Wi-Fi
  • WiMAX
  • 評判・レビュー

この記事はPRを含みます

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの評判は?スペックやレビュー、おすすめプロバイダーを紹介

日本国民の多くがスマホを所持している現代で、大容量通信が行えるモバイルルーターは通信料節約の観点からも非常に人気が高いサービスとなっています。

また、これらの5G対応モバイルルーターを利用して、超高速・低遅延の5G通信を利用したいと考える人もいるのではないでしょうか。

この記事では、5G対応スマホ型モバイルルーターとして「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」のスペックや評判を紹介します。

また、Galaxy 5G mobile Wi-Fiを利用する際におすすめのWiMAXプロバイダーについてもあわせて紹介します。

モバイルルーターを使って、自宅でも外出先でも思い切りインターネットを楽しみたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiとは?スペックを紹介

Galaxy 5G mobile Wi-Fiとは

Galaxy 5G mobile Wi-Fiとは、韓国のテクノロジー企業である「Samsung」のモバイルルーターです。 日本国内ではKDDI、UQ WiMAXや各WiMAXのプロバイダーなどから購入することができます。

まずはGalaxy 5G mobile Wi-Fiのスペックから見ていきましょう。

スクロールできます→

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
製品名称 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
メーカー Samsung
発売日 2021年4月8日
対応回線 au 5G、au 4G LTE、WiMAX 2+
通信速度 上り:183Mbps
下り:2.2Gbps
カラー ホワイト
テザリング可能台数
(同時接続台数)
10台
内臓バッテリー 5,000mAh
連続通信可能時間 約16時間
月額料金 5,458円
※画像参照元:Samsung
※発売日はKDDIを参照

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの特徴は、高速通信が期待できる点です。

下り(受信)の理論値最大通信速度は2.2Gbpsなっており、ネットサーフィンや動画視聴はもちろん、オンラインゲームであってもストレスなく利用できるスペックとなっています。

また、本体サイズが一般的なスマホと同サイズとなっているため、持ち運びができる点も特徴です。

高価格帯スマホに匹敵する容量のバッテリーを内蔵し、連続通信時間は約16時間となっていることから、1日を通してバッテリー切れの心配は少ないでしょう。

オフィス外でサクサクと作業をしたい人にはぴったりです。

WiMAXプロバイダーで購入する場合は税込2万円程度で、月々の支払いに分割されます。

例えばGMOとくとくBB WiMAXで購入する場合は36回払いとなり、月額605円(税込)で利用できます。負担額が少なく高速インターネットを利用できるのは大きな魅力でしょう。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの評判は?

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの評判は?

高速通信・持ち運びのしやすさなど、魅力が多くあるGalaxy 5G mobile Wi-Fiですが、モバイルルーターの利用が初めての人は口コミや評判が気になるのではないでしょうか。

ここではGalaxy 5G mobile Wi-Fiの口コミや評判を紹介します。

良い口コミ・レビュー

  • 毎日仕事で持ち歩いていますが、本当によく持ちます。充電の上限を80%に設定していますが、それでも1日は余裕です。
    また充電端子がType-Cなので、いつでもどこでも充電できる安心感があります。(価格.com)

  • Android系スマホやWX06のように、もっさり感も無く、タッチも機敏に反応し、操作性は良かった。
    設定項目については、分かり難くはないですが、マニュアルはダウンロードしておいた方が良いと思いました。(価格.com)

  • WiFiで使えたり、パソコンにデザリングでも使えるので、機能性としては満足しています。(価格.com)

バッテリー持ちや操作性のよさについては、どのユーザーからも評価が高い印象でした。
特にバッテリーに関しては、「1日使用したり、複数の端末をつないだりしても問題ない」という声が多く寄せられていました。

悪い口コミ・レビュー

  • 基本セカンドバッグを持ち歩いているので俺は特に気にならないが、普段ポケットに物を突っ込むだけの人には向かない。(価格.com)

