• auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

戸建てでインターネットを使うには?おすすめのWi-Fiの選び方を解説

これから戸建てに住むという場合、インターネット環境をどう構築すればよいか気にする方は多いのではないでしょうか。実際、マンション住まいと戸建て住まいでは、必要なインターネット環境は大きく異なります。

この記事では、新築でマイホームを購入した場合など戸建て住まいを始める方向けに、快適なインターネット環境を実現するためのサービスの選び方について解説します。

戸建てで利用できるWi-Fiのインターネット回線は3種類

戸建てで利用できるWi-Fiのインターネット回線は3種類

戸建てでWi-Fi環境を構築しようとした場合、一般的には光回線、ホームルーター、モバイルルーターの3種類から手段を選ぶことになります。

それぞれの月額料金の相場、特徴は以下のようになっています。

スクロールできます→

Wi-Fi環境構築手段 光回線 ホームルーター モバイルルーター
月額の料金相場 4,000円~6,000円 3,000円~5,000円 3,000円~4,000円
工事の有無
持ち運び 不可 不可*

※UQコミュニケーションズ株式会社が提供しているUQWiMAXおよびWiMAX販売代理店サービスは除く

光回線

光回線とは、光ファイバーを使ったインターネット回線です。光ファイバーは、情報を光信号に変換するため高速通信ができることが特徴です。

また、電磁波をはじめとした外部からの影響を受けにくいため、通信が安定しています。

光回線を戸建てで利用する場合、1本の光ファイバーケーブルを利用できるので、安定した高速通信が期待できることがメリットです。

一方、光回線を導入するには回線の設置工事が必要であり、工事費用が発生することはデメリットといえるでしょう。月額料金についても、ホームルーターと比較して高くなることが多いです。

ホームルーター

ホームルーターは、コンセントにつなぐだけでインターネット接続が可能な据え置き型のルーターです。

戸建てでホームルーターを使う場合は、光回線とは異なり工事が不要であるため、気軽に利用できることがメリットになります。

また、設定もSSID、パスワードの入力のみで完了することも嬉しいポイントです。一方で、光回線と比較すると通信が安定せず、特定の時間帯では通信制限の影響を受ける可能性があります。

モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiは、外出先にも持ち出せることが大きな特徴です。また、比較的安価であることが多いため、一人暮らしの場合はコストパフォーマンスのよい選択肢であるといえるでしょう。

一方で、複数人でインターネット回線を利用したい場合や、インターネットの利用頻度が多くなる場合は、通信容量・速度が不十分になる可能性があります。

また、ホームルーターと比較して電波強度が弱いため、電波が十分に行き渡らずに壁を隔たり階数が異なると低速化しやすいというデメリットも考えられます。

戸建てで使うインターネット回線を選ぶポイント

戸建てで使うインターネット回線を選ぶポイント

戸建て住まいの方がインターネット回線を選ぶ際に着目すべきポイントについて解説します。

セット割引の有無で選ぶ

インターネット回線とスマホのセット割引が宣伝されているのを見たことがある方もいるかもしれません。

インターネット回線を選ぶ際には何かをセットで申し込むと割引になるケースがあるため、うまく利用すればインターネット回線以外の通信費削減につながります。

インターネット回線の検討とあわせて、家計の見直しをしたい場合は、セット割引の有無を判断基準にしてもよいでしょう。

対応エリアで選ぶ

光回線とホームルーター/モバイルルーターは、サービスごとに対応エリアが決まっています。

残念ながら対応エリア外に自宅がある場合は、そのサービスを利用できません。インターネット回線を選ぶ際は、自宅が対応エリア内にあるかどうかを確認するようにしましょう。

