光回線
  • WiMAX
  • 比較

この記事はPRを含みます

WiMAX+5Gとは?メリットや機種変更方法・繋がらないときの対処法を徹底解説

2021年4月からサービスの運用を開始した「WiMAX+5G」は、これまであった「WiMAX 2+」と比較してどのような特徴があるのか気になる方もいるでしょう。

現在はWiMAX+5Gが主流となっておりますが、「WiMAX 2+」であった速度制限を撤廃し、より魅力あるサービスと生まれ変わっています。

とはいえ、具体的にWiMAX +5Gの特徴やWiMAX 2+の違いについて、まだ詳しく知らないという方もいるでしょう。

本記事では、WiMAX+5Gの特徴やWiMAX 2+の違いを踏まえた上で、メリットや繋がらないときの対処法などを解説します。

この記事を読めば、「WiMAX +5G」の特徴やメリットがきっと理解できるようになるため、外出先でも動画サービスを楽しみたい方や自宅の固定回線の代わりとして使いたい方などは、ぜひ最後までご覧ください。

なお、WiMAXの特徴やメリットやWi-Fiとの違いについては、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもあわせて確認するのをおすすめします。

  1. WiMAX+5Gとは
  2. WiMAX +5GとWiMAX 2+の違い
  3. 利用できる回線(カバーエリア)の種類が拡大した
  4. LTEオプションの名称とパケット上限が変更になった
  5. 最大理論値速度が大幅に向上
  6. WiMAX+5Gに速度制限はある?
  7. WiMAX +5Gの対応回線エリア
  8. WiMAX+5Gのプラン
  9. WiMAX +5Gの対応機種
  10. WiMAX+5Gのメリット
  11. パケット無制限のような感覚で利用できる
  12. 届いたその日からインターネットが使える
  13. 外出先でも思い切りインターネットを楽しむことができる
  14. ホームルーターなら固定回線の代わりにも使える
  15. WiMAX 2+に比べて通信速度が速い
  16. WiMAX +5Gのデメリット
  17. 実質パケット無制限であって「完全パケット無制限」ではない
  18. 理論値と比較すると実際の通信速度はそこまで高速ではない
  19. WiMAX +5G対応のおすすめプロバイダー
  20. GMOとくとくBB WiMAX
  21. Broad WiMAX
  22. BIGLOBE WiMAX
  23. カシモWiMAX
  24. UQ WiMAX
  25. ASAHIネット WiMAX
  26. Vision WiMAX
  27. BIC WiMAX
  28. YAMADA air mobile
  29. auモバイルルータープラン 5G
  30. WiMAX+5Gに機種変更する方法
  31. 現在利用中のWiMAXプロバイダー内で契約変更を行う方法
  32. 1.現在契約中のWiMAXプロバイダーに連絡する
  33. 2.契約変更手続きを行う
  34. 利用中のWiMAXプロバイダーを解約して新たに別のWiMAXプロバイダーを契約する
  35. WiMAX+5Gが繋がらないときの対処法
  36. 電波のよい屋外に近い場所に端末を移動させる
  37. WiMAX +5G端末と利用機器(スマホ・パソコン)との距離を縮める
  38. ルーターの利用周波数帯域を変更する
  39. WiMAX+5Gで快適なインターネット環境を構築しよう

WiMAX+5Gとは

WiMAX+5Gとは

WiMAX +5Gとは、2021年4月8日から提供を開始された新しいWiMAXサービスです。

それまで提供されてきた「WiMAX 2+」の後継サービスとなっており、「速度制限要件」が撤廃されたことが大きな特徴となります。

旧WiMAX 2+では「直近3日間の合計パケット通信量が10GB以上となると、翌日の18時から26時まで最大1Mbpsの速度制限がかかる」という厳しいパケット通信量上限が存在しており、これは現在も継続しています。

WiMAX 2+は「月間パケット無制限」と言われていたものの、実際には1日あたり3GB程度しか利用できなかったのですが、「WiMAX +5G」ではこの3日間制限がありません。

パケット通信量に関しては「一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります」という注釈があるものの、直近3日間でのパケット上限が明記されていないため、事実上パケット無制限のような感覚で利用することができるようになりました。

※WiMAX +5Gリリース当初(2021年4月8日〜2022年1月31日まで)は「直近3日間の合計パケット通信量が15GB以上となると、翌日の18時から26時まで最大1Mbpsの速度制限がかかる」と規定されていましたが、2022年2月1日からこの文言は撤廃されました。

WiMAX +5GとWiMAX 2+の違い

ここまで簡単にWiMAX +5GとWiMAX 2+の違いに触れてきましたが、ここからはより具体的な違いについて説明していきましょう。

主な違いは下記の3点です。

  • 利用できる回線(カバーエリア)の種類が拡大した
  • LTEオプションの名称とパケット上限が変更になった
  • 最大理論値速度が大幅に向上した

順に解説していきます。

利用できる回線(カバーエリア)の種類が拡大した

WiMAX +5Gではそれまでのメイン回線だったWiMAX 2+回線に加えて、au 4G LTE回線(Band1/3)とau 5G回線がオプションなしで利用できるようになりました。

「WiMAX2+」の回線+αで使えるようになっています。

スクロールできます→

利用できる回線の違い
利用可能回線 WiMAX 2+回線
(Band41)
au 4G LTE回線
(Band1/3)
au 5G 回線
(n78)
au 4G LTE回線
(Band18/26)
WiMAX +5G

LTEオプション(プラスエリアモード)利用時のみ

15GB/月

(旧サービス)
WiMAX 2+
× ×

LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)利用時のみ

7GB/月

WiMAX +5Gは、3つの電波を利用状況や場所に合わせて自動で選択して通信する仕組みとなっています。

WiMAX 2+サービスでは標準で「WiMAX 2+回線」のみしか利用できず、カバーエリアこそ広いものの屋内では繋がりにくい電波特性があったため、「遅い」「繋がらない」という口コミが多く聞かれたのも事実です。

