• auひかり
  • 比較

auひかりのキャッシュバックキャンペーンおすすめの窓口8社を紹介【2022年最新】

auひかりは、公式サイト以外からも申込みができるということはあまり知られていません。

auひかりを取り扱う販売代理店から申し込んだ方がお得に契約できるケースもあるのです。

とくに各代理店で大きく異なるのが、キャッシュバックなどの「限定キャンペーン」でしょう。

auひかりのキャッシュバックキャンペーンをうまく活用するためには、どのようなキャッシュバックキャンペーンがどの代理店窓口で適用されるのかを知っておくことが重要です。

2022年現在、最もお得なキャッシュバックを受け取れる窓口はGMOとくとくBBです。

本記事では、auひかりのキャッシュバックキャンペーンの基本情報、各代理店窓口で用意されているキャッシュバックキャンペーンの内容、キャッシュバックキャンペーンの受け取り方を解説します。

auひかりのキャッシュバックキャンペーンとは

auひかりのキャッシュバックキャンペーンとは

auひかりのキャッシュバックキャンペーンとは、auひかりを契約する際にキャッシュバックが得られる特典のことです。

契約時に特定の申込み条件を満たすことで適用される仕組みです。

結果的に一定期間に支払う総額費用が安価となるため、実質月額料金がお得になる場合があります。

auひかりのキャッシュバックキャンペーンは、auひかり公式に用意されているものの他に、窓口となるプロバイダーによって適用されるものがあります。

後者は窓口プロバイダーごとに用意されており、プロバイダーによってその内容は異なります。

auひかりを利用する際は、受けられるキャッシュバックキャンペーンをもとに、窓口となるプロバイダーを選択するとよいでしょう。

auひかりの公式特典

auひかりの公式特典

auひかりでは公式特典として、次のキャンペーンを用意しています。

  • auひかり乗り換えスタートサポート(auひかり乗り換え新スタートサポート)
  • 初期工事費用/月額費用割引サービス(新規工事料相当額割引)
  • auスマートバリュー

ここからは、各公式特典の概要を詳しく紹介します。

auひかり乗り換えスタートサポート

auひかり乗り換えスタートサポートは、他の光回線を契約している方がauひかりに乗り換える際に利用できる公式特典です。

最大で30,000円(不課税)のキャッシュバックが得られる特典となっており、auひかりへ乗り換えを検討している方におすすめです。

他社からの乗り換え時に発生する様々な解約にかかる費用(年間契約解除料・工事費残債・他社ルーターの割賦残債・NTT加入電話工事費・番号ポータビリティ手数料)を負担してくれるため、解約費用がネックで乗り換えを諦めていた方におすすめできるキャンペーンとなっています。

下表では、auひかり乗り換えスタートサポートが適用される条件です。

スクロールできます→

キャンペーン適用条件
  • auひかりホーム「ずっとギガ得プラン+電話」に新規申込み
  • auひかりマンション「ネット+電話」に新規申込み
申込み方法 auひかり申込み日から申込み月を含めて12か月以内に「スタートサポート共通申請書」をauひかりに送付する
対象事業者 NURO光・ADSLサービス・フレッツ光・光コラボなどの事業者およびNTTドコモ/ソフトバンク/ワイモバイル/ヤフー/nuroモバイルが提供するホームルーター・モバイルルーターが対象
対象外事業者 auひかり/auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス/KDDIが指定するケーブルテレビ事業者サービスのいずれかからの乗り換えの場合

初期工事費用/月額費用割引サービス

auひかりには、初期工事費用/月額費用割引サービスという公式特典もあります。

これは、auひかりを利用するための初期工事費用を実質無料にするサービスです。

auひかりを開通させる負担が軽減できることから、多くのauひかりユーザーが利用しています。

初期工事費用/月額費用割引サービスの概要は次のとおりです。

スクロールできます→

キャンペーン適用条件
  • auひかりホーム「ずっとギガ得プラン+電話」に新規申込み
  • auひかりマンション「ネット+電話」に新規申込み
申込み方法 auひかりのネット+電話の申込みで適用される
初期費用相当割引額 ■auひかりホーム:最大41,250円

