• ドコモ光
  • 評判・レビュー

ドコモ光10ギガとは?評判やメリット・おすすめのプロバイダーを紹介

超高速インターネットをお得に楽しむなら、「ドコモ光10ギガ」と「GMOとくとくBB」の組み合わせがもっともおすすめです。

しかし、「自分に向いているかわからない」「プロバイダー選びが難しい」といった理由で、ドコモ光10ギガを利用するか迷っている方も多いでしょう。

この記事では、ドコモ光10ギガの基本情報やメリット・デメリット、プロバイダーとしてGMOとくとくBBをおすすめする理由などを解説します。

そもそも「ドコモ光」はどんなサービス?

「ドコモ光」は、通信事業大手のNTTドコモが提供している光インターネットサービスのことです。

NTTドコモがフレッツ光回線またはケーブルテレビの設備を使って通信回線を提供し、プロバイダーとして提携する事業者が開通手続きを行います。

また、「ドコモ光」は基本的にプロバイダーとのセット契約「光コラボ」になります。

ドコモ光を契約すると、セットでプロバイダーとの契約も完了するため、別々に契約する手間が省けます。

ドコモ光10ギガとは

ドコモ光10ギガとは

画像引用元:NTTドコモ「ドコモ光 10ギガ」

ドコモ光10ギガは、2020年4月1日から提供が始まった高速データ通信が使い放題なインターネットサービスです。

通常プランの10倍の理論値通信速度を誇り、最大速度10Gbpsのインターネットを利用できます。

これにより、高画質の動画や高速通信を必要とするオンラインゲームが、複数のデバイスで同時に楽しめることをセールスポイントにしています。

ドコモ光10ギガの対応エリア

ドコモ光10ギガが利用できる地域は限られており、NTT東日本と西日本の2エリアに分けられています。

それぞれのエリア範囲に含まれるのは、以下の都道府県の一部地域です。

NTT東日本 東京・神奈川・千葉・埼玉
NTT西日本 大阪・和歌山・京都・滋賀

兵庫・愛知・静岡・岐阜

ドコモ光10ギガは従来、戸建てプランのみ対応でしたが、2022年9月1日からはNTT東日本エリアと大阪市・名古屋市の一部地域に限り、マンションプランでも利用できるようになりました。

対応エリアは、今後も拡大していく予定です。

ドコモ光10ギガの速度

ドコモ光10ギガの理論値通信速度は、上り・下りともに10Gbpsです。

理論値速度と実測値速度には大きな差がありますが、理論値速度が通常プランの10倍となることで、ファイルのダウンロード・アップロードが格段に速く行える可能性を秘めています。

理論値最大通信速度
上り最大通信速度 10Gbps
※アップロード速度
下り最大通信速度 10Gbps
※ダウンロード速度

ドコモ光10ギガの料金

ドコモ光10ギガの料金

ドコモ光10ギガの月額料金は、対応プロバイダーによって分かれるタイプや、定期契約の有無によって異なります。

タイプの種類は、プロバイダーと一体型のタイプA・Bと、プロバイダーとの別途契約が必要な単独タイプの3つです。

スクロールできます→

定期契約 タイプA タイプB 単独タイプ
あり

(2年間)

6,380円 6,600円 5,940円
なし 8,030円 8,250円 7,590円
※2022年9月1日からの改定価格 価格はすべて税込

契約期間の縛りがないと、いつでも解約できるものの、定期契約ありの料金に1,650円上乗せされることに気を付けなければなりません。

ドコモ光10ギガを契約した際には、月額料金以外に、工事費と事務手数料を含む初期費用や、途中解約した際の解約違約金などもかかります。

■初期費用および解約違約金について
工事費*1 戸建て:19,800円

マンション:16,500円

事務手数料 3,300円
解約違約金
(2年定期契約のみ)
5,500円
※価格はすべて税込 
※1 工事費用に関しては「新規契約」および「フレッツ光クロス以外からの転用」の価格となります。「ドコモ光新規工事費無料キャンペーン」が実施されている場合、工事費用が無料となる場合があります。ただし、新規契約事務手数料については支払う必要があるためご了承ください。