従来のWiMAX 2+エリアに加えて、au 4G LTE(Band1/3)とau 5Gのエリアでも利用できるようになったため、カバーエリアが拡大したと言えます。

利用できる回線種別が増え、より繋がりやすくなったのは大きな変化点と言えるでしょう。

さらに、2023年6月1日にリリースされた新端末からは、5G SAの利用が可能となったため、5Gエリアでのさらなる利便性の向上が期待できます。

LTEオプションの名称とパケット上限が変更になった

WiMAXではWiMAX 2+/WiMAX +5Gのどちらも共通して、au 4G LTEのうちのプラチナバンド(Band18/26)が利用できる「LTEオプション」というサービスが存在します。

この呼称がWiMAX +5Gからは若干変化しました。

WiMAX +5Gサービスでの呼称

  • 標準モード:スタンダートモード
  • LTEオプション:プラスエリアモード

WiMAX 2+での呼称

  • 標準モード:ハイスピードモード
  • LTEオプション:ハイスピードプラスエリアモード

また、利用できるパケット上限と制限されるモードについても下記のように変更となっています。

スクロールできます→

利用できる回線の違い
LTEオプション概要 WiMAX +5G WiMAX 2+
LTEオプション名称 プラスエリアモード ハイスピードプラスエリアモード
LTEオプション月間上限 月間30GBまで*

月間7GBまで

(ハイスピードモードとの合算)

LTEオプション速度制限 最大128kbos 最大128kbos
制限対象モード

プラスエリアモードのみ制限

スタンダードモードでは通常利用可能

全モードで制限

※2023年6月1日から開始となったUQ WiMAX「ギガ放題プラスS」プランのリリースに合わせて、それまでの「ギガ放題プラスホームルーター/モバイルルータープラン」のプラスエリアモードのパケット上限が15GBから30GBへ変更となっています。

ただし、「ギガ放題プラス」およびそれに準じる各販売代理店のプランについては、プラスエリアモードのパケット上限の変更はありません。

このように、WiMAX 2+ではLTEオプションを通常モードとの合算で7GB以上利用した場合、最大128kbpsまで低速化し、なおかつすべてのモードで制限がかかってしまうため月末まで速度制限を解除する方法はありません。

その点、WiMAX +5Gでは「LTEオプションで利用していた回線」のみに制限がかかるため、標準モードでの利用に関しては速度制限なしで1ヶ月間利用できるのです。

最大理論値速度が大幅に向上

WiMAX +5Gでは、WiMAX 2+回線に加えてau 4G LTE回線とau 5G回線が利用できるため、WiMAX 2+に比べると理論値最大速度が大幅に向上しています。

スクロールできます→

WiMAX +5G WiMAX 2+
最大通信速度(下り) 4.2Gbps 1.2Gbps
最大通信速度(上り) 286Mbps 75Mbps

WiMAX+5Gに速度制限はある?

WiMAX+5Gに速度制限はある?

結論、現在はWiMAX+5Gに速度制限はあります。

ただし、「一定期間に大容量通信を行なった場合」に「混雑時間帯のみ」と限定されているため、実質的には「パケット無制限のような感覚で利用できる」と考えても差し支えありません。

よって、長時間にわたる動画視聴やオンラインゲームなどが思う存分楽しめるでしょう。

WiMAX +5Gの対応回線エリア

WiMAX +5Gの対応回線エリア

WiMAX +5Gは、旧WiMAX 2+サービスに加えて新たに2つの回線が標準利用できるようになりました。

下記の対応表をご覧ください。

スクロールできます→

■WiMAXサービスで利用できる回線
利用可能回線 WiMAX +5G
WiMAX 2+回線
(Band41)
au 4G LTE回線
(Band1/3)
au 5G 回線
(n78)
au 4G LTE回線
(Band18/26)

プラスエリアモード利用時のみ

15GB/月

WiMAX +5Gでは新たに「au 4G LTE回線(Band1/3)」と「au 5G回線」が標準で利用できるようになりました。

WiMAX +5Gでは標準でWiMAX 2+回線よりもカバーエリアが広い「au 4G LTE」回線が使えるようになったため、より繋がりやすくなったと言えます。

また、au 4G LTEはWiMAX 2+回線よりも屋内で通信が行いやすい周波数特性があるため、建物の中で繋がりにくいというデメリットも解消できているのです。

WiMAX+5Gのプラン

WiMAX+5Gのプラン

WiMAX +5Gに対応しているプランは「ギガ放題プラス」のみです。

販売代理店によって名称が異なる場合がありますが、基本的にはすべてUQ WiMAXのプランに順守する形となっています。

現在では、ほとんどのWiMAXプロバイダーで申込みができるのはWiMAX +5G対応の「ギガ放題プラスプラン」のみとなっているため、間違えて旧サービスのプランに申し込んでしまう可能性は少ないでしょう。

これまでは旧サービス「WiMAX 2+」では「ギガ放題プラン」が提供されていましたが、WiMAX +5Gの普及に伴い徐々に新規申込み受付を終了してきているWiMAXプロバイダーが目立ってきています。

WiMAX +5Gの対応機種

WiMAX +5Gの対応機種

WiMAX +5Gでは新たに利用できる回線が増えたため、WiMAX 2+で利用していた端末をそのまま使うことはできません。

WiMAX +5Gを利用するには専用端末の準備が必須となっています。

現時点で利用できるWiMAX +5G対応のホームルーター/モバイルルーター端末は下記の通りです。

スクロールできます→

WiMAX +5G対応端末
機種名 Speed Wi-Fi 5G X12 Speed Wi-Fi 5G X11

Galaxy

5G mobile Wi-Fi

Speed Wi-Fi HOME 5G

L13

Speed Wi-Fi HOME 5G

L12

Speed Wi-Fi

HOME 5G L11

メーカー NECプラットフォームズ株式会社 NECプラットフォームズ株式会社 Sumsung ZTE NECプラットフォームズ株式会社 ZTE
発売日 2023年6月1日 2021年10月15日 2021年4月8日 2023年6月1日 2021年11月5日 2021年6月4日
端末タイプ モバイルルーター モバイルルーター モバイルルーター ホームルーター ホームルーター ホームルーター
対応回線

WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G(5G SAにも対応)

WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G

WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G

WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G(5G SAにも対応)

WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G

WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G

理論値通信速度(最大)

上り:286Mbps

下り:3.9Gbps

上り:183Mbps

下り:2.7Gbps

上り:183Mbps

下り:2.2Gbps

上り:286Mbps

下り:4.2Gbps

上り:183Mbps

下り:2.7Gbps

上り:183Mbps

下り:2.7Gbps

同時接続台数(最大) 17台 17台 10台 34台 40台 30台
対応無線LAN規格

Wi-Fi6対応

IEEE802.11

a/b/g/n/ac/ax

(2.4GHz/5GHz)

Wi-Fi6対応

IEEE802.11

a/b/g/n/ac/ax

(2.4GHz/5GHz)

Wi-Fi5対応(5GHzのみ)

IEEE802.11

a/n/ac(5GHz)

IEEE802.11

b/g/n(2.4GHz)

Wi-Fi6対応

IEEE802.11

a/b/g/n/ac/ax

(2.4GHz/5GHz)

Wi-Fi6対応

IEEE802.11

a/b/g/n/ac/ax

(2.4GHz/5GHz)

Wi-Fi6対応

IEEE802.11

a/b/g/n/ac/ax

(2.4GHz/5GHz)

連続通信時間 約9時間 約8時間 約16時間

モバイルルーターはその名の通り、コンセント不要で持ち運びができるバッテリー駆動型のWiMAX +5G対応端末です。

一方で、ホームルーター端末は本体が大きく利用するにはコンセントを電源に挿す必要があるため、自宅など固定回線の代わりとして重宝されています。

WiMAXの端末で利用する回線自体の速度に違いはありませんが、電波の受信感度の差でホームルーターの方が若干通信速度の速い傾向が見られます。

WiMAX+5Gのメリット

WiMAX+5Gのメリット

ここまでの特徴を踏まえて、WiMAX +5Gのメリットは下記の5つです。

WiMAX +5Gのメリット

  • パケット無制限のような感覚で利用できる
  • 届いたその日からインターネットが使える
  • 外出先でも思い切りインターネットを楽しむことができる
  • ホームルーターなら固定回線の代わりにも使える
  • WiMAX 2+に比べて通信速度が速い

順に紹介していきましょう。

パケット無制限のような感覚で利用できる

WiMAX +5Gは、直近3日間の合計パケット通信量超過による速度制限要件が撤廃されたことで、実質パケット無制限のような感覚で利用できるというメリットがあります。

これまでは、直近3日間の合計パケット通信量が15GBを超過すると翌日18時から26時まで最大1Mbpsに通信速度を制限する速度制限基準が設けられていましたが、「3日間制限」がなくなったことで一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合のみの制限に変更になりました。

つまり、直近3日間でのパケット上限が明記されていない以上、無制限の感覚で動画サービスの利用やオンラインゲームなどを長い時間楽しめるのです。

なお、お使いのスマホのプランと組み合わせて利用したり、自宅の固定回線の代わりで利用したりするなど、活用できる場は非常に多いでしょう。

届いたその日からインターネットが使える

WiMAX +5Gは固定回線と異なり、スマホなどと同じ無線通信を使ってインターネット接続を行うサービスとなっています。

そのため、工事不要で届いたその日からインターネットを楽しむことが可能です。

固定回線の場合だと、開通までに工事する必要があり、立ち合いをしなければならないことから、工事事業者とのスケジュールを組む時間と労力がかかります。

工事する必要がなければ、そのような時間と労力を使わずにインターネットが使えるため、すぐにネットを使いたい方にとっては嬉しいポイントです。

すぐに利用できるのはWiMAX +5Gの大きなメリットでしょう。

外出先でも思い切りインターネットを楽しむことができる

WiMAX +5Gはホームルーター端末だけでなく、モバイルルーター端末も選ぶことができるのもメリットの一つです。

固定回線の場合だと、当然ながら外に持ち運ぶことができませんが、モバイルルーターなら気軽に外出先にも持ち出せます。

そのため、お使いのパソコンやスマホに接続すれば、外出先で隙間時間にネットを使って調べ物したり動画配信サービスを利用したりして時間を有効活用することが可能です。

いつでもどこでもインターネットを思い切り楽しむことができるため、外出先でもネットをよく使う方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

ホームルーターなら固定回線の代わりにも使える

WiMAX +5Gの利用端末にホームルーターを選べば、自宅の固定回線代わりとしても利用できます。

それまでのWiMAX 2+では短期間のパケット上限があったため固定回線の代わりとしてはスペックが十分ではありませんでしたが、WiMAX +5Gであれば実質パケット無制限のような感覚で利用することが可能です。

固定回線は、通信速度が速く安定性も高いため、何らかの事情で固定回線が利用できないマンションやアパートなど集合住宅にお住まいの方にとっては嬉しいポイントと言えるでしょう。

WiMAX 2+に比べて通信速度が速い

WiMAX +5GはWiMAX 2+と比べると実測通信速度が速い傾向があります。

スクロールできます→

WiMAX +5G

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

WiMAX 2+

Speed Wi-Fi NEXT W06

WiMAX 2+との差
実測通信速度の平均(下り) 78.37Mbps 41.23Mbps 約1.9倍
実測通信速度の平均(上り) 13.55Mbps 7.12Mbps 約1.9倍

