• ソフトバンク光
  • 方法・やり方
  • 比較

NURO光からソフトバンク光への乗り換え方法|逆パターンの手順やお得なのはどちらか比較

通信速度に定評のあるNURO光と、対応エリアの広さや豊富な特典で人気を集めているソフトバンク光。

いずれも「ソフトバンクスマホとのセット割引」が可能な光回線として、乗り換えの候補に上がりやすいサービスとなっています。

この記事では、NURO光・ソフトバンク光における相互の乗り換え手順や費用、注意点を比較しました。

スマホキャリアに合わせた乗り換えを検討されている方や、快適でリーズナブルな光回線をお探しの方はぜひご参考ください。

NURO光からソフトバンク光への乗り換え方法

NURO光からソフトバンク光への乗り換え方法

NURO光からソフトバンク光に乗り換える場合は、下記の流れで手続きを進めます。

  1. ソフトバンク光に申し込む
  2. NURO光の解約手続きを行う
  3. NURO光のレンタル品の返却
  4. 開通工事を行う
  5. NURO光の接続設定を行う
  6. ソフトバンク光で解約違約金の負担などキャンペーンがある場合は書類を提出

乗り換えの詳しい方法や注意点については、以下で順を追って解説します。

※注意点:NURO光で利用している光回線と、ソフトバンク光で使用する光回線は、別の種類です。

NURO光は「独自回線」を用いているのに対し、ソフトバンク光は「NTT東西のフレッツ光回線」を用いています。

よって、NURO光からソフトバンク光へ乗り換える際は、NURO光の回線の撤去とフレッツ光回線の引き込みが必要となるため、注意しましょう。(マンションタイプはこの限りではありません)

1.ソフトバンク光に申し込む

はじめに、乗り換え先となるソフトバンク光への申込み手続きを行います。

ソフトバンク光は、公式サイトや家電量販店などのショップのほかに、GMOとくとくBBなどの代理店経由での契約も可能です。

独自のキャッシュバック額やキャンペーンの違いを把握した上で、最もお得な契約窓口を選択する必要があります。

新規申込みの方法は、一般的にウェブと電話受付の2パターンから選べます。

契約時には、希望のオプションサービスやセット割なども合わせて申し込むのがおすすめです。

【プロバイダー申込みに必要なもの・情報】

  • 利用を開始したい時期
  • ソフトバンクの携帯電話番号(「おうち割 光セット」を利用する場合のみ)
  • 運転免許証などの本人確認書類

2.NURO光の解約手続きを行う

ソフトバンク光の申込みが完了したら、続いてNURO光の契約を解除します。

NURO光の利用をやめる場合は、「解約」と「退会」の2パターンから選択することになります。

他回線への乗り換えでは、新規申込み先でのメリットが大きくなるため、基本的に「退会」するのがよいでしょう。

スクロールできます→

NURO光の「解約」と「退会」の違い
項目 NURO光 So-netプロバイダーサービス
解約の場合 利用停止 継続利用
退会の場合 利用停止 利用停止

NURO光の退会手続きは、So-netのマイページから退会手続きをとってください。

プロバイダー契約を残したい場合は、解約手続きとなります。

解約手続きの場合では、So-netではなく、NURO光から申請する必要があるため注意が必要です。

なお、ソフトバンク光を開通する前にNURO光を解約すると、ソフトバンク光の他社乗り換えによる違約金負担特典を受けられなくなる点に注意してください。

手順としては、ソフトバンク光による「あんしん乗り換えキャンペーン」の最終確認が取れてから、NURO光を退会することが重要です。

また、契約状況によっては、NURO光を解約する際に、解約違約金や工事費残債の請求があるため、注意しましょう。

→NURO光公式サイトで「キャンセル・解約・退会」について見る

参考

NURO光 FAQ

3.NURO光のレンタル品を返却

NURO光の解約時の電話で、同時にレンタル機器の返却日を打ち合わせします。

指定した日に業者が引き取りに来るため、スムーズな返送が行えるよう、ソフト緩衝材やダンボールでの梱包を済ませておきましょう。

NURO光からの代表的なレンタル品の主な例は、以下の通りです。

  • ONU(回線終端装置)(光ケーブルとセット)
  • スタンド
  • 電源アダプター
  • LANケーブル
  • 簡易ユーザーガイド
  • TA(テレフォニー・アダプター)※NURO光でんわ利用の場合