工事費は決して安くありませんが、ドコモ光が実施するキャンペーンで無料になる場合があります。

2022年7月の電気通信事業法改正により解約金も値下げされ、以前より負担が少なくなっています。

また、ドコモ光10ギガの通信速度を十分に発揮させるには、10Gbps対応の専用ルーターが必要です。

専用ルーターは、ドコモから月額550円(税込)でレンタル*できます。

注釈

NTT東日本対応エリアの場合、NTTドコモから、NTT西日本エリアの場合はNTT西日本からの提供となるため、NTT西日本に申込みが必要となります。

ただし、NTT西日本エリアでドコモ光10ギガを新規で申し込んだ場合は、NTTドコモからNTT西日本へレンタル申し込みの取次が可能です。

ドコモ光10ギガとドコモ光1ギガの違い

ドコモ光10ギガとドコモ光1ギガの違い

ドコモ光は、標準的なサービスとして1ギガプランも提供しています。

ドコモ光10ギガと1ギガにはどのような違いがあるのでしょうか。

ドコモ光1ギガは、その名の通り最大通信速度が1Gbpsのプランです。

通信速度が異なる分、当然ながら料金も変わり、10ギガのほうが600円程度高く設定されています。

スクロールできます→

■ドコモ光1ギガと10ギガの料金比較(タイプA戸建プラン)
定期契約 ドコモ光10ギガ ドコモ光1ギガ
あり
(2年間)
6,380円 5,720円
なし 8,030円 7,370円
※価格はすべて税込

サービス提供エリアの範囲も異なり、1ギガはほとんど全国に対応しているのに対し、10ギガの対応エリアは首都圏と東海・関西地方の一部地域のみです。

利用できるプロバイダー数も、1ギガが23社、10ギガが9社と差があります。

また、10ギガは1ギガと違い、ドコモ光電話を含むひかり電話サービスが利用できません。

現在、フレッツ光回線のひかり電話をすでに利用している場合、アナログのNTT電話に戻す工事が必要になり、別途費用がかかります。

ただし、auひかりなどを契約した際に、ひかり電話を新たに加入して電話番号を「NTT以外」から取得した際は、アナログ戻しは利用できない可能性が高いため注意しましょう*。

ドコモ光10ギガの評判は?

ドコモ光10ギガの評判は?

ドコモ光10ギガを実際に利用している人や利用を検討している人たちからは、よい評判と悪い評判の両方が挙がっています。

満足する人と不満を持つ人の口コミ・レビューをそれぞれまとめましたので、参考にしてみてください。

■よい口コミ・レビュー

  • ドコモ光10ギガ、IPv4が使えるようになったので速度計測しました。うーんはやい。(Twitter

  • それにしてもドコモ光10ギガは速い。音楽ソフトやSteamのダウンロードインストールで1Gb LANの上限張り付きます。(Twitter

ドコモ光10ギガに満足しているユーザーからは、主に「通信が速い」という声が挙がっています。

最大の強みとされている通信速度の速さは、実際に使ってみても感じられるようです。

■悪い口コミ・レビュー

  • 福岡もドコモ光10ギガエリア対応しないかな〜😂💦順次拡大っていつ❗️❗️❗️⁉️(Twitter

  • ウチのドコモ光がいつも遅い(速くても200Mbps台)ので、最近ドコモ光の10ギガと言うプランがあると言う事を知り、ちょっと調べたら、「ドコモ光の10ギガはドコモ光電話を利用できない」と言う事を知り、ニッチモサッチモエッチモドッチモ。。。早く対応してくれ〜!!(Twitter

一方で、「対応エリアが狭くて利用できない」「ひかり電話が使えない」といったことを不満に思っている人も、少なくありません。

これらの問題に関しては、ドコモ側の対応を待つしかないでしょう。

申込みの前に自宅でドコモ光10ギガが利用できるかどうか、しっかり確認してください。

ドコモ光10ギガをお得に利用できるキャンペーン

お得なキャンペーン

ドコモ光10ギガでは、2022年9月現在、「新規工事料無料特典」や「dポイントプレゼント特典」といったお得なキャンペーンを実施しています。

スクロールできます→

キャンペーン 内容 適用条件
新規工事料無料特典 工事費無料
  • 「ドコモ光10ギガ」を新規申込み後、申込み月含む7ヶ月以内に利用を開始する
dポイントプレゼント特典 dポイント25,000pt(期間・用途限定)を進呈
  • 「ドコモ光10ギガ(2年定期契約)」を申込み後、申込み月を含む7ヶ月以内に利用開始する
  • 利用開始月の2ヶ月後の月末時点で契約が続いており、契約者がdポイントクラブ会員である