このように、実測通信速度でWiMAX 2+と比べるとWiMAX +5Gの方が下り・上り速度ともに約1.9倍速く通信できることがわかります。

WiMAX +5Gは、WiMAX 2+に比べて通信速度が速いため、容量の多いファイルを高速にダウンロードできたり、高画質の動画も快適に閲覧できたりします。

この結果からも、WiMAX +5Gのほうがストレスなくインターネットが利用できると言えるでしょう。

※記事内での平均速度同士の比較となっているため、1.9倍の速さというのはあくまでも参考程度として捉えてください。

WiMAX +5Gのデメリット

WiMAX +5Gのデメリット

やはり、サービスを理解するうえで気になるのはメリットよりもデメリットでしょう。

WiMAX +5Gのデメリットは下記の2つが挙げられます。

WiMAX +5Gのデメリット

  • 実質パケット無制限であって「完全パケット無制限」ではない
  • 理論値と比較すると実際の通信速度はそこまで高速ではない

それでは順に見ていきましょう。

実質パケット無制限であって「完全パケット無制限」ではない

残念ながらWiMAX +5Gは「実質パケット無制限」で利用できるサービスとなっており、「完全パケット無制限」で利用できるサービスではありません。

規約にも「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります」と明記されています。

参考

UQ WiMAX

このように書いてある以上、大量のデータ通信の利用があったとみなされた場合は、速度制限がかかってしまうことがわかります。

ただし、1日中動画視聴やネットで調べ物をしたりしなければ、そこまで心配する必要もありません。

どのくらいパケット通信を行うと速度制限がかかるかについては明記されていませんが、動画視聴などの一般的な用途での利用で通信速度制限となる可能性は低いと考えてもよいでしょう。

理論値と比較すると実際の通信速度はそこまで高速ではない

WiMAX +5Gの理論値最大速度は「下り4.2Gbps」となっていますが、実際にこの速度で通信できるわけではありません。

回線速度は利用環境や時間帯など、さまざまな要素によって変化する可能性があります。

実現しうる通信機器の規格や回線の通信速度=ベストエフォート表記となっているため、実際の通信速度との乖離が生まれてしまうのです。

実際の通信速度と理論値速度を比べた表が下記になります。

スクロールできます→

■実測値と理論値の比較(WiMAX +5G)
下り 上り
実測値通信速度 78.37Mbps 13.55Mbps
理論値通信速度 2.7Gbps 183Mbps
理論値に対する実測値割合 約3% 約7%

ただし、高速通信が必要な高画質動画(YouTube 4K画質)の推奨通信速度が20Mbpsとなっていることを考えても、この通信速度で利用に困るということは少ないでしょう。

WiMAX +5G対応のおすすめプロバイダー

WiMAX +5G対応のおすすめプロバイダー

ここからは、WiMAX +5Gを提供するWiMAXプロバイダーについて紹介していきます。

掲載10社のなかでもっともおすすめできるのが、「GMOとくとくBB WiMAX」です。

まずは各WiMAXプロバイダーの料金プランについて詳しく見ていきましょう。

スクロールできます→

サービス名 実質月額費用 プラスエリアモード 端末費用 端末支払い方法 支払い方法

GMOとくとくBB WiMAX

キャッシュバック受け取り

3,676 円 1,100円/月 27,720円 36回払い クレジットカード

Broad WiMAX

ギガ放題コスパDXプラン

(クレジットカード払い)

4,141円 1,100円/月 31,680円

一括払い

36回払い

クレジットカード

口座振替

BIGLOBE WiMAX

(クレジットカード払い)

4,399円 1,100円/月 21,912円

一括払い(口座振替)

24回払い(クレジットカード)

クレジットカード

口座振替

UQ WiMAX 5,549円 1,100円/月 27,720円

一括払い

36回払い

クレジットカード

口座振替

Vision WiMAX

ギガ放題プラス2年プラン

4,277円 1,100円/月 21,780円

一括払い

2回払い

クレジットカード
ASAHIネット WiMAX 5,187円 1,100円/月 27,720円 一括払い クレジットカード
BIC WiMAX 5,103円 1,100円/月 27,720円 一括払い クレジットカード
Yamada Air Mobile 5,549円 1,105円/月 27,720円 一括払い クレジットカード
auモバイルルータープラン5G 6,103円 1,100円/月 27,720円

一括払い

36回払い

クレジットカード

口座振替

※価格表記はすべて税込/2023年7月時点

※実質月額の算出は多くのWiMAXプロバイダーで「端末の分割支払い期間+契約月」となっている「37ヶ月間」の総費用を37ヶ月で割った値としています。

計算式に関しては下記の通りです。

[実質月額=契約事務手数料+初月費用+(月額費用×36ヶ月分)+(-キャンペーン割引金額)÷37]

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

画像引用元:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、インターネットサービスプロバイダーの老舗である「GMOインターネット会社」が運営する WiMAXプロバイダーです。

東証一部に上場しており、プロバイダー運用年数も20年以上と信頼できる企業と言えるでしょう。

新端末を採用したプランからは、解約違約金もなくなりました。

また、GMOとくとくBBに乗り換える際に発生する他社インターネット回線の解約違約金や端末残債の精算費用についても、申請することで最大49,000円(不課税)のキャッシュバックが受けられることで非常にお得感が強いサービスとなっています。

37ヶ月間の実質月額費用も掲載WiMAXプロバイダーの中で非常に安価となっているため、当サイトにおいてもっともおすすめできるサービスと言えるでしょう。

WiMAXプロバイダーを比較してよりお得に利用したい方にぴったりです。

【GMOとくとくBB WiMAXの口コミ】

GMOとくとくWiMAXに変えてから動画のローディングがめちゃくちゃ不安定 変えなきゃよかった(引用元:X(旧Twitter))

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック39,700円着金🙆‍♀️受取りまでに1年、契約の11ヶ月後にくるメールを見逃さないという罠があるけどこの額は魅力(引用元:X(旧Twitter))

