの解約はソフトバンク光の開通より後に行うことです。ソフトバンク光の開通前にプロバイダーを解約すると、インターネットが使えない期間が発生してしまいます。

また、プロバイダーから機器をレンタルしている場合は、返却が必要です。多くの場合はプロバイダー側から返送方法や返送用の箱が届くので、指示に従って返却しましょう。

3.ソフトバンク光の開通工事に立ち会う

ソフトバンク光の開通にあたって家の中での工事がある場合、立ち会いが必要です。立ち会いは、契約者本人やその家族、友人でも問題ありません。

しかし、工事の担当者が自宅へ訪問時に不在だった場合、派遣費用として7,150円(税込)が請求される可能性があります。そのため、工事予定日に事情があって立ち会えなくなった場合でも、すぐに変更手続きをしましょう。

工事日の変更手続きは、ソフトバンク光の申込み後にSMSで届くURLか、My Softbankから可能です。変更期限は工事4日前の19時までですが、期限を過ぎた場合もMy Softbankから手続きできます。

ソフトバンク光の開通工事は、以下の流れで行われます。

  1. 光ケーブルを電柱から家の外まで引き込む
  2. 光ケーブルを家の中まで引き込む
  3. 光コンセントを設置する
  4. 光コンセントとNTTのモデムを接続する
  5. 光信号を確認する

光ケーブルを家の中へ引き込む際に、電話線やエアコンダクトなどを利用して、壁から光ケーブルを引きます。

しかし場合によっては、ケーブルの引き込み時に壁へ1cm程度の穴を開ける必要があることも考えられます。賃貸物件の壁に穴を開けることになった場合、管理会社に許可を求めなければならないので注意してください。

4. ソフトバンク光の接続設定を行う

開通工事が完了したら、インターネット接続の設定をします。設定の手順は以下の通りです。

  1. NTTのモデムと光BBユニットまたはWi-Fiルーターを接続する
  2. パソコンやスマホで設定をする

機器の接続と聞くと、難しそうに感じる人もいるかもしれません。しかし、接続方法はガイドが機器に同梱されているほか、サポートセンターに問い合わせて手順を教えてもらうこともできます。

Wi-Fiルーターを接続するなら、ソフトバンク光でレンタルできる「光BBユニット」がおすすめです。光BBユニットを使えば「IPv6高速ハイブリッド」が利用できるため、高速で通信できるほか、LANケーブルで接続すれば設定なしでインターネットに接続できます。

また、自分で用意したWi-Fiルーターを接続しても問題ありません。その場合はパソコンやスマホにプロバイダー情報を入力すれば、インターネットが使えるようになります。

乗り換え時の接続の設定については、以下の記事でも詳しく解説しています。

他社プロバイダーからソフトバンク光へ変更する際の費用目安

他社プロバイダーからソフトバンク光へ変更する際の費用目安

他社プロバイダーや光コラボ事業者からソフトバンク光に変更すると、さまざまな費用がかかります。プロバイダーや光コラボ事業者のプランには契約期間が設けられているため、更新月以外の解約は解約違約金が発生する場合があるのです。

プロバイダーだけの解約違約金は、通常1,000〜5,000円程度です。事業者変更や乗り換えの場合の解約違約金は、10,000〜15,000円程度かかります。そのほか、事業者変更には手数料として3,300円(税込)もかかるので、留意しておきましょう。

また、ソフトバンク光の開通費用は以下の通りです。

契約事務手数料 3,300円
回線工事費 立ち会いあり、建物内工事あり 26,400円
立ち会いあり、建物内工事なし 10,560円
立ち会いなし 2,200円
時間外割増工事費 土日の工事 3,300円
夜間(17時〜22時)割増金 2,838円または7,590円※1
深夜(22時〜8時)割増金 5,676円または19,030円※1

※すべて税込金額

※1:光ケーブルの状態による

このように、ソフトバンク光は立ち会いや建物内工事の有無によって工事費が異なります。さらに、平日の日中以外の工事では時間外割増工事費が請求されるので留意してください。

他社プロバイダーからソフトバンク光へ変更する際の注意点

他社プロバイダーからソフトバンク光へ変更する際の注意点

他社プロバイダーからソフトバンク光へ変更する際の注意点は、以下の通りです。

  • プロバイダーのサービスが利用できなくなる
  • レンタル機器が破損していたり返却しなかったりすると料金を請求される可能性がある

他社プロバイダーを解約すると、プロバイダーで提供されていたメールアドレスやセキュリティソフトなどのオプションが使えなくなります。ただし、コース変更ができるプロバイダーなら、メールアドレスを残すことが可能です。

また、プロバイダーから機器をレンタルしている人は、必ず指定の方法で期限内に返却しましょう。機器が破損していたり期限に遅れたりすると、料金を請求される可能性があります。

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更する方法

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更する方法

ソフトバンク光から他社プロバイダーに変更する手順は以下の通りです。

  1. 乗り換え先のプロバイダーに申し込む
  2. ソフトバンク光の解約手続きを行う
  3. 開通工事を行う
  4. 接続設定を行う

ソフトバンク光から他社光コラボへ事業者変更する場合、解約なしに自動で切り替わるため2の手順は不要です。

ここからは、それぞれの手順について詳しく解説していきます。

乗り換え先のプロバイダーに申し込む

まずは乗り換え先のプロバイダーへの申込みです。申込みの前には、以下の書類や情報を確認しておきましょう。

  • 利用を開始したい時期
  • 身分証明書
  • 支払い方法に関する情報(クレジットカードや銀行口座など)
  • 事業者変更承諾番号(光コラボに事業者変更する場合)