新規工事料無料特典は、ドコモ光10ギガまたはドコモ光1ギガに新規申込みすると、工事費が無料になるキャンペーンです。

通常、工事費は2万円近くかかるため、活用できれば大きなメリットが得られます。

なお、土日・祝日の追加工事費や工事中に発生した追加料金は特典の対象外です。

dポイントプレゼント特典は、ドコモ光10ギガに新規申込みをしたり、1ギガから10ギガにプラン変更したりすると、25,000円分のdポイントがもらえるキャンペーンです。

適用されると、利用開始月の4ヶ月後にポイントが付与されます。

ドコモ光10ギガのメリット

ドコモ光10ギガのメリット

ドコモ光10ギガの大きなメリットとして、以下のふたつが挙げられます。

  • 超高速でインターネットが利用できる
  • ドコモスマホとのセット割が適用される

ドコモ光10ギガを利用する最大のメリットは、実測通信速度が格段に上がる可能性があることです。

4K・8Kの映像試聴やオンラインゲーム、生配信といった大量のデータ通信が必要なインターネット利用も、快適にできます。

複数デバイスで同時接続しても問題なく使えるため、家族に気を遣うこともなくなるでしょう。

ただし、無線LANルーターを利用してW-Fi接続でインターネット接続を行う場合、無線LANルーターが10ギガに対応していないと十分な通信速度が出ない可能性があります。

無線接続でドコモ光10ギガを最高の速度で利用したい場合は、ドコモから対応無線LANルーターをレンタル(月額550円(税込))するか、ご自身で用意する必要があるため注意しましょう。