【GMOとくとくBB WiMAXがおすすめの人】

よりお得に利用したい人
すぐにインターネット回線を使いたい人

スクロールできます→

■GMOとくとくBB WiMAXの概要(新端末プラン)
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi 5G X12

端末費用

27,720円

36回払い

月額料金

契約月(0ヶ月目):3,784円の日割

1-12ヶ月目:3,784円

13-35ヶ月目:4,334円

36ヶ月目以降:5,104円

その他手数料 新規契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円)/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

実施キャンペーン*1 他社乗り換えで最大49,000円(不課税)まで解約違約金負担
データ使用量 月間無制限*2
プラスエリアモード 1,100円/月
支払い方法 クレジットカードのみ
解約時の端末精算

あり(分割払い期間内の解約に限る)

SIM・端末の返却不要

解約違約金

0-24ヶ月以内:無料

25ヶ月目以降:無料

契約期間 2年間

※価格はすべて税込

※1 キャンペーン内容は申込み時期によって変動する可能性があります。

※2 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

\\下記リンク先限定特典アリ//

GMOとくとくBB WiMAX
公式ページ

Broad WiMAX

Broad WiMAX

画像引用元:Broad WiMAX

Broad WiMAXは株式会社リンク・ライフが運営するWiMAXプロバイダーです。

プランはすべてWiMAX +5Gに対応しており、契約期間が2年間の「ギガ放題コスパDXプラン」と契約期間なしの「ギガ放題縛りなしプラン」から選択することができます。

契約時に請求される「初期費用」については、クレジットカード払い+オプション2種加入の「WEB割」を適用することで無料となるため心配は不要です。

契約期間の縛りが気になる方におすすめできるWiMAXプロバイダーといえるでしょう。

【Broad WiMAXの口コミ】

『BroadWiMAX』で契約できる端末は、モバイルWiFiルーター(持ち運び型)もホームルーター(据え置き型)も全機種無料、もちろん5G専用端末(Galaxy 5G Mobile Wi-Fi)も無料なのです✨ちなみに端末はSIMフリーで、契約終了後に返却する必要もありません✌️(引用元:X(旧Twitter))

Broad WiMAX使ってたけど解約 サービス自体には特に不満は・・・ちょっと回線が遅いくらいで無かったけど普通にスマホの方だけで足りるようになったのでね(引用元:X(旧Twitter))

【Broad WiMAXがおすすめの人】

契約期間の縛りを気にしたくない人
他社から乗り換えで違約金をかけたくない人

スクロールできます→

■Broad WiMAXの料金プラン概要
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi 5G X12

端末費用

31,680円

一括払い/36回払い

月額料金

コスパDXプランの場合

契約月:1,397円

1-36ヶ月目:3,773円

以降:4,818円

その他手数料

契約事務手数料:3,300円

初期費用:20,743円*1

セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円(税込)/台をスマホ代金から割引

データ使用量 月間無制限*2
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 2年間・なし

※価格はすべて税込

※1 WEB割(クレジットカード払い+オプション2種加入)で無料

※2 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

画像引用元:BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXはビッグローブ株式会社が運営するWiMAXプロバイダーです。

契約期間が存在しないため中途解約時の解約違約金がかからないのが特徴となっており、キャッシュバックキャンペーン実施時は、2ヶ月後には確実に受け取れるのも嬉しいポイントです。

また、支払い方法では口座振替にも対応しているため、クレジットカードでの支払いが事情により難しい方におすすめできるサービスでしょう。

【BIGLOBE WiMAXの口コミ】

BIGLOBE光か、BIGLOBEでWiMAXでほぼ決まりだな。と言うのも、今年で丸9年間、なんの不満もなく他社に乗り換える事もなく契約しているプロバイダーだから。(引用元:X(旧Twitter))

BIGLOBE WiMAXを解約しようとしたら電話でしか受付してないらしく、仕方なく電話かけたら「順番にお繋ぎしますのでそのままお待ちください」のまま16分経過したところで出かけなければいけない時間になったので切った。30秒22円で704円払った結果、(引用元:X(旧Twitter))

【BIGLOBE WiMAXがおすすめの人】

クレジットカードでの支払いが難しい人
1年以内の短期利用を予定している人

スクロールできます→

■BIGLOBE WiMAXの概要
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi 5G X11

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

端末費用 21,912円

月額料金

(クレジットカード払いの場合)

契約月:無料

1-24ヶ月目:3,267円

以降:4,928円

※時期によってキャッシュバックを実施していることあり

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

データ使用量 月間無制限*
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 なし

※価格はすべて税込

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

カシモWiMAX

カシモWiMAX

画像引用元:カシモWiMAX

カシモWiMAXは株式会社MEモバイルが運営するWiMAXプロバイダーです。

提供するのは契約期間なしのプランのみとなっており、契約翌月から月額費用が上がらないのが特徴となっています。

5G SAに対応した新プランでも変わらず月額料金が変わらないのも嬉しいポイントです。

加えて、端末の支払い方法に分割を指定することで、端末費用分の割引が毎月受けられるため、端末費用が実質的に無料になる点も注目すべき点でしょう。

【カシモWiMAXの口コミ】

モバイルWi-Fiですが、価格.comに導かれるままにカシモWiMAXを契約しました。データ使用量の制限はないので安心😊機種はGalaxy5G mobilewi-fiにしました。(引用元:X(旧Twitter))

カシモのWiFiがめっちゃ安いんだけど、どう考えてもサクラってわかる評価が多くて怖くなってきた(引用元:X(旧Twitter))

【カシモWiMAXがおすすめの人】

ホームルーターの契約を検討している人
月額料金が変動するのが嫌な人

スクロールできます→

■カシモ WiMAXの概要(新端末プラン)
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi 5G X12

端末費用

27,720円

一括払い/36回払い

月額料金

(3年プランの場合)