【内訳】

  • 初回:1,194円
  • 2回目以降:1,178円×34か月

■auひかりマンション:最大33,000円

【内訳】

  • 初回:1,443円
  • 2回目以降:1,434円×22か月

※価格はすべて税込

なお、初期工事費用を一括で支払う場合は、上記の初期費用相当割引額が月額料金から差し引きされます。

auスマートバリュー

auの携帯電話を利用している、かつauスマートバリューに加入している方がauひかりを契約すると、月々の携帯電話利用料金が割引されます。

プランによって異なるものの1か月あたり最大で1台あたり2,200円(税込)/月、多くのプランでは1台あたり1,100円(税込)/月ほど携帯電話利用料金が安くなります。

プランごとに割引額は細かく設定されているため、auの携帯電話を利用とauスマートバリューの加入が済んでいる方は、「auスマートバリュー」のページで携帯電話利用料金がどの程度割引されるのかを確認してみましょう。

auひかりのキャンペーンについては下記の記事でも紹介しているので、より詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

【窓口別】auひかりのキャッシュバックキャンペーン比較

【窓口別】auひかりのキャッシュバックキャンペーン比較

下記は、auひかりのずっとギガ得プランとauひかりでんわサービスに加入したときにおける、窓口別のキャッシュバックキャンペーンを比較したものです。

スクロールできます→

プロバイダー 実質月額料金 キャッシュバック額 工事費値引き 37ヶ月間の総額
GMOとくとくBB 3,389円 77,000円 41,250円 202,400円
BIGLOBE 3,567円 90,000円 0円 221,980円
So-net 3,391円 100,000円 0円 225,450円
au one net 5,442円 40,000円 41,250円 241,340円
@nifty 4,362円 60,000円 0円 221,399円
DTI 4,964円 38,000円 41,250円 221,650円
Asahi Net 6,392円 0円 0円 236,500円
エディオンネット 5,973円 0円 41,250円 220,990円

※価格は税込、ただしキャッシュバック金額については不課税

※ずっとギガ得プラン(3年契約戸建て)+auひかりでんわ付の場合

※すべてキャッシュバックキャンペーンの内容で統一

窓口によってキャッシュバックや工事費用の割引を受けられる条件は変わりますが、実質月額料金および37ヶ月間の総額がもっとも安くなるのはGMOとくとくBBです。

各プロバイダーの詳細を以下で紹介していきます。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

画像引用元:GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、サイトからの申込みで最大77,000円(不課税)相当のキャッシュバックを受けられます。

また、工事費用においても戸建ての場合は41,250円(税込)、マンションの場合は33,000円(税込)相当の割引を受けることが可能です。

キャッシュバックキャンペーンを十分に活用できる方であれば、GMOとくとくBBでauひかりを契約するとかなりお得になるでしょう。

下記は、GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンを使ったときの情報をまとめたものです。

スクロールできます→

実質月額費用 3,389円
キャッシュバック申請方法 「乗り換えスタートサポート申請」「キャッシュバック受け取り手続き」をする

※他社からの乗り換えが条件。auひかり申込み日から申込月を含めて12ヶ月以内に「スタートサポート共通申請書+他社の解約違約金エビデンス」を郵送する必要あり

詳細
  • サイト限定最大30,000円(不課税)のキャッシュバック→回線開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に届くメールで手続き後、翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込み
  • auひかり乗り換えスタートサポート:申請から約1ヶ月後に振込
  • 新規工事料相当額割引:月額料金から割引
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

GMOとくとくBB×auひかり公式はこちら

BIGLOBE

BIGLOBE

画像引用元:BIGLOBE

BIGLOBEではキャンペーンとして、「月額料金大幅値引き特典」と「キャッシュバック特典」のふたつを用意しています。

どちらも大幅な割引が得られるため、auひかりの利用料金を抑えたい方におすすめです。

下表は、BIGLOBEで人気のある月額料金大幅値引き特典の内容をまとめたものです。

スクロールできます→

実質月額費用 3,567円
適用条件 特定のプラン・オプションを契約する
申請方法 申込み時に値引き特典もしくはキャッシュバック特典を選択する
詳細
  • 大幅値引き特典/電話サービス割引:月額料金から割引
  • 月額