  • 5Gはあまり掴みませんし、掴んでも速度差は感じませんでした(個人の感想です)4Gの掴みは良いです。
    掴めるbandが多いからか、移動時に不安定さを感じる事もあります。自宅では問題無く安定しています(価格.com)

  • まだ5Gエリアマップを見ると周囲は入っているが我が家はあと少しの状況。
    そのせいか5Gを微弱に掴もうとするのかWi-Fiが不安定になり繋がらなくなる。
    そのたびにルーターとスマホをそれぞれ再起動するので面倒。なので現状では感度1にしてます。(価格.com)

良い評判の一方、携帯性についてはそれほどよい印象保たれていないようです。

持ち運びでの利用を想定されているとはいえ、ジャケットやパンツのポケットに入れて持ち運ぶには少々大きい可能性があります。

サイズとしては一般的なスマホとほぼ同サイズとはいえ、ご自身のスマホをズボンのポケットに入れている状態では、ふたつめのモバイルルーターを反対側のポケットに入れるには嵩張ってしまうのではないでしょうか。

かばんの中に入れて持ち運ぶには十分小型となっているため、持ち運びに関しては心配はいらないでしょう。

また、性能の売りのひとつである5G接続に関しては意見が割れていました。

ただし、口コミを紐解いてみると「そもそも使用するエリアに5Gが届いていない」というケースが目立っています。

5G通信となることが少ない点に関しては、端末の問題というよりは5G基地局の工事進捗や5Gの性質の問題と考える方が適切でしょう。

お住いの地域もしくは生活圏が5G接続可能エリアであれば、当端末の性能を生かせる可能性があります。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiのメリット

Galaxy 5G mobile Wi-Fiのメリット

ここからは、Galaxy 5G mobile Wi-Fiのメリットについて紹介します。

今回は以下の項目に着目しました。

  • 通信速度が速い
  • 充電の持ちがよい
  • 操作性が高い
  • 持ち運びしやすい
  • ステルスモードが設定できる
  • 機器が自立する
  • 端末料金が安い

順を追って見て行きましょう。

通信速度が速い

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの理論値通信速度は「上り:183Mbps、下り:2.2Gbps」とされています。

ただし、上記の数値は「理論値」です。

実際の通信速度について、「みんなのネット回線速度」を元に調査した結果が下記になります。

上り/下りにおける実測値の平均通信速度

  • 上り:13.3Mbps
  • 下り:64.13Mbps

同じWiMAXのモバイルルーターである「Speed Wi-Fi 5G X11」は上りの平均が8.86Mbps、下りの平均が45.93Mbpsなので、その速さが分かるのではないでしょうか。

通信速度とは

通信速度とは、データを転送するのに要する時間のことを指します。

単位の「bps」は「1秒間に転送可能なビット数」を表し、この値が大きいほど通信速度は速くなります。

容量の大きいファイルの送受信、高画質動画のストリーミング視聴などの際には、当端末が役に立つでしょう。

比較した「Speed Wi-Fi 5G X11」については下記の記事で詳しく紹介しています。


充電の持ちが良い

Galaxy 5G mobile Wi-Fiには「5,000mAh」のバッテリーが搭載されています。

しかし、電化製品に詳しくない人の中には、この容量がどれほどなのかピンと来ない人もいるでしょう。

ここでは、身近なスマホとバッテリーの容量を比較してみました。

スクロールできます→

端末名 Galaxy 5G mobile Wi-Fi Galaxy S22 OPPO Reno7 A
バッテリー容量(mAh) 5,000 3,700 4,500

モバイルルーターとスマホという違いがあるため、この結果を鵜呑みにすることはできませんが、当端末のバッテリー容量は決して小さいものではなく、スマホと同等かそれ以上の稼働時間を期待できると判断してもよいのではないでしょうか。

また、下記は当端末と同様に「5G通信が可能なモバイルルーター」との容量比較です。

モバイルルーターの中でも、バッテリー容量は大きいと判断できそうです。

スクロールできます→

端末名 Galaxy 5G mobile Wi-Fi Speed Wi-Fi 5G X11
バッテリー容量(mAh) 5,000 4,000
連続通信可能時間 約16時間 約8時間