契約月:1,408円の日割り

翌月以降:4,818円

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

両者ともに特典としてプラスエリアモード無料/プラスエリアモードパケット上限が30GBへ増量

データ使用量 月間無制限*
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 なし

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

画像引用元:UQ WiMAX

UQ WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社が運営するWiMAXプロバイダーです。

UQ WiMAXはWiMAXサービスの回線元となっているだけでなく、UQスポットでの実店舗アフターサポートが受けられるのが最大の特徴となっています。

サービスの安心感を求めている方におすすめしたいサービスです。

提供プランは、新端末に対応した「ギガ放題プラスS」プランと、それまでの5G対応端末が利用できる「ギガ放題プラスホームルーター/モバイルルータープラン」の2種類があります。

スマホ型端末の「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」を利用したい場合は旧プランを選択してください。

【UQ WiMAXの口コミ】

UQ WiMAXのが良い 端末無料だし速度もまあまあ キャッシュバックもそこそこ(引用元:X(旧Twitter))

最近UQ WIMAXの通信がおかしい。。4GLTEを併用しないとうまく通信できないのよね。。回線容量だとはおもうけど。。(引用元:X(旧Twitter))

【UQ WiMAXがおすすめの人】

アフターサポートの充実度を重視している人
解約違約金をあまりかけたくない人

スクロールできます→

■ギガ放題プラスSプランの概要
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi 5G X12

端末費用

27,720円

一括払い/36回払い

月額料金

一律:4,950円

※WiMAX +5G割適用で13ヶ月間月額682円割引

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100/台をスマホ代金から割引

両者ともに特典としてプラスエリアモード無料/プラスエリアモードパケット上限が30GBへ増量

データ使用量 月間無制限*2
プラスエリアモード 有料(1,100円/月)
契約期間 なし

※1WiMAX +5Gはじめる割適用時。

※当月から25ヶ月間682円(税込)/月割引

※2一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

ASAHIネット WiMAX

ASAHIネット WiMAX

画像引用元:ASAHIネット WiMAX

ASAHIネット WiMAXは株式会社朝日ネットが運営するWiMAXプロバイダーです。

WiMAX +5G対応プロバイダーの中で数少ない「固定IPアドレスプラン」を提供しているのが特徴となっています。

オプション種類が豊富であることもASAHIネット WiMAXの魅力で、中には「詐欺ウォール」「iフィルター」などといったセキュリティに関する機能が多くあります

WiMAXをサーバー運用などIPアドレスが変動しない用途で利用したい方や、セキュリティ対策を万全にしたい方などに向いているサービスと言えるでしょう。

【ASAHIネット WiMAXの口コミ】

ASAHIネット WiMAXは1~2年の期間で使うのがオススメです。他のサービスと比べて料金が安くて、契約期間がないので解約しやすい。固定回線までの繋ぎとしてよかったらどうぞ。(引用元:X(旧Twitter))

朝日ネット+ WiMAXは、https://pic.twitter.comへの接続性が悪い(すごく遅い)感じがする。バックボーンがいっぱいいっぱいなのかなぁ。あと1年半以上先の更新月は多少高くてもUQ公式にしたほうがいいのかなぁ(引用元:X(旧Twitter))

【ASAHIネット WiMAXがおすすめの人】

IPアドレスが変動しない用途で利用したい人
初期費用を抑えて契約したい人

スクロールできます→

■ASAHIネット WiMAXギガ放題プラスプラン概要
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi 5G X12

端末費用

27,720円(税込)

一括払い

月額料金

契約月:0円

以降:4,928円

※スタートキャンペーン適用で2-12ヶ月目3,278円で利用可能

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

データ使用量 月間無制限*
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 なし

※価格はすべて税込

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

Vision WiMAX

Vision WiMAX

画像引用元:Vision WiMAX

Vision WiMAXは株式会社ビジョンが提供するWiMAXプロバイダーです。

契約月の費用が無料、キャンペーン適用で5,000円(不課税)のキャッシュバックが受けられるのが特徴となっています。

端末費用については、一括払いもしくは2回払いしか選択できないため、初期費用を惜しまない方におすすめできるサービスと言えます。

【Vision WiMAXの口コミ】

株式会社ビジョン運営 #VisionWiMAX ✅月額1,529円~ギガ放題 ✅契約事務手数料0円 5G対応端末の販売も始まっていて5,000円キャッシュバックが特典に🥰 少し知名度も上がってきたかなWiMAX 2+端末は在庫限りですね🧐 (引用元:X(旧Twitter))

【Vision WiMAXがおすすめの人】

初期費用を惜しまない人
キャッシュバックをすぐに受けたい人

スクロールできます→

※掲載しているのは2年間の契約期間がある「2年プラン」です。

■ギガ放題5Gプラン概要
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L12

Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi 5G X11

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

端末費用

21,780円(税込)

一括払い/2回払い

端末一括払いで3,300円(税込)割引

月額料金

契約月:1,408円

1-24ヶ月目:3,872円

以降:4,532円

※キャンペーンで5,000円(不課税)キャッシュバック

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

データ使用量 月間無制限*
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 なし

※価格はすべて税込

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

※記載の内容は執筆時点

BIC WiMAX

BIC WiMAX

画像引用元:BIC WiMAX

BIC WiMAXは株式会社ラネットが運営主体となっているWiMAXプロバイダーです。

家電量販店「ビックカメラ」店頭で申し込めるのが最大の特徴となっています。

店舗によっては、サービス契約と同時に家電製品の割引を受けることができる場合もあるため、家電製品の購入の予定がある方や対面申込みを希望する方におすすめできるサービスです。

【BIC WiMAXの口コミ】

ビックでのWiMAX契約のことなら任せろって言えるくらい店員さんがすごく丁寧にイロイロ説明してくれた。めちゃイイね。(引用元:X(旧Twitter))

料金体系|BIC WiMAX SERVICE そうか、2年前と違ってルーター代は15000円なのか…。(引用元:X(旧Twitter))

