• auひかり
  • 方法・やり方

auひかりの対応エリアは?確認方法やエリア外だったときの対処法を解説

auひかりは高速の光回線サービスとして高い人気を誇ります。

実際に、契約を検討している方もいることでしょう。

しかし、実際にauひかりの契約を考えるにあたって問題になりやすいのが、「対応エリア」です。

そのためこの記事では、auひかりの対応エリアの基本や確認方法、対応エリア外だった場合の対処法について解説します。

auひかりの対応エリア

auひかりの対応エリア

auひかりの対応エリアについて確認する際には、以下のようにプラン別に整理することをおすすめします。

  • auひかり ホーム1ギガ
  • auひかり ホーム10ギガ・5ギガ
  • auひかり マンション

auひかり ホーム1ギガの対応エリア

auひかりホーム1ギガの対応エリアは、以下の通りです。

スクロールできます→

北海道・東北地方 北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県
関東地方 東京都、神奈川県、群馬県、茨城県、栃木県、千葉県、埼玉県
甲信越地方 長野県、新潟県
北陸地方 富山県、石川県、福井県
中部地方 山梨県
中国地方 島根県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県
四国地方 愛媛県、徳島県、香川県、高知県
九州地方 福岡県、長崎県、佐賀県、宮崎県、大分県、熊本県、鹿児島県

つまり、以下の都道府県に関しては、auひかりホーム1ギガの対応エリア外です。

スクロールできます→

関西地方 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県 コミュファ光の提供エリア
中部地方 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県 コミュファ光の提供エリア
沖縄地方 沖縄県 auひかりちゅらの提供エリア

【監修者コメント】

一部例外がありますが、auひかりを提供していないエリアは、KDDI株式会社傘下企業および提携企業が独自回線を提供している地域とほぼ一致しています。

KDDI傘下企業および提携事業者

  • コミュファ光|中部テレコミュニケーション株式会社
  • eo光|株式会社オプテージ
  • auひかりちゅら|沖縄セルラー電話株式会社

auひかり ホーム10ギガ・5ギガの対応エリア

auひかりホーム10ギガ・5ギガの対応エリアは、以下の通りです。

スクロールできます→

関東地方 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

auひかりホーム10ギガ・5ギガは、関東地方の一部でのみ対応可能です。

auひかり マンションの対応エリア

auひかりマンションの対応エリアは、auひかりホーム1ギガの対応エリアと基本的に同じで以下の通りです。

スクロールできます→

北海道・東北地方 北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県
関東地方 東京都、神奈川県、群馬県、茨城県、栃木県、千葉県、埼玉県
甲信越地方 長野県、新潟県
北陸地方 富山県、石川県、福井県
中部地方 山梨県
中国地方 島根県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県
四国地方 愛媛県、徳島県、香川県、高知県
九州地方 福岡県、長崎県、佐賀県、宮崎県、大分県、熊本県、鹿児島県

つまり、以下の都道府県に関しては、auひかりホーム1ギガの対応エリア外です。

スクロールできます→

関西地方 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
中部地方 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
沖縄地方 沖縄県

【監修者コメント】

ホームタイプ同様にauひかりを提供していないエリアは、KDDI株式会社傘下企業および提携企業が独自回線を提供している地域とほぼ一致しています。

KDDI傘下企業および提携事業者

  • コミュファ光|中部テレコミュニケーション株式会社
  • eo光|株式会社オプテージ
  • auひかりちゅら|沖縄セルラー電話株式会社

auひかりの未対応エリア

以下の地域では、どのプランであってもauひかりには対応できないと考えられます。

スクロールできます→

関西地方 大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県
中部地方 静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
沖縄地方 沖縄県

