• auひかり
  • WiMAX
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

インターネットのおすすめは光回線!プロバイダー別に料金・速度を比較

インターネット回線やプロバイダーには、さまざまな提供事業者が存在します。

それぞれの回線事業者やプロバイダーによって通信品質や料金などが異なるため、自分の用途に照らして適切なサービスを選ぶことが大切です。

この記事では、おすすめのインターネット光回線や、プロバイダーごとの速度・料金について紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

インターネットに接続するならおすすめは光回線

インターネットのおすすめは光回線

まずインターネットに接続するための回線(=インターネット回線)の種類について説明します。

インターネット回線には、主に以下の4種類があります。

  • 光回線(NTTフレッツ光等)
  • ケーブルテレビ(CATV)回線(J:COM等)
  • ADSL回線(受付終了)
  • モバイル回線(3大キャリア等)

どの回線もそれぞれ特徴がありますが、通信速度の速さや安定性などを踏まえるとおすすめは光回線です。

インターネット回線は4種類

前述した通り、インターネット回線は、光回線・モバイル回線・CATV回線・ADSL回線の4種類に分かれます。

それぞれの回線の月額料金相場や通信速度を比較したものが下記の表です。

光回線 モバイル回線 CATV回線 ADSL回線
月額料金相場 戸建て:約5,500円
マンション:約4,000円
サービスによって価格の幅が非常に大きい 約3,000円〜 約3,000~5,000円
最大通信速度 1~10Gbps 4.2Gbpsなど 1Gbps 48Mbps
実質平均通信速度 約250~320Mbps 利用する回線種別によって幅が大きい 約20~150Mbps 約10Mbps~
※ドコモhome 5Gを参照

インターネット回線とWi-Fiの違いって?

Wi-Fiと聞くと「接続すればインターネットが使える無線電波」と誤認されることが非常に多いですが、実際には「Wi-Fi」とは無線通信の技術規格を指し、ケーブルを用いないで情報をやりとりできる「手段」に過ぎません。

Wi-Fiは「インターネットに接続できる手段」ではなく「無線通信の手段」を指すのです。

詳しい解説は下記の記事にありますので、気になる方は参考にしてみてください。

光回線は通信速度が安定していて速い

上記の比較表から分かる通り、最大通信速度、実質平均通信速度ともに光回線が他の回線に比べて圧倒的に上回っています。

加えて、光回線は、他の回線に比べて安定して高速な通信速度が出ている点も特徴です。

そのため、オンラインゲームを楽しみたい方や大容量の動画コンテンツを閲覧する機会の多い方は、インターネットを快適に利用するためには光回線を選ぶことがポイントとなるでしょう。

【事業者別】おすすめの光回線プロバイダーを比較

【事業者別】おすすめの光回線プロバイダーを比較

ここでは、光回線の中で特におすすめできるプロバイダーについて、戸建てとマンション別にそれぞれ比較します。

なお、光回線には回線事業者とプロバイダーを別々に契約する場合と、回線事業者とプロバイダーがセットになった「光コラボ」で契約する場合があります。

光回線事業者 おすすめのプロバイダー 実質平均通信速度 月額料金 セット割 主な特典・キャンペーン
auひかり GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン)
上り:718.36Mbps
下り:950.45Mbps
戸建て
2-12ヶ月:5,610円
13-24ヶ月:5,500円
25ヶ月目以降:5,390円
マンション:3,470円〜
・auスマートバリュー適用で最大月額1,100円/台割引/UQモバイル自宅セット割インターネットコース適用で最大月額858円/台割引
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック
  • auひかり電話加入で最大77,000円キャッシュバック
  • 実質工事費無料
  • 高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント

など

ドコモ光 GMOとくとくBB 上り:225.06Mbps
下り:287.56Mbps
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
ドコモ光セット割:
ファミリー割グループ内にドコモ光契約者がいれば、スマホ1回線につき携帯料金を最大1,100円割引
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 新規工事費無料
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • ・他社から乗り換えで解約違約金を最大20,000円分還元など
Softbank光 Yahoo!BB 上り:209.55Mbps
下り:313.83Mbps
戸建て:実質4,679円
マンション:実質3,139円
おうち割光セットでソフトバンクスマホが最大月額1,100円/台割引・Y!mobileスマホが最大月額1,188円/台割引※他割引併用不可 ・25,000円分キャッシュバック
・回線工事費26,400円割引
・他回線からの乗り換え満額還元 など
NURO光 So-net 上り:446.06Mbps
下り:504.78Mbps
戸建て/マンション:5,200円(NURO 光 2ギガ(3年契約) プラン)*2 NURO光とNUROモバイル同時申込で月額792円×12ヶ月間割引/NUROモバイル利用者がNURO光を申し込んだ場合月額330円×12ヶ月間割引
NURO光電話利用ならおうち割光セットでソフトバンクスマホが最大月額1,100円/台割引
・月額料金が1年間980円もしくは43,000円キャッシュバックなど
So-net光プラス So-net 上り:214.43Mbps
下り:290.15Mbps
戸建て:6,138円
マンション:4,928円
So-net光minicoもしくはSo-net光プラスとNUROモバイル同時申込で月額792円×12ヶ月間割引*3 ・60,000円キャッシュバック
・Wi-Fiルーター無料
・回線工事費26,400円割引など
※価格はすべて税込/キャッシュバックに関しては不課税
※1 実測平均速度は「みんなのネット回線速度」を参照
※2 NURO光 for マンションの場合は除く
※3 すでにNUROモバイルを利用している方は特典の対象外
光コラボについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

画像引用元:GMOとくとくBB

おすすめの光回線プロバイダーとしてまず挙げられるのは、GMOとくとくBBです。GMOとくとくBBは、ドコモ光やauひかりと提携して光回線を提供しているプロバイダーです。

GMOとくとくBBの大きな魅力は、手厚い特典やキャッシュバックキャンペーンにあります。

例えばauひかりでは、電話とネットの申込みで最大77,000円(不課税)ものキャッシュバックを受けられるキャンペーンがあり、圧倒的にお得なプロバイダーとなっています。

また、auスマホとUQスマホでそれぞれ割引ができるなど、契約者にとって嬉しい制度が豊富です。

おすすめの光回線プロバイダーで迷った際は、まずはGMOとくとくBBを検討してみるとよいでしょう。

契約期間 戸建て:

  • 3年契約(ずっとギガ得プラン)
  • 2年契約(ギガ得プラン)

マンション:2年契約(標準プラン)

月額料金
(auひかり)
戸建て
2-12ヶ月:5,610円
13-24ヶ月:5,500円
25ヶ月目以降:5,390円
マンション:3,470円〜
その他手数料 3,300円
新規工事費 工事費:

  • 戸建て:41,250円〜
  • マンション:33,000円〜

※工事費は毎月料金から値引きされるため実質無料

セット割 auスマートバリュー適用で最大月額1,100円/台割引
UQモバイル自宅セット割インターネットコース適用で最大月額858円/台割引
キャッシュバック 電話とネットの申込みで最77,000キャッシュバックなど
解約違約金 戸建て:4,730円
マンション:2,290円〜
※工事費用分割払い期間内の解約で別途工事費用の精算あり/回線撤去希望の場合は別途請求あり
回線撤去費用 31,680円
その他特典 ・高性能Wi-Fiルータープレゼントなど
※価格はすべて税込

Yahoo!BB

Yahoo!BB

画像引用元:Yahoo!BB

Yahoo!BBは、ソフトバンク株式会社が提供するプロバイダーです。ソフトバンクとY!mobileとのスマホセット割りなどが充実しています。

そのため、すでにソフトバンク/Y!mobileのスマホを使っていて光回線の契約を検討している方などにとって、おすすめできるプロバイダーとなります。

契約期間 2年
月額料金 戸建て:実質4,679円
マンション:実質3,139円
その他手数料 3,300円
新規工事費 26,400円
セット割 おうち割光セットでソフトバンクスマホが最大月額1,100円/台割引・Y!mobileスマホが最大月額1,188円/台割引※他割引併用不可
キャッシュバック 25,000円分キャッシュバックなど
解約違約金 戸建て:5,720円(ファミリーの場合)
マンション:4,180円(マンションの場合)
※工事費用分割払い期間内の解約で別途工事費用の精算あり/回線撤去希望の場合は別途請求あり
撤去費用 なし
その他特典 他回線からの乗り換えサポートなど
※価格はすべて税込