【BIC WiMAXがおすすめの人】

家電量販店で気軽に契約の申し込みがしたい人
気軽に支払方法を変更したい人

スクロールできます→

■BICギガ放題プラスSプラン(5G SA対応プラン)概要
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi 5G X12

端末費用 27,720円(税込)
月額料金

契約月:4,950円の日割り

以降:4,950円

※WiMAX +5G割で13ヶ月間682円割引

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

データ使用量 月間無制限*2
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 なし

※価格はすべて税込

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

YAMADA air mobile

YAMADA air mobile

画像引用元:YAMADA air mobile

YAMADA air mobileは株式会社ヤマダホールディングスが運営するWiMAXプロバイダーです。

BIC WiMAX同様に、ヤマダ電機店頭で申し込めるのが特徴となっています。

契約することで家電製品の割引を受けることができる可能性があるため、家電製品を購入したい場合などにおすすめできるでしょう。

【YAMADA air mobileの口コミ】

ヤマダ電機でWiMAX端末を交換してもらってきた。担当の人いいひとっぽい雰囲気(引用元:X(旧Twitter))

WiMAX、ハイスピードプラスモードで7GB越えるとそれ以降翌月まで128kbpsまで落ちるの何とかならんもんかなぁ。一度越えると月末までほぼ使えないし(引用元:X(旧Twitter))

【YAMADA air mobileがおすすめの人】

家電製品の割引を受けたい人
auスマートバリューを利用している人

スクロールできます→

■5GプラスSプラン概要
対応機種

Speed Wi-Fi HOME 5G L13

Speed Wi-Fi 5G X12

端末費用 27,720円(税込)
月額料金

契約月:4,950円の日割り

以降:4,950円

※WiMAX +5G割で13ヶ月間682円割引

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

データ使用量 月間無制限*
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 なし

※価格はすべて税込

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

auモバイルルータープラン 5G

モバイルルータープラン 5G

画像引用元:auモバイルルータープラン 5G

auモバイルルータープラン 5GはKDDI株式会社がauブランドで提供しているデータ端末通信プランです。

内容としてはUQ WiMAXに準じる形となっていますが、端末費用や料金形態などが若干異なっています。

すでにauスマホを利用しており、サービスをauでまとめたい方にはおすすめできるでしょう。

また、こちらのプランに関しては、5G SAにも対応していますが、5G SAに対応していない機種でも使えるという特徴があります。

他の WiMAXに関しては、新端末を利用したいのであれば、UQ WiMAXの「ギガ放題プラスS」もしくはそれに順守するプランを選択しなければいけませんが、auのモバイルルータープラン5Gでは、この区別がなく、新端末、旧端末の両者ともに共通のプランで利用可能です。

【auモバイルルータープラン 5Gの口コミ】

このところ、データチャージ料が増えてしまったので、モバイルルーターを契約してきました。この端末、¥29800だそうですが、今日からキャンペーンだとかで、何とタダ!auありがとう、快適です。(引用元:X(旧Twitter))

自宅ネット回線が消去法的かつ将来性的にauホームルーター5Gにしたが、現状実平均速度10Mbps前後(以下)で中々厳しい。問い合わせも試した。auには速やかに帯域エリアを強化してほしい。(引用元:X(旧Twitter))

【auモバイルルータープラン 5Gがおすすめの人】

auスマホを利用している人
対面で契約を希望する人

スクロールできます→

■auモバイルルータープラン5Gの概要
対応機種

Speed Wi-Fi 5G X12

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01

端末費用

22,000円〜27,720円

auオンラインショップ限定でSCR01のみ16,500円割引

月額料金

契約月:5,458円の日割り

以降:5,458円

※5Gルーター割で13ヶ月間682円割引

その他手数料 契約事務手数料:3,300円
セット割

auスマートバリュー:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

UQ自宅セット割インターネットコース:月額最大1,100円/台をスマホ代金から割引

データ使用量 月間無制限*
プラスエリアモード 1,100円/月
契約期間 なし

※価格はすべて税込

※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

WiMAX+5Gに機種変更する方法

WiMAX+5Gに機種変更する方法

この記事を読んでいらっしゃる方の中にはWiMAX 2+を現在利用中の方もいることでしょう。

ここからは、WiMAX 2+を利用している方がWiMAX +5Gに機種変更する方法についてお伝えします。

WiMAX +5Gに機種変更する方法は大きく分けて2つです。

    WiMAX +5Gに機種変更する方法

  • 現在利用中のWiMAXプロバイダー内で契約変更を行う
  • 利用中のWiMAXプロバイダーを解約して新たに別のWiMAXプロバイダーを契約する

それぞれ解説していきます。

現在利用中のWiMAXプロバイダー内で契約変更を行う方法

もっとも簡単なのが現在のWiMAXプロバイダー内で既存契約プランを「WiMAX +5G」へ変更することです。

WiMAX 2+で利用していた端末はWiMAX +5Gでは利用できないため、利用している機種ごと変更する必要があります。

大まかな手順は以下の通りです。

  1. 現在契約中のWiMAXプロバイダーに連絡する
  2. 契約変更手続きを行う

それでは、順番に解説します。

1.現在契約中のWiMAXプロバイダーに連絡する

まずは現在契約中のWiMAXプロバイダーに契約変更の旨を連絡しましょう。

WiMAX 2+に関しては2022年12月からWiMAX 2+の5G転用にともない最大通信速度が220Mbpsに半減したため、WiMAXプロバイダー各社は既存WiMAX 2+契約者に向けて乗り換え案内メールを出しています。

このメールに詳細な契約変更手順が記載されているため、まずはメールを確認してみましょう。

契約変更の連絡方法は、電話でのみしか受け付けていないWiMAXプロバイダーやWEBでも受け付けているWiMAXプロバイダーもありますのでよく確認してみてください。