【監修者コメント】

前述したように、KDDI傘下企業および提携企業が独自回線を提供しているエリアに関しては、auひかりは利用できないため、注意しましょう。

auひかりの対応エリアを確認する方法

auひかりの対応エリアを確認する方法

auひかりの対応エリア確認方法は、ホーム・マンションそれぞれのタイプにて分けてチェックすることをおすすめします。

【監修者コメント】

KDDI株式会社へ問い合わせたところ、エリアマップを用いてauひかり対応地域を調べることはできないとのことでした。

よって、ご自身がお住まいの住所、もしくはこれからお住まいの住所を入力して調べる以外に、対応エリアを確認する術はないようです。

auひかり ホームの場合

ホームタイプの確認方法は、以下の通りです。

1.auひかりの公式サイトの検索画面を開く

auひかりの公式サイトの検索画面を開く

エリア検索画面は、こちらから飛べます。

2.「一戸建て」をクリックし郵便番号を入力する

「一戸建て」をクリックし郵便番号を入力する

次に上記の画面が開くため、住居タイプを「一戸建て」にし、郵便番号を入力します。

固定電話番号は、任意の入力で問題ありません。

3.「〇丁目」~を入力する

「〇丁目」~を入力する

次の画面では、「〇丁目」以降を入力していきます。

「〇丁目」以降を入力する

上記のように、「〇丁目」の次は番地を入力します。

号を入力する

次は、「号」です。

4.検索結果を確認する

検索結果を確認する

最後の画面で、上記のように対応しているサービスを確認できます。

auひかり マンションの場合

ホームタイプの確認方法は、以下の通りです。

1.auひかりの公式サイトの検索画面を開く

auひかりの公式サイトの検索画面を開く

エリア検索画面は、こちらから飛べます。

2.「マンション/アパート」などをクリックし郵便番号を入力する

「マンション/アパート」などをクリックし郵便番号を入力する

次に上記の画面が開くため、住居タイプを「マンション/アパートなど」にし、郵便番号を入力します。

固定電話番号は、任意の入力で問題ありません。

3.「〇丁目」~を入力する

「〇丁目」~を入力する

「〇丁目」以降を選択していきます。

4.該当するマンションを選択する

該当するマンションを選択する

丁目以降を入力していくと、上記のように利用できるマンションが表示されるため、確認したいマンション名を選択して「次へ」をクリックします。

5.検索結果を確認する

検索結果を確認する

ここまでの作業を行えば、上記の通り最終検索結果画面にて、当該マンションで利用できるタイプを確認できます。

 

auひかりの申込み手順

auひかりの申込み手順

auひかりの申込みは、主に以下の流れで行います。

  1. Web窓口のフォームからauひかりを申し込む
  2. 販売代理店(申込先プロバイダー)からの連絡を受ける
  3. KDDI開通センターから工事日程の調整の連絡が来る
  4. 必要な機器を受け取る
  5. 約束した日に光回線の開通工事を実施してもらう
  6. 接続設定を行う

光回線の工事は原則必要ですが、賃貸物件で前の住人がauひかりを導入していた場合、工事不要で利用できることもあります。

ただしauひかりは独自回線を使っており、フレッツ光や光コラボで利用する「フレッツ光回線」を利用することはできません。

一部例外として、ホーム(s)プランであればNTT東西の回線を利用するため、詳細に関してはKDDI株式会社へ問い合わせてください。

auひかりのプロバイダー一覧

auひかりのプロバイダー一覧

auひかりのプロバイダーは、以下の10社です。

スクロールできます→

サービス名 月額料金 初期費用
GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン)
戸建て

2-12ヶ月:5,610円

13-24ヶ月:5,500円

25ヶ月目以降:5,390円

マンション:3,470円〜

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円〜
  • マンション:33,000円〜

※工事費は毎月料金から値引きされるため実質無料

GMOとくとくBB
(月額費用割引キャンペーン)
戸建て

開通月:無料

2-36ヶ月目:4,400円

37ヶ月目以降:5,940円

マンション

開通月:無料

2-36ヶ月目:2,860円

37ヶ月目以降:4,730円など

(プランは一例)

事務手数料:3,300円

工事費:

※工事費は月額費用に含まれます。

BIGLOBE
(キャッシュバック特典のみ掲載)
戸建て:5,390円〜

マンション:3,740〜円

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※月額費用に工事費が含まれます。

So-net 戸建て:5,390円〜

マンション:4,180円など(プランによって変動)

※工事費を分割払いにした場合

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※月額費用に工事費が含まれます。

au one net 戸建て:5,390円〜

マンション:4,730円など

※プランによって変動

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※工事費は月額費用に含まれません

@nifty 戸建て:4,761円〜

マンション:3,066円など

※プランによって変動

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※月額費用に工事費が含まれます。

DTI 戸建て:5,390円〜

マンション:3,740円など

※プランによって異なる

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※工事費は月額費用に含まれません

Asahi Net 戸建て:5,115円(特典適用後))〜

マンション:2,805円(特典適用後))など

※プランによって異なる

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※工事費は月額費用に含まれません

@T COM 戸建て:5,390円〜

マンション:3,740円など

※プランによって異なる

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※工事費は月額費用に含まれません

SMARTLINE 戸建て:5,940円〜(ずっとギガ得プラン)

マンション:4,730円(V16プラン)など

※プランによって異なる

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※工事費は月額費用に含まれません

エディオンネット(エンジョイ☆auひかり) 戸建て:5,390円〜

マンション:4,180円(V16プラン)など

※プランによって異なる

事務手数料:3,300円

工事費:

  • 戸建て:41,250円
  • マンション:33,000円

※工事費は月額費用に含まれません

※価格はすべて税込
※2022年7月時点の情報

各プロバイダーに関する詳細は、以下の記事でも紹介しています。

auひかりのプロバイダーは「GMOとくとくBB」がおすすめ

auひかりのプロバイダーは「GMOとくとくBB」がおすすめ

画像引用元:GMOとくとくBB

auひかりのプロバイダーであれば、「GMOとくとくBB」が特におすすめです。

その理由は、主に以下の通りです。

  • 最大で5万円のキャッシュバックがある
  • GMOとくとくBBのauひかりは、お客様満足度が92%*

※2020年6月にGMOとくとくBBが実施したアンケート結果に基づく結果

毎月の料金制度もわかりやすく、どのプロバイダーにするべきか迷った際には「GMOとくとくBB」がおすすめでしょう。

auひかりがエリア外だったときの対処法

auひかりがエリア外だったときの対処法

もし、auひかりがエリア外だった場合、以下の2つの対処法が想定されます。

  • ほかの光回線を契約する
  • auユーザーならauやWiMAX +5G対応のホームルーターやモバイルWi-Fiルーターの契約も検討する

回線速度の確保を考えるとほかの光回線を利用するのがおすすめですが、auスマホユーザーでそれほど回線速度を重視しない場合は、auやWiMAX +5G対応のホームルーターやモバイルWi-Fiルーターも選択肢に挙げられるでしょう。