※ひかりTVチューナーはNURO光からの貸与物ではありません

万一、上記機器を損失・破損してしまった場合は、機器損害金が発生するおそれがあるため要注意です。

4.ソフトバンク光の開通工事を行う

乗り換え先であるソフトバンク光の開通工事を行う際に、その多くは契約者の立ち会いが必要となります。

工事の所要時間は一般的に1~2時間ですが、建物の配線状況によっては長引くこともあるため、スケジュールに余裕があることが望ましいです。

回線工事の内容をイメージすると、基本的に以下の流れとなります。

  1. 光ファイバーケーブルを建物内に引き込む
  2. 室内に光コンセントを設置する
  3. 宅内用の通信機器と接続する

通常、ソフトバンク光が開通するまでの目安は、契約日から大体1~2ヶ月程度です。

なお、新年度や年末年始などの繁忙期は工事依頼が集中するため、希望日時に予約できないこともあります。

5.ソフトバンク光の接続設定を行う

回線工事が完了したら、以下の手順で通信機器の接続設定を行いましょう。

  1. 光コンセントとONUを光コードで接続する
  2. ONUとルーター(光BBユニット)をLANケーブルで接続する
  3. ルーター(光BBユニット)とパソコンをLANケーブルで接続する
  4. ONU、ルーター(光BBユニット)の順番に電源アダプターを接続する
  5. 各機器のランプの点灯を確認し、インターネットに接続する
  6. Wi-Fiの初期設定を行う

各種設定が上手くいかない場合は、公式サイトの案内ページ「各種機器の接続設定方法」や、ソフトバンク光の電話サポートを活用してください。

6. ソフトバンク光で解約違約金の負担などキャンペーンがある場合は書類を提出

ソフトバンク光の乗り換え特典を利用するためには、証明書の提出が必要です。

ソフトバンク光では、他社サービスの解約時に発生する違約金と撤去工事費を満額負担してくれるサービス「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」があります。

この乗り換えキャンペーンの適用を受けるためには、以下3つの情報が必要となります。

  • 氏名(ソフトバンク光の契約者名義と一致していること)
  • 他社サービスが確認できる書類(他社サービス名やプロバイダー名など)
  • 解約時の違約金・解除料金・撤去工事費等の項目と金額

証明書の提出方法は、「My SoftBankからの画像登録」と「郵送での提出」の2パターンから選択できます。

NURO光からソフトバンク光へ乗り換える場合にかかる費用

NURO光からソフトバンク光へ乗り換える場合にかかる費用

NURO光からソフトバンク光への乗り換え料金は、数千円~数万円と契約状況によって異なります。

具体的に乗り換えで発生する費用としては、以下4つの項目が挙げられます。

  1. ソフトバンク光を契約する際の初期費用
  2. NURO光の違約金(契約解除料)
  3. NURO光の回線工事費の残債
  4. NURO光の撤去工事費

2~4は、「ソフトバンク安心乗り換えキャンペーン」の適用によって実質的に費用負担がいらない項目です。

一方で、NURO光を契約期間内で途中解約した際は、契約プランに応じた解約違約金が発生することになります。

また、NURO光の開通工事費は分割払いのため、プランごとの割賦期間を終えていない場合は残債が一括請求される仕組みになっています。

ソフトバンク光からNURO光への乗り換え方法

ソフトバンク光からNURO光への乗り換え方法

これまでとは反対に、ソフトバンク光からNURO光への乗り換え方法は以下の通りです。

  1. NURO光に申し込む
  2. NURO光の宅内工事を行う
  3. NURO光の屋外工事を行う
  4. ソフトバンク光の解約手続きを行う
  5. ソフトバンク光の接続設定を行う

次に、申込みの詳しいやり方や注意点を1項目ずつ見ていきましょう。

1.NURO光に申し込む

まず、NURO光の公式サイトや、販売代理店でプロバイダーの新規契約を行いましょう。

なお、公式ページによると、2022年11月時点では43,000円(不課税)のキャッシュバック*を受け取ることが可能です。

公式サイトの申込みページでは、契約プランや提供エリアを確認した後に、オプションサービスを選択する流れとなります。

「ご契約者情報」「NURO光 設置先住所」「お支払い方法」のほか、宅内工事(1回目)の希望日時までを順番に入力したら手続きは完了です。

また、NURO光の違約金負担キャンペーン(最大20,000円(税込)相当)を利用する場合も、ソフトバンク光を解約する前に公式ページから申し込む必要があります。

NURO光を契約後に専用の「解約違約金証明書貼付シート」が郵送されるため、以下の必要書類を添付したのちに返送してください。

  • 氏名(NURO光の契約名義と同じであること)が確認できる書面
  • 契約していたサービス名・プラン名の情報
  • 解約時の違約金・解除料金・撤去工事費等の項目と金額