ドコモスマホユーザーの場合、「ドコモ光セット割」が適用されるのも嬉しいポイントです。

セット割では、対象のプランに加入しているスマホ1台につき、最大1,100円(税込)が月々の利用料から値引きされます。

家族でドコモスマホを使っている場合、1人がドコモ光に契約すると全員に割引が適用され、全体のスマホ料金を大きく抑えられます。

ドコモ光10ギガのデメリット

ドコモ光10ギガのデメリット

ドコモ光10ギガには、次の3つのようなデメリットもあります。

  • 対応エリアが狭い
  • 月額料金が高い
  • ドコモ光電話が利用できない

ドコモ光10ギガは、サービス提供エリアが狭く、契約したくても不可能といわれるケースが多いことが問題です。

特にマンションタイプの対応エリアは、首都圏・大阪市・名古屋市の一部地域のみと、ごく限られています。

とはいえ、対応エリアは順次拡大予定であるため、現在エリア外にお住みの方も、今後利用できるようになる可能性はあります。

また、通信速度が速い分、月額料金がどうしても高くなってしまうことも懸念点です。

毎月6,000円以上かかるとなると、二の足を踏む方は多いでしょう。

月額料金を簡単に安く抑える方法としては、タイプBよりも220円安いタイプAのプロバイダーを選ぶことが有効です。

さらに、ドコモが実施するキャンペーンやスマホセット割を活用することで、利用料を最小限に抑えることができます。

ドコモ光10ギガがおすすめの人の特徴

ドコモ光10ギガがおすすめの人の特徴

紹介したメリットを踏まえると、ドコモ光10ギガは次のような方におすすめといえます。

  • オンラインゲームを利用する際、応答速度面で不利になりたくない方
  • 大人数の家族で同時接続したい方

超高速通信を特徴とするドコモ光10ギガは、遅延の有無が勝敗を分けるオンライン対戦ゲームをプレイする方に最適です。

ゲームの遅延を少なくするには、通信時間の長さを表す「Ping値」を低く維持しなければいけません。

Ping値は通信速度が速いほど低くなるため、ドコモ光10ギガに加入すれば俊敏な操作ができ、勝率が上がる可能性が高まります。

また、ドコモ光10ギガは、スマホやパソコンなどのデバイスを持つ家族が多い家庭や、家族1人につき複数のデバイスを持つ家庭にも向いています。

従来の光回線では、同時接続するデバイス台数が多いと通信速度が落ちてしまうケースが多くありました。

しかし、ドコモ光10ギガでは高速通信が可能なため、大人数でインターネット接続しても快適に使うことができるでしょう。

ドコモ光10ギガをおすすめしない人の特徴

ドコモ光10ギガをおすすめしない人の特徴

逆に、次のような特徴を持つ方には、ドコモ光10ギガをおすすめできません。

  • サイト閲覧や通販利用がメインの方
  • 光回線の月額料金を抑えたい方
  • ひかり電話を利用したい方

超高速通信が魅力のドコモ光10ギガですが、多くの人にとっては必要ないともいわれています。

理由としては、ネットサーフィンや、標準画質での動画視聴といった一般的な使い方をする分には、1 Gbpsの通信速度で十分となっているためです。

ドコモ光10ギガはドコモ光1Gプランより600円程度高いため、光回線にお金をかけたくない人にもおすすめできません。

費用重視の方は、1ギガプランを利用しましょう。

また、ドコモ光10ギガは、ドコモ光電話に対応していません。

現在、フレッツ光回線を利用したプロバイダーに加入していてかつひかり電話を利用中の場合、アナログ電話への切り替え工事が必要となるため、手間や費用が増えてしまいます。

ひかり電話を使い続けたい人や、今後の利用を検討している人は、ご注意ください。

ドコモ光10ギガの利用におすすめのプロバイダー

おすすめのプロバイダー

ドコモ光10ギガで選べる9社のプロバイダーは、料金の違いによってタイプAとタイプBに分かれています。

スクロールできます→

タイプA ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、

andline、hi-ho、IC-NET

タイプB エディオンネット、BB.excite、AsahiNet

全9社の中で、特におすすめのプロバイダーは、タイプBよりも安いタイプAに属している「GMOとくとくBB」「ドコモnet」「plala」です。

厳選プロバイダーの月額料金や独自に実施しているキャッシュバック、オプションなどを比較しましたので、見てみましょう。

スクロールできます→

サービス名 月額料金 端末料金 キャッシュバック オプション
GMOとくとくBB 6,380円~ 月額550円

(IPv6対応ルーター無料)

最高36,000円 訪問サポート初回無料
ドコモnet 6,380円~ 月額550円 マルウェア不正通信ブロック機能
plala 6,380円~ 月額550円 ゲーミングオプション
※価格はすべて税込 キャッシュバック金額に関してはすべて不課税です。
※最低料金は「2年定期契約」を選択した場合です。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB×ドコモ光

画像引用元:GMOとくとくBB×ドコモ光

GMOとくとくBBは、ドコモ光10ギガで選べるプロバイダーの中で唯一、独自のキャッシュバックを行っています。

キャンペーン内容は、ひかりTVなどの映像サービスを同時に申し込むとキャッシュバック額が上がり、最大36,000円(不課税)が還元されるというものです。

ドコモ光が実施する工事費無料キャンペーンは新規申込みでないと適用されませんが、キャッシュバックを適用することで、他社の光回線から乗り換えの場合でも、キャッシュバックと相殺する形で工事費が実質無料となります。

ドコモ光10ギガをお得に利用したい方は、契約を検討してみてください。

通信方式に、混雑する回線を避けて通信できるv6プラス(IPv6)を採用しており、速度が安定しているのも魅力です。

さらに、インターネットなどの接続・設定を代行してくれる訪問サポートの初回利用料や、セキュリティ対策ソフト「マカフィー・マルチアクセス」の1年分の利用料が無料になります。

スクロールできます→

月額料金 定期契約あり:6,380円

定期契約なし:8,030円

オプション料金 訪問サポート:8,140円~*1(初回無料

マカフィー:月額550円(1年間無料)

平均実測値
(速度は1ギガのものです)
上り: 250.91Mbps

下り: 294.43Mbps

通信方式 v6プラス(IPoE IPv4 over IPv6)
※価格はすべて税込
※1 GMOとくとくBB出張サポートの料金に準じます。

GMOとくとくBB×ドコモ光を見てみる

ドコモnet

ドコモnet

画像引用元:NTTドコモ「ドコモnet」

ドコモnetは、ドコモが提供するプロバイダーです。

そのため、プロバイダーだけでなくドコモ光に関する相談にも対応しており、ワンストップで問い合わせたいときに役立ちます。

無料オプションとして、「ドコモnetメールサービス」や「マルウェア不正通信ブロック機能」を提供しています。

パソコンやルーターのセキュリティ対策サービス「ネットワークセキュリティー」も、1年間無料で利用可能です。

スクロールできます→

月額料金 定期契約あり:6,380円

定期契約なし:8,030円

オプション料金 ネットワークセキュリティー:月額385円

(12ヶ月無料提供)