au/WiMAX +5G対応サービスであれば、スマホとのセット割が受けられるため、月々のスマホ料金から1台あたり最大1,100円(税込)の割引を受けることが可能です。

ほかの光回線を契約する

auひかりがエリア外だった場合、基本的にはほかの光回線を契約することがおすすめです。

たとえば、主要な光回線としては以下の3種類が挙げられます。

スクロールできます→

サービス名 月額料金 工事費用 オプション
ドコモ光
(GMOとくとくBB)
戸建て:5,720円〜

マンション:4,400円〜

戸建て:19,800円

マンション:16,500円

→独自特典で実質無料

あんしんパック

など

ソフトバンク光
(GMOとくとくBB)
戸建て:5,720円〜

マンション:4,180円〜

戸建て:26,400円

マンション:26,400円

→独自特典で実質無料

Wi-Fiマルチパック

公衆無線LAN

など

GMOとくとくBB光 戸建て:4,928円~

マンション:3,773円~

戸建て:実質0円

マンション:実質0円

GMOひかり電話

GMO光テレビ

リモートサポート

など

※価格はすべて税込

光回線に関しては以下の記事でも解説しているため、ぜひご確認ください。

auユーザーならauのホームルーターやモバイルWi-Fiも検討しよう

もしauユーザーなら、auのホームルーターやモバイルWi-Fiルーターを検討してみるという選択肢もあります。

これらモバイル回線を用いたサービスは、auひかりやほかの光回線と比較したら回線速度が大きく劣りますが、光回線にはない特徴があるのです。

それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

スクロールできます→

メリット デメリット
ホームルータープラン
  • 工事不要ですぐに使える
  • 比較的通信が安定しやすい
  • 複数機器の同時接続に対応可
  • 通信制限がある
  • 置き場所を考える必要がる
  • 持ち運び不可
モバイルルータープラン5G
  • 工事不要ですぐに使える
  • バッテリー内臓で持ち運びできる
  • 置き場所に困りにくい
  • 通信制限がある
  • 通信が比較的不安定
  • 複数機器の同時接続に不向き

基本的に自宅だけでWi-Fiを使う場合はホームルーター、持ち運びをしたい場合はモバイルルーターをおすすめします。

また、auホームルーター、モバイルルーター同様に、WiMAX +5Gに対応したサービスでも、auスマートバリューの対象となります。

WiMAX +5G対応プロバイダーであれば、「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめですので、ご検討ください。

auひかりのエリアに関するよくある質問

auひかりのエリアに関するよくある質問

ここではauひかりのエリアに関する質問に回答します。

auひかりの対応エリア内でも申込みできないことがあるのは本当?

Q.auひかりの対応エリア内でも申込みができないことがあるのは本当?

A.対応エリア内でも、申込みできないことはあります。

対応エリア内であっても、部分的にカバーされていないエリアが存在するためです。

また、お住いのマンションが光回線を導入しておらず、工事不可の場合も結果的に申込みはできません。

事前に対応エリアを確認し、そのうえで住宅の所有者に確認することをおすすめします。

auひかりのエリアは拡大予定がある?

Q.auひかりのエリアは拡大予定がある?

A.2022年12月時点で、auひかりのエリアが拡大されるとの公式からの発表はありません。

詳細な情報は、auひかり公式で適宜ご確認ください。

auひかり対応エリア内なら「GMOとくとくBB」で契約するのがおすすめ!

auひかり対応エリア内なら「GMOとくとくBB」で契約するのがおすすめ!

auひかりの対応エリアは契約プラン別に異なります。

公式サイトにて検索可能ですので、住所を入力して確認することがもっとも確実です。

これからauひかりの導入を検討しているのであれば、お得なキャンペーンを用意している「GMOとくとくBB×auひかり」がおすすめです。

また「GMOとくとくBB」であれば、もしお住まいがauひかりの提供エリアに属していない場合、フレッツ光回線を利用した光コラボ「GMOとくとくBB光」のほか、ドコモ光・ソフトバンク光へ申し込むことも可能です。

GMOとくとくBBは月額料金が比較的リーズナブルであり、高速通信をお得な料金で利用できます。

加えて、独自特典を適用することで、実質的に工事費用が無料となるため、初期費用を抑えて利用することも可能です。

プロバイダー選びに迷ったら、ぜひ「GMOとくとくBB」の利用を検討してみてください。

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook Twitter Twitter
シンプルに安い速い とくとくBB光