モバイルルーターは外出先で使うことが想定された製品です。

そのため、バッテリーの持ちは作業時間に影響を与えます。

外出先でバッテリーの減りを気にしなくてよいことは、当端末の利用におけるメリットのひとつです。

操作性が高い

Galaxy 5G mobile Wi-Fi はユーザーインターフェースのよさも特徴です。

5.3インチ(画面の対角線が13.462cm)の画面は、Wi-Fiルーターの中では最大級(Samsung調査)とされ、電波状況などは視覚的に判断がしやすいよう、円グラフを用いる工夫がされています。

総務省の調査によると、世帯別のスマホ保有割合は8割を超えているとされており、多くの人がスマホを日常的に操作しています。

スマホと同じ感覚で操作が可能な当端末は、使いやすいモバイルルーターといえるでしょう。

持ち運びしやすい

Galaxy 5G mobile Wi-Fi の高さは約14cm、厚さは約1cmです。

以下の表からも、スマホと同等のサイズ感であることがわかります。

スクロールできます→

端末名 Galaxy 5G mobile Wi-Fi iPhone 14 Pro Max iPhone 14 Pro iPhone 14 Plus
高さ(mm) 147 160.7 147.5 160.8
幅(mm) 76 77.6 71.5 78.1
厚さ(mm) 10.9 7.85 7.85 7.80

鞄の中でスペースを取らないことは、当端末のメリットのひとつです。

また、当端末の重量は約203gと、こちらもスマホ並みといえます。大きさにおいても重さにおいても、鞄に入れて持ち運ぶ分には不便さを感じることは少ないでしょう。

ただし、口コミ評判でもあったように、スマホとモバイルルーターをカバンなしでポケットに入れて持ち運ぶ場合は嵩張る可能性があるため注意が必要です。

ステルスモードが設定できる

まず、ステルスモードとはSSID(ルーターのネットワーク名)を第三者が閲覧できないようにするモードのことです。Galaxy 5G mobile Wi-Fiでは、設定によりこのモードを使用できます。

SSIDを非公開にすることで、ルーターの所有者以外からの接続リスクを軽減することを期待できます。

ただし、ステルスモードを使用すれば、セキュリティ対策が万全になるわけではありません。あくまでも他人からの無断接続を減らすための機能として理解しておきましょう。

第三者の無断接続を防ぐためには、ご自身しか知り得ないパスワードを設定することが有効です。

機器が自立する

機器が自立する

画像引用元:Samsung

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの背面には、自立用スタンドが格納されています。

当端末には「時計表示機能」や「カレンダー表示機能」が搭載されているため、パソコンの横に自立させることで作業中のフォロー役にもなります。

自立機能は、熱の逃げ道を背面に作ることにも一役買うでしょう。

端末本体が熱を持ってしまうと通信性能に影響を及ぼす可能性があるため、自立スタンド機能は排熱面でも工夫が凝らされていると言えます。

端末料金が安い

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、端末価格が他社モバイルルーターと比較して安価なのも魅力のひとつです。

他キャリアから出ているモバイルルーターの価格と比較してみましょう。

スクロールできます→

端末名 Galaxy 5G mobile Wi-Fi Wi-Fi STATION SH-52B Pocket WiFi 5G A101ZT
キャリア UQコミュニケーションズ NTTドコモ ソフトバンク
価格 21,780円*1 35,640円*2 28,800円*3
※価格はすべて税込
※1 GMOとくとくBB WiMAXを参考。GMOとくとくBB WiMAXの場合は605円(税込)×36回払い
※2 NTTドコモ公式サイトを参照
※3 ソフトバンク公式サイト掲載価格を参照

このようにGalaxy 5G mobile Wi-Fiは、競合他社のモバイルルーター端末と比較すると非常に安価となっているのがわかります。

使いやすいスマホ型端末でこの価格で利用できるのは非常にコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiのデメリット

Galaxy 5G mobile Wi-Fiのデメリット

メリットもあれば、デメリットも当然あります。

ここではGalaxy 5G mobile Wi-Fiのデメリットについて紹介していきます。

ぜひ選ぶ際の参考にしてください。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの主なデメリットは下記のふたつです。

  • 接続が不安定な場合がある
  • 5Gの対応エリアが限定的である

接続が不安定な場合がある

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、時折接続が不安定になる場合があります。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの接続が不安定になる原因として、以下の3つが挙げられます。

  • 電波状況が悪い(地下での利用、悪天候など)

    対処法:利用場所を変更する

  • バッテリー残量の不足

    対処法:充電を行う

  • 電力消費を抑えるモードの起動

    対処法:ハイパフォーマンスモードへ切り替える

端末の利用方法によって回避できる可能性が高いため、もし接続が不安定だと感じたら、まずは自分で対処を試みましょう。

それでも接続がままならない場合は、本体の故障などを疑う必要があるかもしれません。

契約元のプロバイダーへ問い合わせるようにしましょう。

5Gの対応エリアが限定的である

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、「5G通信に対応している」ことがセールスポイントのひとつとなっていますが、そもそも5G通信の提供エリアが狭いため、その恩恵を十分に受けることができません。

現在、WiMAX +5G対応端末では、下記の5G回線を利用することが可能です。

  • au 5G
  • WiMAX 2+(5GNR転用)

総務省の資料によれば、2020年度末の各キャリアの5G人口カバー率は30%台*となっており、どのキャリアにおいても5G回線の人口カバー率が低く、一部の主要都市でしか利用できない状況です。

今後の展開としては、2023年度末に5G人口カバー率95%を達成できるように補助金や税制措置によって国が支援していくこととなっているため、現在よりももっと快適に利用できる可能性が高まります。

ただし、5Gエリアが限定的となっても、WiMAX +5Gの通信速度は十分高速となっていることから、そこまで気にする必要はないでしょう。

なお、5G対応のおすすめのWi-Fiについては下記の記事でも紹介していますので、よければご覧ください

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの利用がおすすめの人

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの利用がおすすめの人

Galaxy 5G mobile Wi-Fiは、次のような方におすすめします。

  • スマホ型モバイルルーターで5Gを利用したい方
  • 高速通信を必要とする方
  • 外出先でもインターネットを用いた作業をしたい方やリモートワークが多い方

やはりGalaxy 5G mobile Wi-Fiの魅力は「スマホ型端末」でかつ「高速通信が可能」という点でしょう。

他社からも5G対応のモバイルルーター端末がリリースされていますが、どれも液晶画面が小さいため、タッチ操作が行いにくいというデメリットがあります。

その点、Galaxy 5G mobile Wi-Fiでは、5.3インチの大画面液晶で、スマホと同じ感覚で操作ができるのは唯一無二の魅力と言えるでしょう。

加えて、実測通信速度も上り速度・下り速度共に高速となっているため、旧WiMAX 2+のように「アップロード速度が遅い」ためにオンライン会議が止まる、といった心配もないでしょう。

よって、高速通信を必要とする方や、在宅勤務、テレワークなど社外で仕事をするビジネスパーソンにもおすすめできる端末と言えます。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの利用におすすめのプロバイダー

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの利用におすすめのプロバイダー

ここからは、Galaxy 5G mobile Wi-Fiの利用におすすめのWiMAXプロバイダーについて解説します。

順に見ていきましょう。

スクロールできます→

サービス名 月額料金 端末料金 実質月額料金
GMOとくとくBB WiMAX 契約初月:3,553円の日割り計算
1〜24ヶ月目:3,553円
25〜35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
21,780円
605円×36回払い
3,804円
Vision WiMAX 初月:2,970円の日割り
1~24ヶ月目:4,103円
25ヶ月目以降:4,785円
21,780円 4,747円
UQ WiMAX 契約月:4,268円の日割り
1―24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
5,940円*1 4,739円
※価格はすべて税込
※1 価格はUQ WiMAXオンラインショップを参照