2.契約変更手続きを行う

連絡が取れたら、WiMAX +5Gの契約内容を確認しましょう。

「解約」ではなく「契約変更」のため、解約違約金はかかりませんが、契約期間がリセットとなる場合も考えられるため注意が必要です。

特に、WiMAX +5G契約変更特別プランに関しては公開されていない場合が多く、口コミ評判も少ないため本当にお得か見極める必要があります。

利用中のWiMAXプロバイダーを解約して新たに別のWiMAXプロバイダーを契約する

当サイトおすすめの方法が「WiMAXプロバイダーを乗り換える」ことです。

2022年7月1日以前のプランについては、契約期間が設定されている場合がほとんどで、更新月以外の解約では高額な解約違約金の請求が考えられます。

また、端末費用を分割払いにしている場合は、解約時に端末残債の精算もあるため、なかなか解約しにくいというのが現実でしょう。

しかし、「GMOとくとくBB WiMAX」なら他社から乗り換え時にかかる解約違約金などを最大49,000円(不課税)までキャッシュバック還元できるため、うまくいけば解約時にかかる費用を相殺することが可能です。

キャッシュバック金額などの詳細については公式サイトでご確認ください。

GMOとくとくBB WiMAXをチェック

Wi-Fiの乗り換えについては下記の記事で詳しく解説していますので、あわせてご確認ください。

大まかな手順は以下の通りです。

  1. 乗り換え先のインターネット回線サービスに申し込む
  2. 現在使用しているインターネット回線サービスの解約手続きを行う
  3. インターネット設定を行う

それぞれの手順ごとの解説は、以下の記事で行っておりますので、詳しくは以下からチェックしてみてください。

WiMAX+5Gが繋がらないときの対処法

WiMAX+5Gが繋がらないときの対処法

WiMAX +5Gを利用していて、遅い・繋がらないと感じたときは下記の方法を試してみてください。

  • 電波のよい屋外に近い場所に端末を移動させる
  • WiMAX +5G端末と利用機器(スマホ・パソコン)との距離を縮める
  • ルーターの利用周波数帯域を変更する

電波のよい屋外に近い場所に端末を移動させる

WiMAX +5Gは屋内での繋がりやすさがWiMAX 2+と比較して改善していますが、やはり建物の奥まった場所では電波を受け取ることが難しい場合もあります。

そのため、設置場所には工夫が必要なケースも考えられます。

特に設置している場所が金属品や家電などの近くだと、電波を遮ってしまうため、思うようにつながらないと感じやすいです。

通信速度が遅い・繋がらないと感じたときは、障害物の近くを避けて端末を屋外に近い窓などの近くに移動させてみましょう。

WiMAX +5G端末と利用機器(スマホ・パソコン)との距離を縮める

WiMAX自体の電波の受信感度が良好でも、接続機器とルーターが離れていると繋がらない場合があります。

接続機器とルーターが離れていると、Wi-Fiが届きにくくなり、うまくネットに接続ができません。

特に階下を隔てた場合やルーターが隣の部屋などにあるときは、同一空間に置くことも検討しましょう。

それが難しい場合は中継機を増設するのもひとつの手段です。

ルーターの利用周波数帯域を変更する

そもそもルーターの利用周波数帯域を変更するということは、2.4GHzと5GHzの2つから最適な方に変更することを指します。

例えば、2.4GHz帯域は、5.0GHz帯域と比較すると、広範囲での接続が可能で、壁や障害物を通過しやすい一方、5GHz帯域は高速で信号の混線が少ない特徴があるのです。

したがって、環境やニーズに応じて、ルーターの設定で利用する周波数帯域を切り替えることで、より良好な無線通信の品質やパフォーマンスを実現できます。

最新規格のWi-Fi6対応ルーターであれば、高速通信を保ったまま遮蔽物に強い2.4GHz帯の周波数を利用することも可能です。

5GHz帯よりも離れた場所で通信しやすくなる可能性があるため、ルーター本体の設定を見直してみましょう。

ただし、接続する機器(スマホ・パソコン)もWi-Fi6に対応している必要があるため、注意が必要となります。

Wi-Fi5対応機種の場合は2.4GHz帯を選択すると規格上の通信速度が遅いWi-Fi4を利用することとなるため、繋がりやすくなる可能性があるものの、思っていた通信速度が出ない場合も考えられるので念頭に置いておきましょう。

WiMAX+5Gで快適なインターネット環境を構築しよう

WiMAX+5Gで快適なインターネット環境を構築しよう

本記事では、WiMAX+5Gの特徴やWiMAX 2+の違いを踏まえた上で、メリットや繋がらないときの対処法などを解説しました。

WiMAX +5Gに関しては、WiMAX 2+と比較すると、速度制限の要件が撤廃され、利用できる回線の種類も増えています。

速度制限を気にせず動画やゲームなどを楽しめますし、ホームルーター端末だけでなく、モバイルルーター端末も選べるため、外出先でもインターネットを利用することが可能です。

WiMAX+5Gで快適なインターネット環境を構築し、充実した居住空間を手に入れましょう。

これからWiMAX +5Gの利用を検討するのであれば、「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめです。

WiMAX +5Gに対応しているGMOとくとくBB WiMAXは、インターネットサービスプロバイダーの老舗である「GMOインターネット会社」が運営する WiMAXプロバイダーです。

現在、他社の通信系サービスを利用している方であれば、GMOとくとくBBに乗り換える際に発生する他社の解約違約金や端末残債の精算費用も、キャッシュバックで相殺することができる可能性があります。

解約違約金などの合計金額応じて、最大49,000円(不課税)もの高額キャッシュバック受け取ることができるのは、GMOとくとくBB WiMAXの大きな魅力です。

また、37ヶ月間の実質月額費用も掲載WiMAXプロバイダーの中で非常に安価となっているため、お得にサービスを利用することができます。

気になった方は、ぜひ以下からお問い合わせください。

GMOとくとくBB WiMAXをチェック

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook X X