2.NURO光の宅内工事を行う

NURO光は、開通までに「宅内工事」と「屋外工事」を合計2回に渡って実施します。

契約から3~4日後に1回目の工事日程がメール通知されるため、日程の確認および調整を行ってください。

宅内工事はNUROが行い、ONU(無線LANルーター機能付き)の設置場所を契約者との相談によって決定します。

戸建ての場合は外壁に光キャビネットと呼ばれる長方形の箱を取り付け、そこから室内に光ケーブルを通し、光コンセントやONUを設置します。

またマンションの場合は、MDFと呼ばれる配線中継ボックスから各部屋へ光ケーブルを通す作業を行います。

宅内工事にかかる時間は、戸建てもマンションも1~2時間程度です。

工事の際は立ち会いすることになりますが、土日祝日に工事を行うと別途3,300円(税込)の費用が発生するため、留意しておきましょう。

3.NURO光の屋外工事を行う

屋外工事は外部の業者が行います。

戸建ての場合は宅内工事で設置した光キャビネットに電柱から光ケーブルを接続し、マンションの場合は同じく電柱からの光ケーブルをMDFへと接続します。

もし、住んでいるマンションがNURO 光 for マンションを利用しているのであれば、すでにMDFまで回線が届いているため、新規申込みの場合でも開通に必要な工事は宅内工事の1回のみです。

NURO 光 for マンションを利用していない住居でもNURO光の利用は可能ですが、個別で契約する必要があるため、必ず管理者に確認を取るようにしてください。

屋外工事までの期間は施工会社の繁忙状況などによって異なるため、目安として「開通までに1~3ヶ月程度かかる」と考えておきましょう。

4.ソフトバンク光の解約手続きを行う

NURO光の開通後に、ソフトバンク光の解約手続きを済ませます。

解約の申込みは、希望日の6日前までにソフトバンク光のサポートセンター「0800-111-6710」に問い合わせることで処理できます。

撤去工事が必要な場合は、コールセンターへの電話中に立ち会い可能な候補日を3つほど申し伝えましょう。

最後に、「SoftBank機器」と「NTT機器」のレンタル品をそれぞれの返却方法で発送し終えると、全ての解約手続きが完了します。

5.NURO光の接続設定を行う

NURO光の初期設定のうち、機器のセッティングおよびネットへの接続は、以下のステップで進めていきます。

  1. 電源ケーブルとONU、ONUとパソコンの配線を接続する
  2. インターネット接続の自動設定を確認する
  3. 無線 LAN機能を使ってWi-Fiの初期設定をする
  4. 有線 LAN の設定をする
  5. インターネットの接続を確認し、ネットワークの設定を行う

万が一、接続トラブルが発生した場合は、公式ページの「インターネットが接続できない」を確認した上でNUROサポートデスクへ問い合わせてください。

ソフトバンク光からNURO光へ乗り換える場合にかかる費用

ソフトバンク光からNURO光へ乗り換える場合にかかる費用

ソフトバンク光からNURO光への乗り換えにかかる手数料は、以下の3つがあります。

  • NURO光を契約する際の初期費用
  • ソフトバンク光の違約金(契約解除料)
  • ソフトバンク光の回線工事費の残債

NURO光への乗り換えにおいては、ソフトバンク光の契約解除料が発生するおそれがあります。

具体的には2年プランで10,450円、5年プランでは16,500円の違約金が、解約月の翌月に請求されます。

ただし、契約成立日が2022年7月1日以降の場合はこの限りではありません。

解除料や契約満了月はMy SoftBankから確認できます。

また、ソフトバンク光の工事費を分割払いしていた場合は、残りの費用を一括で支払う必要があります。

工事費の残債を確認する際は、「My Softbank」で確認するか、あるいはソフトバンク光のサポートセンターへ問い合わせましょう。

NURO光とソフトバンク光はどちらがおすすめ?

NURO光とソフトバンク光はどちらがおすすめ?

NURO光とソフトバンク光では、月額料金や最大速度、対応エリアなどの情報を鑑みるとソフトバンク光がおすすめです。

NURO光はカバーエリアが狭いということもあり、申込み可能な地域が限られてしまうのがネックとなるでしょう。

一方のソフトバンク光は、全国どこでも快適な高速通信が行えるため、コスパの面でNURO光よりも優れているサービスといえます。

また、販売取次店である「GMOとくとくBB」からの申込みをすれば、公式キャンペーンに加えて独自のキャッシュバックキャンペーンを受けることができるため、よりお得に利用できるのです。

双方の違いを明確にするため、下表に両サービスの特徴を比較しました。

2社間での乗り換えを検討されている方は、下記内容をご参照ください。

スクロールできます→

■戸建プランでの比較
NURO光 ソフトバンク光
契約期間 2~3年(縛りなしプランあり) 2~5年(縛りなしプランあり)
エリア 一部地域で利用不可 全国対応
月額料金(戸建ての場合) 2年契約:5,700円