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX

画像引用元:GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、「月額料金を抑えながら、品質のよい通信サービスを使いたい」という人におすすめのプロバイダーです。

プロバイダー乗り換えの場合、他社の解約違約金の負担額として最大49,000円円のキャッシュバックを受け取ることもできます。

端末発行月から利用35ヶ月目までは月額料金が値引きされ、総額56,914円お得に利用可能です。

オリコン顧客満足度(プロバイダー広域企業部門)で1位を獲得していることから、サービス品質に関しても信頼はできると言えます。

契約期間 24ヶ月
月額料金 契約初月:3,553円の日割り計算
1〜24ヶ月目:3,553円
25〜35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
その他手数料 3,300円
データ使用量 実質無制限*
支払い方法 クレジットカードのみ
解約違約金 初月~24ヶ月目:1,100円
25ヶ月目以降:無料
キャッシュバック 最大49,000円(不課税)
オプションサービス

安心サポート(無償修理)
公衆無線LAN
スマホトラブルサポート
ネット安心セキュリティ

※2~12ヵ月の無料期間あり

※価格はすべて税込
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

\\下記リンク先限定特典アリ//

GMOとくとくBB WiMAX
公式ページ

Vision WiMAX

Vision WiMAX

画像引用元:Vision WiMAX

Vision WiMAXは、WiMAX +5Gを新規申込みの際にキャッシュバックがもらえるのが魅力です。

サービス開始月に限り利用料は3,000円を切っており、5,000円のキャッシュバックを得られます。

契約期間 縛りなし
月額料金 初月:2,970円の日割り
1~24ヶ月目:4,103円
25ヶ月目以降:4,785円
その他手数料 3,300円
データ使用量 実質無制限*
支払い方法 クレジットカードのみ
解約違約金 0円
キャッシュバック 5,000円(不課税)

UQ WiMAX

UQ WiMAX

画像引用元:UQ WiMAX

UQ WiMAXは公式オンラインショップからの申込みで、端末費用が特別料金となるのが魅力です。

WiMAX +5Gの端末料金を抑えたい方にはおすすめできるWiMAXプロバイダーと言えるでしょう。

WiMAXプロバイダーの中でも唯一、実店舗でのアフターサポートが受けられる点は安心感があります。

ただし、今回紹介したプロバイダーの中では月額料金が高額となっているため、利用期間が長くなると総額費用が高額となりやすいデメリットも存在するのです。

利用する際は、他社との「年単位での総額費用」を加味した「実質月額料金」で比較するようにしましょう。

契約期間 縛りなし
月額料金 契約月:4,268円
1-24ヶ月目:4,268円
以降:4,950円
その他手数料 3,300円
データ使用量 実質無制限*
支払い方法 クレジットカード
口座振替
解約違約金 0円
※価格はすべて税込
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiのプロバイダー選びは慎重に

Galaxy 5G mobile Wi-Fiのプロバイダー選びは慎重に

このページでは、Galaxy 5G mobile Wi-Fiのスペックとおすすめプロバイダーについて解説しました。

この端末は大容量のバッテリーを搭載した、高速通信が可能なモバイルルーターです。

リモートワークやカフェなどでの作業機会が多い方にとっては、使い勝手のよい製品でしょう。

Galaxy 5G mobile Wi-Fiの利用にはプロバイダーとの契約が必要です。

中でも、Galaxy 5G mobile Wi-Fiとの相性もよい「GMOとくとくBB」をおすすめします。

GMOとくとくBBのプランであれば、毎月のデータ使用量が実質無制限であることはもちろん、他社と比較しても月額料金を抑えて利用することが可能です。

現在他社プロバイダーを利用している場合は、他社解約時に発生する解約違約金相当のキャッシュバックを受け取れるケースもあります。

固定費の見直しを考えている人にもおすすめのプロバイダーとなっているため、ぜひ契約を検討してみてください。

GMOとくとくBBでWiMAXをチェック

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook X X