乗り換え先のプロバイダーに申し込む手順は、以下の通りです。

  1. 公式サイトや電話で申し込む
  2. 氏名や住所などの情報を入力する
  3. 支払い方法を登録する
  4. 開通工事の日程を決める(乗り換えの場合)

ソフトバンク光と同様に、申込みが多い時期は希望日に工事ができない可能性があります。開通したい時期が決まっている人は、早めに申込みしましょう。

ソフトバンク光の解約手続きを行う

乗り換え先のプロバイダーに申し込んだら、ソフトバンク光の解約手続きをしましょう。なお他社光コラボへ事業者変更する場合、自動的に切り替わるため解約手続きは不要です。

ソフトバンク光は解約希望日の90日前から手続きできますが、土日祝を除く6営業日前までに申請する必要があります。自動更新プランを契約している人は、契約解除料不要期間の最終月15日までに解約の申込みが必要です。

解約手続きの前に、「新しいプロバイダーが開通する日」を把握しておくこと、加えて「レンタルした機器」を手元に用意しておくとスムーズです。

ソフトバンク光の解約手続きは、以下の手順で行います。

  1. ソフトバンク光サポートセンターに解約の電話をする
  2. 撤去工事の日程を決める
  3. レンタル機器を返送する
  4. 撤去工事する

ソフトバンク光の解約はWebサイトからは手続きができないため、サポートセンターに電話する必要があります。

サポートセンターの情報は以下の通りです。

電話番号:0800-111-2009
受付時間:10:00~19:00

ソフトバンク光の撤去工事をする日程は、新しいプロバイダーの開通より後にしましょう。開通前にソフトバンク光を撤去すると、インターネットが使えない期間が発生します。
事前に「新しいプロバイダーが開通する日」を把握しておくのはこのためです。

ソフトバンク光では、解約後2週間までにレンタルした機器の返却が必要です。レンタルした機器によって返送先が異なり、光BBユニットはソフトバンクに、ONUやホームゲートウェイはNTTに返送します。

最後に回線の撤去工事に立ち会えば、ソフトバンク光の解約は完了です。

ただし、ソフトバンク光から光コラボやフレッツ光に変える場合は、回線や機器を継続して使うことになります。その場合、撤去工事とNTTの機器返却は不要です。

乗り換え先プロバイダーの開通工事を行う

乗り換え予定のプロバイダーによっては、開通工事が必要になる可能性があります。

工事の手順は、基本的には以下の通りでソフトバンク光の場合と同じです。

  1. 光ケーブルを電柱から家の外まで引き込む
  2. 光ケーブルを家の中まで引き込む
  3. 光コンセントを設置する
  4. 光コンセントとモデムを接続する
  5. 光信号を確認する

乗り換え先プロバイダーの接続の設定をする

開通工事が終わったら、インターネット接続の設定をします。

接続の手順も、基本的には以下の通りでソフトバンク光の場合と同じです。

  • モデムとWi-Fiルーターを接続する
  • パソコンやスマホで設定をする

多くの場合は接続のためのガイドが梱包されていたり、ネットで確認できたりします。

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更する際の費用目安

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更する際の費用目安

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更するときには、費用が発生します。

ソフトバンク光は、契約するプランに応じて契約期間や解約違約金が異なります。ソフトバンク光のプランごとの解約違約金は以下の通りです。

  • 自動更新ありプラン(2年):10,450円(税込)
  • 自動更新ありプラン(5年):16,500円(税込)
  • 自動更新なしプラン:0円

契約満了月から翌々月までに解約すれば、解約違約金は発生しません。ソフトバンク光は撤去工事費用もかかりませんが、テレビなどのオプションを付けている場合は別途費用が発生することがあります。

一方で、他社プロバイダーの契約には、以下の費用がかかるので、確認しておくようにしましょう。

  • 契約事務手数料
  • 工事費(乗り換えで回線を引く場合)
  • 事業者変更の事務手数料

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更する際の注意点

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更する際の注意点

ソフトバンク光から他社プロバイダーへ変更する際の注意点は、以下の通りです。

  • ソフトバンク光の工事費の残債が残っている場合、一括で支払う必要がある
  • ソフトバンク光のサービスが利用できなくなる
  • レンタル機器が破損していたり返却しなかったりすると料金を請求される可能性がある

解約時にソフトバンク光の工事費の残債がある場合、一括で支払う必要があります。

また、ソフトバンク光を解約すると、光回線だけでなく利用していたほかのサービスも使えなくなるので注意しましょう。さらに、ソフトバンク光のレンタル機器は破損していたり返却しなかったりすると、料金を請求される可能性があるので気をつけてください。

ネットに繋がりにくいと感じたら乗り換えを検討しよう

ネットに繋がりにくいと感じたら乗り換えを検討しよう

ソフトバンク光はプロバイダーと一体型になっている光回線で、プロバイダーだけの変更はできません。そのためプロバイダーを変更するには、違う光コラボに事業者変更するか、乗り換えをする必要があります。

もしソフトバンク光が繋がりにくいと感じたら、「GMOとくとくBB」に乗り換えるのがおすすめです。

GMOとくとくBBは「オリコン顧客満足度調査」の「プロバイダー」部門で「広域企業」の第1位(2020年)を獲得したプロバイダーです。

ドコモ光auひかりにも対応しているほか、コラボ光のとくとくBB光は戸建て4,928円(税込)、マンション3,530円(税込)と光回線の中でも安価で利用できます。

ソフトバンク光が繋がりにくいと感じている人は、ぜひGMOとくとくBBを利用してみてください。

記事監修
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。