So-net

So-net

画像引用元:So-net

So-netは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しているプロバイダーです。

NTT東西のフレッツ光回線を利用した「So-net光 プラス」や高速通信のテレビCMなどで有名なNURO光の提供も行なっています。

高速無線ルーターの無料レンタルなども行っているため、NURO光を使って高速に通信したい方などにとっておすすめできるプロバイダーです。

契約期間 2年/3年
月額料金
(NURO光の場合)
戸建て/マンション:5,200円(NURO 光 2ギガ(3年契約) プラン)*1
その他手数料 3,300円
新規工事費 44,000円
セット割 NURO光とNUROモバイル同時申込で月額792円×12ヶ月間割引/NUROモバイル利用者がNURO光を申し込んだ場合月額330円×12ヶ月間割引
NURO光電話利用ならおうち割光セットでソフトバンクスマホが最大月額1,100円/台割引
キャッシュバック ・月額料金が1年間980円もしくは43,000円キャッシュバックなど
解約違約金 NURO 光 2ギガ(3年契約)」場合:3,850円
NURO 光 2ギガ(2年契約)場合:3,740円
撤去費用 11,000円
その他特典 オプションサービス「NURO スマートライフ」の事務手数料無料&月額料金最大6か月無料など
※価格はすべて税込
※1 NURO光 for マンションの場合は除く

光回線のプロバイダーを選ぶときのポイント

光回線のプロバイダーを選ぶときのポイント

光回線のプロバイダーを選ぶ際のポイントとしては、以下が挙げられます。

  • 通信速度が早い
  • 料金が安い
  • 特典・キャンペーンが充実している
  • 契約内容が自分に合っている

通信速度が速い

インターネットは、生活の中で毎日利用する必需サービスといっても過言ではありません。

快適にインターネットを利用するためには、通信速度が速いプロバイダーを選ぶことが重要です。

通信速度は、通信方式や利用者数、設備の充実度などによって決まり、これらの要素はプロバイダーによってさまざまです。

例えば通信方式でいえば「IPv6」に対応しているかどうかを確認するとよいでしょう。IPv6であれば、従来のIPv4よりも通信の混雑が少なく、高速な通信が期待できます。

料金が安い

インターネット料金は、毎月発生します。そのため、できる限り料金の安い回線を選ぶことも大事なポイントです。

料金プランは、プロバイダーやお住まいの住居(自宅・アパート・集合住宅など)によって異なります。

また、料金は月額料金だけを見るのではなく、割引やキャンペーンを含めた実質料金で考えるようにしましょう。

特典・キャンペーンが充実している

先述した料金の安さを決める大きな要素として、特典・キャンペーンが存在します。

特典・キャンペーンは、それぞれのプロバイダーが多種多様なプランを考えて提供しています。

例えば「GMOとくとくBB auひかり(キャッシュバックキャンペーン)」であれば、電話とネットの申込みで最大77,000円のキャッシュバックを受けられるため、非常にお得なキャンペーンです。

光回線を契約する際は、特典・キャンペーンの情報も忘れずに確認しましょう。

契約内容が自分に合っている

光回線を契約する際は、契約内容が自分の用途に合っているかどうかを確認することも重要です。

例えばインターネット契約期間は、必ず確認しておくべきポイントとなります。

もし引越しなどによって途中で解約しなければならなくなった場合、違約解約金が発生し、計画外の出費となってしまうのです。

また、Wi-Fiの貸し出しをしているプロバイダーであればインターネット利用の用途の幅が広がるため、貸し出しを行っているかどうかを契約時に確認しておくとよいでしょう。