  • キャッシュバック特典:最大60,000円(不課税)→11ヶ月目と24ヶ月目に30,000円(不課税)ずつ振込
  • auひかり乗り換えサポート:申請から約1ヶ月後に振込(解約違約金相当額を負担)
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

So-net

So-net

画像引用元:So-net

So-netでは、70,000円(不課税)分のキャッシュバックを用意しています。

So-netのキャッシュバックキャンペーンは他の窓口が用意するキャッシュバックキャンペーンよりも申込み方法がわかりやすく、誰でも申請しやすいという特徴があります。

So-netで申請できるキャッシュバックキャンペーンの詳細は、次のとおりです。

スクロールできます→

実質月額費用 3,391円
適用条件
  • 特定のプラン・オプションを契約する
  • 他社からの乗り換える
申請方法 申込み時に選択する
詳細
  • 70,000円(不課税)分のキャッシュバック:対象サービスの利用開始から10ヶ月後の15日より45日以内に受け取り※マンションタイプの場合は2回に分けて受け取り。2回目は同条件で20ヶ月後
  • auひかり乗り換えサポート:申請から約1ヶ月後に振込(解約違約金相当額を負担。上限30,000円(税込)まで)
  • 新規工事料相当額割引:月額料金から割引
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

au one net

au one net

画像引用元:au one net

au one netでは、回線提供元であるKDDI株式会社が運営するプロバイダーとなっているため、au公式の「auひかり乗り換えスタートサポート」「初期費用相当額割引」などのキャッシュバックキャンペーンを用意しています。

他社と比較してキャッシュバック額は低いものの、auが提供していることからサポート体制は充実しています。

auひかり電話に加入することで41,250円分の工事費割引を受けることも可能です。

下記は、au one netでauひかりを契約する際に申請できるキャッシュバックキャンペーンの情報をまとめた表です。

スクロールできます→

実質月額費用 5,442円
適用条件
  • 特定のプラン・オプションを契約する
  • 他社からの乗り換える
申請方法 「乗り換えスタートサポート申請」「キャッシュバック受け取り手続き」をする
詳細
  • auひかり乗り換えスタートサポート:申請から約1ヶ月後に振込(解約違約金相当額を負担。上限30,000円(税込)まで)
  • 初期費用相当額割引:月額料金から割引(戸建の場合41,250円(税込)相当)
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

@nifty

@nifty

画像引用元:@nifty

@niftyでは、「通常キャッシュバック特典」と「キャッシュバック+Wi-Fiルータープレゼント特典」のふたつを用意しています。

どちらも、オプション加入が増えるほどキャッシュバック額が高くなる仕組みとなっています。「通常キャッシュバック特典」で必要最低限のオプションに申込んだ場合の情報は、次のとおりです。

スクロールできます→

実質月額費用 4,362円
適用条件 申込み時に選択する
申請方法
  • キャッシュバック特典:申込みで完了
  • auひかり乗り換えスタートサポート:「乗り換えスタートサポート申請」を出す
詳細
  • キャッシュバック特典:開通月を含む12ヶ月目と24ヶ月目
  • auひかり乗り換えスタートサポート:申請から約1ヶ月後に振込(解約違約金相当額を負担。上限30,000円(税込)まで)
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

DTI

DTI

画像引用元:DTI

DTIでは、新規入会特典として38,000円(不課税)相当分のキャッシュバックと初期費用相当額割引のキャッシュバックキャンペーンを採用しています。

DTIのキャッシュバックキャンペーンでは、建物の種類に関係なくキャッシュバック額が一律に定まっているのが特徴です。

また、41,250円(税込)相当額の工費時割引を受けることも可能となっています。

auひかりホームと比較してキャッシュバック額が低くなりやすいauひかりマンションを利用する方でも、満足のいくキャッシュバックが得られるでしょう。

DTIで利用できるキャッシュバックキャンペーンの概要は次のとおりです。

スクロールできます→

実質月額費用 4,964円
適用条件
  • 新規入会契約をする
  • 特定のプラン・オプションを契約する
申請方法 申込み時に適用される
詳細
  • キャッシュバック特典:開通月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の月末