平均実測値
(速度は1ギガのものです)
上り: 256.58Mbps

下り: 312.71Mbps

通信方式 IPv4 over IPv6機能

(IPoE IPv4 over IPv6)

※価格はすべて税込

plala

plala

画像引用元:plala

ドコモnetと同じくドコモが提供するplalaは、有料でオンラインゲームでの遅延を軽減できる「GGGG光オプション」に対応しているのが特徴です。

ストレスなくゲームを楽しみたい方や、対戦ゲームの勝率を上げたい方におすすめします。

オプションとして、plala独自のメール機能や、有料サービスに使える「フリーチケット」が付くほか、「マカフィー」が2年間無料で利用できます。

スクロールできます→

月額料金 定期契約あり:6,380円

定期契約なし:8,030円

オプション料金 GGGG光オプション:月額990円

(最大2ヶ月無料)

マカフィー:月額407円

(最大24ヶ月間無料)

平均実測値
(速度は1ギガのものです)
上り: 212.49Mbps

下り: 277.88Mbps

通信方式 ぷららv6エクスプレス

(IPoE IPv4 over IPv6)

※価格はすべて税込

ドコモ光10ギガの申込み方法

ドコモ光10ギガの申込み方法

続いて、ドコモ光10ギガをHPから新規で申込みを行い、利用開始するまでの手順を解説します。

ドコモ光10ギガ利用開始までの手順

  1. HPから申し込む
  2. 必要書類の受け取り
  3. 開通工事
  4. 機器の接続・設定
  5. 利用開始

それぞれ詳細は以下で説明します。

1.HPから申し込む

HPにある手続きサイトから、ドコモ光10ギガと専用ルーターのレンタルを申し込みます。申込みには、dアカウントが必要です。

2.必要書類の受け取り

申込み住所が利用可能であることが電話で確認できたら、ドコモから「開通のご案内」などの書類が送られてきますので、必ず受け取り保管します。

3.開通工事

工事中は、契約者もしくはその家族が立ち会います。

4.機器の接続・設定

自身でマニュアルを見ながら、パソコン・ルーター・プロバイダーなどの接続・設定を行います。10ギガ対応のルーターは、電源を入れておくと自動で接続設定されます。

5.利用開始

ドコモ光10ギガでインターネットが利用できるようになります。

ドコモ光10ギガに関するよくある質問

よくある質問

ドコモ光10ギガに関するよくある質問を、Q&A形式で紹介します。

Q.ドコモ光10ギガは申し込んですぐ使える?

A.申込みから利用開始まで、約1カ月半かかります。

3~4月などの繁忙期は、さらに長くかかることが予想されます。

Q.ドコモ光10ギガの通信速度の実測値は?

A.Twitter上のデータを参考にすると、上りが約2~5Gbps、下りが約2~9Gbpsと幅があります。

最大10Gbpsとは理論値であり、実際は利用環境に左右されることにご留意ください。

Q.自宅がドコモ光10ギガに対応しているかどうか、どのように調べる?

A.まずはドコモ光HPの提供エリア一覧をご覧ください。

詳細は、NTT東日本・NTT西日本フレッツ光HPの提供エリア検索で確認できます。

Q.ドコモ光10ギガの解約方法は?

A.ドコモ光の解約方法は、電話とドコモショップの2通りです。

電話の場合は、0120-800-000/151(ドコモ携帯専用)にかけます。

ドコモ光10ギガはプロバイダー選びが大切!

プロバイダー選び

超高速通信をうたうドコモ光10ギガを利用すると、高画質・大容量のコンテンツを不自由なく楽しめるようになります。

しかし、「対応エリアが狭い」「費用が高い」といったデメリットがあるのも事実です。

費用の問題は、ポイント特典や工事費無料キャンペーンを利用することで、ある程度対処できます。

対応エリアに住んでおり、10 Gbpsの通信速度を十分に活用できるのであれば、ぜひ利用を検討してみてください。

プロバイダーは、高額キャッシュバックが受けられる「GMOとくとくBB×ドコモ光」が最もおすすめです。

通信速度の安定性に定評があり、訪問サポートやセキュリティサポートといった無料オプションも充実しています。

ドコモ光10ギガを契約する際は、プロバイダー選びにも注目して、超高速通信の恩恵をお得に受けましょう。

GMOとくとくBB×ドコモ光をチェック!

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。

GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook Twitter Twitter