工事ができない場合はモバイル回線がおすすめ

工事ができない場合はモバイル回線がおすすめ

光回線は高速なインターネット通信ができる点などにおいて大きな魅力がありますが、利用の際は工事が必要となります。

そのため、賃貸など工事ができない住居にお住まいの方は、光回線の契約ができない方もいるでしょう。

そのような方にとっては、インターネット利用の際はモバイル回線がおすすめです。

モバイル回線でWi-Fi環境を構築する手段として、大きく「ホームルーター(ホームWi-Fi/置くだけWi-Fi)」と「モバイルルーター(モバイルWi-Fi/ポケットWi-Fi)」があります。

代表的なホームルーター(ホームWi-Fi/置くだけWi-Fi)サービス

代表的なホームルーターサービス

ここでは、ホームルーター(ホームWi-Fi/置くだけWi-Fi)に関して、代表的なサービスを紹介していきます。

サービス名 月額料金 実質平均通信速度* データ使用量 特典・キャンペーン
WiMAX +5G
(GMOとくとくBBの場合)
契約月:3,553円の日割り
1-24ヶ月目:3,553円
25-35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
上り:12.24Mbps
下り:82.44Mbps
実質無制限 他社から乗り換えなら最大49,000円(不課税)キャッシュバックなど
SoftBank Air 契約初月:5,368円(税込)の日割り
以降:5,368円(税込)*1
上り:6.89Mbps
下り:61.85Mbps
実質無制限 他社から乗り換えで発生する解約違約金などを最大10万円まで還元など*2
auホームルータープラン5G 初月~24ヶ月目:4,620円
25ヶ月目以降:5,170円
上り:14.99Mbps
下り:92.75Mbps
実質無制限 5Gルーター割で月額550円割引×24ヶ月間など
ドコモ home5G
(GMOとくとくBB)
契約月:4,950円の日割り
以降:4,950円
上り:20.57Mbps
下り:211.2Mbps
実質無制限 GMOとくとくBBからの申込みで18,000円分のAmazonギフト券プレゼントなど
※価格はすべて税込
※実質平均速度に関しては「みんなのネット回線速度」を参照
※1 SoftBank Airスタート割プラス適用時は1,188円(税込)×24ヶ月分割引となります。適用には条件があるため詳しくはこちらをご覧ください。
※2 キャッシュバックの対象は他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド端末代金の残債です。キャッシュバック金額は合計で最大10万円(不課税)となります。ただし、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債に対するキャッシュバック金額は42,000円を上限となります。これ以外にも期間限定キャンペーンを実施している場合があります。詳細はこちらをご覧ください。

上記の表から、最も月額料金が安く、特典・キャンペーンが充実しているのはWiMAX +5Gであることがわかります。一方、通信速度においてはドコモ home5Gが高速であるといえます。

代表的なモバイルルーター(モバイルWi-Fi/ポケットWi-Fi)サービス

代表的なモバイルWi-Fiサービス

続いて、モバイルルーター(モバイルWi-Fi/ポケットWi-Fi)に関して、代表的なサービスを紹介していきます。

サービス名 月額料金 実質平均通信速度 データ使用量 特典・キャンペーン
WiMAX +5G
(GMOとくとくBB)
契約月:3,553円の日割り
1-24ヶ月目:3,553円
25-35ヶ月目:4,103円
36ヶ月目以降:4,708円
上り:12.24Mbps
下り:82.44Mbps
実質無制限 他社から乗り換えなら最大49,000円(不課税)キャッシュバックなど
Rakuten WiFi Pocket 0-3GB/月:1,078円
3-20GB/月:2,178円
20GB-/月:3,278円
上り速度:16.9Mbps
下り速度:22.05Mbps
実質無制限 本体価格実質0円キャンペーンなど
au モバイルルータープラン5G 契約初月:4,908円の日割り
1-24ヶ月目:4,908円
以降:5,458円
上り速度:0.85Mbps
下り速度:52.11Mbps
実質無制限 5Gルーター割で月額550円割引×24ヶ月間など
ドコモ5Gギガホプレミア 7,315円*1 上り速度:27.93Mbps
下り速度:132.37Mbps
実質無制限 はじめてスマホ割りなど
ソフトバンク
データ通信専用50GBプラン
5,280円*1 ※データなし 50GB ※データなし
※価格はすべて税込
※1 データ端末の購入が別途必要
モバイルWi-Fiは携帯性に優れていますが、その反面、全体的にホームルーターと比べて通信速度が遅くなる傾向にあります。また、データ使用量にも制限がある場合があるため注意しましょう。