    ※メルマネマスペイメントサービス「メルマネ」にて受け取り

  • 初期費用相当額割引:月額料金から割引(戸建の場合41,250円(税込)相当)
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

Asahi Net

Asahi Net

画像引用元:Asahi Net

Asahi Netでは、キャッシュバックによるキャンペーンは設けられていないものの、月額料金を割引する特典が用意されています。

1ヶ月あたり250円(税込)の割引が30ヶ月続く特典となっており、auひかりを長期間お得に利用したい方から注目されています。

下表は、Asahi Netの特典情報をまとめたものです。

スクロールできます→

実質月額費用 6,392円
適用条件 特定のプラン・オプションを契約する
申請方法 申込み時に適用される
詳細
  • 月額料金から割引(250円(税込)×30ヶ月分)
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

エディオンネット

エディオンネット

画像引用元:エディオンネット

エディオンネットでは、auひかりを導入しやすくする、初期費用相当額割引を採用しています。

キャッシュバックキャンペーンとしての用意ではないものの、工事費用において41,250円(税込)相当額の割引を受けることが可能です。

エディオングループの店舗でauひかりの申込み手続きができるため、インターネットでの申込みに慣れていない方でも安心でしょう。エディオンネットで利用できる特典の概要は下表でまとめています。

スクロールできます→

実質月額費用 5,973円
適用条件
  • 特定のプラン・オプションを契約する
  • auスマートバリューに加入する
申請方法 エディオングループの店舗で申込み
詳細
  • 初期費用相当額割引:月額料金から値引き(戸建の場合41,250円(税込)相当)
  • auスマートバリュー:毎月1,100円(税込)割引/台(auスマホ利用の場合)

※価格はすべて税込

auひかりの代理店窓口を選ぶ際のポイント

auひかりの代理店窓口を選ぶ際のポイント

auひかりの代理店窓口を選ぶ際は、次のポイントに着目しましょう。

  • 契約内容で選ぶ
  • 通信速度で選ぶ

以下では、各項目について詳しく紹介します。

契約内容で選ぶ

auひかりの代理店窓口=プロバイダーは、契約内容で選びましょう。

各代理窓口によって、オプションサービスや特典の種類・サポート内容などは異なります。

例えば開設時のサポート内容で見ると、電話のみでサポートする代理店窓口もあれば、顧客のもとへ訪問して開設サポートをする代理店窓口も見られます。

他にも、キャッシュバックキャンペーンの種類によって、「特典を受け取れる時期」「月額料金の高さ」に違いが出るケースも少なくありません。

代理店窓口を選ぶときは、料金やサポート面などを総合的に判断することが大切です。

もし、費用を重視して代理店窓口を選ぶ場合は、各代理店窓口のサイトにある料金シミュレーションを活用すると総額を比較できます。

通信速度で選ぶ

代理店窓口=プロバイダーを選ぶ上で、通信速度を比較することは欠かせません。

代理店窓口ごとの実測値は「みんなのネット回線速度」などで比較できます。

GMOとくとくBBは、他の代理店窓口よりも速度面で優位に立っているプロバイダーです。

いつも快適にインターネットを楽しみたい方は、速度面に強みを持っているGMOとくとくBBを選びましょう。

auひかりのプロバイダー選びで迷っている方は、次の記事をあわせてチェックすることをおすすめします。

auひかりのキャッシュバックキャンペーンは他の光回線よりもお得?

auひかりのキャッシュバックキャンペーンは他の光回線よりもお得?