3年契約:5,200円

2年契約:5,170円

5年契約:5,720円

キャンペーン
  • 1年間月額980円/43,000円キャッシュバックのいずれかから選択
  • あんしん乗り換えサポート
  • 基本工事料無料 など
  • SoftBank 光 乗り換え新規で割引キャンペーン
  • SoftBank 光 工事費サポート はじめて割
  • おうち割
  • SoftBank 光 加入特典 など
速度 上り:最大1Gbps

下り:最大2Gbps

上り:最大1Gbps

下り:最大1Gbps

初期費用 事務手数料3,300円 事務手数料3,300円
オプション費用
  • NURO光でんわ:月額330円~550円
  • ひかりTV for NURO:月額1,650円~
  • PS5月額オプション:月額990円~
  • セキュリティサービス:月額550円
  • Yahoo! BB基本サービス:月額330円~
  • 電話サービスの有料オプション:月額110円~550円
  • オプションパック(セット割):550円~1,650円
データ使用量 実質無制限 実質無制限
支払い方法
  • クレジットカード払い
  • 口座振替
  • NTT請求
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • 携帯電話と合算請求
  • ソフトバンクまとめて請求
  • Yahoo! ウォレット請求
  • ソフトバンク請求
キャッシュバック金額 43,000円 0円

※GMOとくとくBB ソフトバンク光では独自キャンペーンで最大36,000円のキャッシュバックキャンペーン実施

契約解除料 2年契約:3,740円

3年契約:3,850円

2年契約:5,720円

5年契約:5,170円

工事費 44,000円(実質無料) 26,400円(実質無料)
セット割の有無 あり*1 あり*1
※価格はすべて税込。キャッシュバックに関しては不課税。
※1 NURO光の「おうち割光セット」の条件は、「NURO光・NURO光でんわのセット」と、ご家族でお使いのソフトバンクのスマホ、3Gケータイ、またはiPadのご利用料金から永年毎月最大1,100円(税込)/台 割引となるサービスです。SoftBank光の場合、「ソフトバンク光」に加えて、指定オプション(光BBユニットレンタル・Wi-Fiマルチパック・BBフォンまたはホワイト光電話または光電話(N)+BBフォンのいずれか)とセットでの加入が必要になります。

ここでは、上記の情報からどちらがおすすめのサービスなのかについて見ていきます。

NURO光の特徴

NURO光は、独自回線(NTTのダークファイバー網)を使用している光回線サービスです。

回線の混雑が発生しにくい利点があるため、高速かつ割安な料金設定を大きな武器としています。

また、ソフトバンク光と同様に、ソフトバンクスマホユーザーであればセット割の適用となるため、お使いの携帯電話料金の割引が受けられるのも大きなメリットの一つです。

一般的なプランの最大速度は下りで2Gbps、「NURO 光 10G」プランでは上り・下りともに、最大10Gbpsの通信速度を実現可能です。

一方で、NURO光の提供エリアは限定的であることや、回線工事が完了するまでに時間がかかるなどのデメリットも挙げられます。

NURO光については以下の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひご一読ください。


ソフトバンク光の特徴

ソフトバンク光とは、NTTの光回線を利用しており、プロバイダー契約と光回線契約がセットになった「光コラボレーション」サービスです。

フレッツ光回線網を使用するため、対応エリアが全国であり、高速かつ安定したインターネット通信が可能になります。

加えて、お使いのスマホがソフトバンクもしくはワイモバイルであれば、セット割が適用されること月々の携帯電話料金が割引となり、通信費全体の料金が格安になるのもポイントです。

ソフトバンク光にも通信速度が最大で10Gbpsになる「SoftBank 光・10ギガ」プランもあります。

ソフトバンク公式からの申し込みではキャッシュバックキャンペーンを実施していませんが、販売取次店である「GMOとくとくBB」からの申し込みであれば、最大36,000円(不課税)のキャッシュバックを受けることができるほか、独自特典を受けることが可能です。


ソフトバンク光の申込みなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

ソフトバンク光の申込みなら「GMOとくとくBB」がおすすめ

画像引用元:GMOとくとくBB

NURO光からソフトバンク光に乗り換える場合は、「GMOとくとくBB」で契約することをおすすめします。

GMOとくとくBBでは、有料オプションに加入する必要性もなく、代理店の中でも高額なキャッシュバックを受け取れます。

そのほか、申込み特典として高性能なWi-Fiルーターが無料で付いてくるのも、GMOとくとくBBならではの魅力です。

ソフトバンク光を業界最安値で申込みたい方は、GMOとくとくBBの利用をぜひご検討ください。

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook Twitter Twitter
シンプルに安い速い とくとくBB光