よくある質問

よくある質問

ここでは、インターネット回線に関してよくある質問に対して回答します。

戸建てにおすすめのインターネット回線は?

戸建てに住んでいる方におすすめのインターネット回線は、光回線です。

光回線はインターネット回線の中でも高速通信が可能であるため、快適にインターネットを利用する上では最適な選択肢といえます。

光回線を利用する際は工事が必要となりますが、戸建ての場合は基本的に工事を実施しても問題ないでしょう。

マンション等集合住宅におすすめのインターネット回線は?

マンションにお住まいの方にもおすすめできるインターネット回線は、工事を実施しても問題なければ、安定して高速通信ができる光回線を推奨します。

ただし、賃貸マンションなどの場合、工事を行うことが難しい場合もあるでしょう。

その場合は、モバイル回線を検討してみてください。モバイル回線にはホームルーターとモバイルWi-Fiの2種類があります。

インターネットを自宅メインで利用するのか、外出先で利用する機会が多いのかなどのさまざまな要素を考慮して、どちらを契約するかを判断するとよいでしょう。

自宅で利用中のインターネットが遅いと感じたら?

もし自宅で使っているインターネットが遅いと感じたら、まずは自宅の通信環境を確認することが大切です。

例えばルーター端末が家電製品など他の電波を発する製品の近くにないか、通信を受信しやすい窓際などに設置されているかなどを確認してみてください。

自宅の通信環境を整えても通信速度が改善されない場合は、回線事業者やプロバイダーの乗り換えも検討してみましょう。

乗り換えの際は、他社からの乗り換え負担キャンペーンなどが適用される場合もあるため、忘れずに確認しておくことが大切です。

自分に合ったインターネット回線とプロバイダーを選ぼう

自分に合ったインターネット回線とプロバイダーを選ぼう

インターネット回線には、光回線・モバイル回線・CATV回線・ADSL回線の4種類があります。

それぞれの回線によって通信速度や料金相場が異なりますが、4種類の回線の中で最も通信が安定していて高速であるのは光回線です。

そのため、安定性の高い高速通信を実現したい場合は、光回線を検討するとよいでしょう。

賃貸マンションにお住まいの方などで光回線の工事が難しい場合は、モバイル回線もおすすめです。

モバイル回線には大きく「ホームルーター」と「モバイルWi-Fi」があり、インターネットを自宅で利用するか、あるいは外出先で利用するかによって検討するとよいでしょう。

光回線やモバイル回線を選ぶ際は、通信速度や料金、契約内容、特典・キャンペーンなどを総合的に判断して検討することが大切です。しかしながら、回線事業者やプロバイダーによって通信品質や契約内容、料金などが異なるため、初心者の方などは自分に合ったインターネット回線とプロバイダーを選ぶことが難しい場合も多いでしょう。

GMOとくとくBB」なら、光回線、モバイル回線ともに快適かつお得に利用可能なプランやキャンペーンを提供しています。例えばGMOとくとくBBは光回線であればドコモ光とauひかりのプロバイダーとなっており、モバイル回線であればWiMAX +5Gなどの取り扱いをしているため、さまざまな利用ニーズに対応可能です。

自分に合ったインターネット回線やプロバイダーを見つけたい方は、「GMOとくとくBB」を検討してみてください。

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook Twitter Twitter