下表は、auひかりと他の光回線のキャッシュバックキャンペーンを比較した表です。

スクロールできます→

回線事業者 キャッシュバックなど その他キャンペーン
auひかり

(au one net)

  • auひかり乗り換えスタートサポート(他社からの乗り換えで解約違約金相当額を還元)
  • 新規工事料相当額割引
  • auスマートバリュー

※プロバイダーによって異なる

  • 「ジャンルパック」または「オールジャンルパック」新規加入で最大2ヶ月無料 など
ドコモ光

(ドコモnet)

  • 新規工事料相当額割引
  • 加入タイプに応じてdポイントをプレゼント

※プロバイダーによって異なる

  • 無料訪問サポートなど
ソフトバンク光
  • SoftBank光工事費サポート初めて割
  • SoftBank光乗り換え新規で割引キャンペーン など
  • SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン(他社からの乗り換えで解約違約金相当額を還元)
  • SoftBank光(光回線)加入特典 など
NURO光
  • 1年間月額980円(税込)
  • 43,000円(不課税)キャッシュバック
  • オプション申込みで追加の還元 など

※キャンペーン参照元:auひかり/ドコモ光/ソフトバンク光/NURO光

各光回線で用意されている公式キャッシュバックキャンペーンは3つ前後となっています。

キャッシュバックキャンペーンは、公式で実施されているものと、各販売代理店で独自に実施されているものが存在しており、単純な比較が難しいのが現状です。

最終的には、キャッシュバックを踏まえての総額料金の比較が重要となってくるため、本記事を参考に総額費用を計算してみるのもひとつの手でしょう。

auひかりの申込み手順と流れ

auひかりの申込み手順と流れ

auひかりの申込み手順は、次のとおりです。

  1. 住んでいるエリアがauひかりの対応エリアなのかを確認する
  2. auひかりの申込み手続きをする
  3. 必要に応じて撤去工事・開通工事をする
  4. auひかりを利用する設定を行う

auひかりを利用する場合、住んでいる物件によって撤去工事・開通工事が必要になります。

他社の光回線からauひかりへ乗り換えたり引っ越したりする際は、撤去工事と開通工事が必要です。

アパートやマンションの場合は、大家や管理会社へ連絡して撤去工事や開通工事が必要なのかを確認してください。

auひかりのキャッシュバックの受け取り方

auひかりのキャッシュバックの受け取り方

auひかりのキャッシュバックを受け取るには、適切な手順で手続きを進める必要があります。

ここでは、auひかり乗り換えサポート・新規工事料相当額割引・auスマートバリューに分けてキャッシュバックの受け取り方を解説します。

auひかり乗り換えサポート

auひかり乗り換えサポートのキャッシュバックを受け取る流れは次の通りです。

  1. NTTドコモ・ソフトバンク・NUROなどの他社から「auひかり」へ乗り換える
  2. auひかり申込み日から申込み月を含めて12ヶ月以内に「スタートサポート共通申請書」をauひかりへ送付する
  3. 申請受付から約1ヶ月後にau Payへチャージされる

新規工事料相当額割引

新規工事相当額割引の適用は、次のように行われます。

  1. auひかりホーム「ずっとギガ得プラン+電話」に新規申込みをする
  2. 初期費用を分割払いにする
  3. プランに応じた分割回数で新規工事料相当割引を行う

auスマートバリュー

auスマートバリュー加入によるキャッシュバックは、次の流れで実施されます。

なお、下記のキャッシュバックキャンペーンの受け取り方は、GMOとくとくBBでauひかりを契約したときのものです。

代理店窓口によって、受け取り方法は異なることを知っておいてください。

  1. auひかり申込みとあわせてauスマートバリューにも新規加入する
  2. 申込み月から最大で10ヶ月間毎月1,000円分のキャッシュバッククーポンを発行する

auひかりプロバイダーによっては、記載がない場合もございます。

詳しくは契約を検討しているauひかりプロバイダーへお問い合わせください。

auひかりのプロバイダーは比較検討して選ぼう

auひかりのプロバイダーは比較検討して選ぼう

auひかりは、キャッシュバックキャンペーンが豊富にある光回線です。

ほとんどの代理店窓口=プロバイダーでキャッシュバックキャンペーンが行われており、光回線をお得に利用したい方からauひかりは支持されています。

新規契約・乗り換えでauひかりを利用したいしたい方は、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBでは、他社と引けをとらないキャッシュバックを用意しているだけでなく、プロバイダーのなかでも通信速度が安定していることで知られています。

auひかりをお得にかつ快適に利用したい方は、GMOとくとくBBでauひかりを契約しましょう。

GMOとくとくBB×auひかり

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook Twitter Twitter