料金で選ぶ

インターネット回線の料金は月額の固定費となるため、家計にとっては負担がかかります。

そのため、インターネット回線にかけられる予算を決めた上で選ぶことが重要です。

実際に選ぶ際は、月額料金だけではなく工事費などの初期費用、解約違約金などもチェックしましょう。広い視野でコストを試算するようにしてください。

通信速度で選ぶ

インターネットを快適に利用する上で、通信速度は重要な要素です。

特にテレワークでオンライン会議に参加することが多い方や、高画質で動画視聴したい方にとって、安定して通信速度がでることは欠かせない要件です。

自身のライフスタイルを考慮した上で、最適な通信速度を備えたインターネット回線を選びましょう。

契約内容で選ぶ

インターネット回線を選ぶ上で、契約内容も重要な要素です。

契約内容よっては、一定期間内の解約で解約違約金が発生することがあり、コストに関わってくることもあります。

また、ホームルーターやモバイルルーターの場合は、機器がレンタルか買取かで月々の費用が変わることもあるでしょう。

キャンペーンの内容で選ぶ

インターネット回線を選ぶ際には、キャンペーンの内容で比較するのもおすすめです。

例えば、春先の新生活応援キャンペーンで新規契約時に工事費が無料になることがあります。

対象期間内に契約すれば、費用面で大きなメリットが期待できるため、キャンペーン情報を積極的に集めるとよいでしょう。

戸建てにおすすめの光回線

戸建てにおすすめの光回線

ここでは、戸建てにおすすめの光回線について解説します。掲載してある料金は、注釈がない限りすべて戸建てで利用した際の料金です。

スクロールできます→

サービス名 月額料金 最大通信速度
(下り)
工事費用の有無
GMOとくとくBB光 4,928円(税込) 1Gbps
ソフトバンク光 5,720円(税込) 1Gbps
楽天ひかり 5,280(税込) 1Gbps

GMOとくとくBB光

光回線のおすすめは「GMOとくとくBB光」

GMOインターネットグループが提供する「とくとくBB光」は、NTT東西が提供する「フレッツ光回線」とインターネット接続に必要なプロバイダをセットで利用できる「光コラボレーション」サービスです。

安価かつシンプルな料金プランでありながら、比較的高速な通信が期待できるのが特徴となっています。

また、光回線に必要なルーターが0円でレンタルでき、3年間の継続利用でプレゼントされるという特典もあることから非常に人気が高いサービスです。

他のインターネットサービスでは、ルーターを自費で準備する必要があるため、非常に魅力的ではないでしょうか。

スクロールできます→

月額料金 3,883円(税込)
その他手数料 事務手数料:3,300円(税込)
割引・キャンペーン 工事費割引:330円/月

GMOとくとくBB光の詳細はこちら

ソフトバンク光

ソフトバンク光

スマホキャリアであるソフトバンクが提供する「ソフトバンク光」は、携帯電話料金の割引をセットにしたプランが特徴です。

ソフトバンクユーザーにはメリットが多いサービスといえるでしょう。

スクロールできます→

月額料金 5,720円(税込)
その他手数料 契約事務手数料:3,300円(税込)
割引・キャンペーン ソフトバンクスマホの携帯電話料金が毎月1,100円(税込)/回線 割引

先述したGMOとくとくBBは、2022年9月よりソフトバンク光とも提携を開始いたしました。

お得なキャンペーンも実施していますので、ぜひチェックしてみてください。

GMOとくとくBB×ソフトバンク光をチェック

楽天ひかり

楽天ひかり

「楽天ひかり」は、楽天モバイルのスマホとセットで契約することで、月額基本料が1年間無料になるキャンペーンを開催しています。

そのほかにも、楽天ポイントの付与など楽天ユーザーにお得なメリットがあります。

スクロールできます→

月額料金 5,280円(税込)
その他手数料 契約事務手数料:3,300円(税込)
割引・キャンペーン 楽天モバイルのスマホ契約がある場合は、「楽天ひかり」の月額基本料が1年無料

戸建てにおすすめのホームルーター

戸建てにおすすめのホームルーター

ここでは、戸建てにおすすめのホームルーターを4つ紹介します。

  • SoftBank Air
  • auホームルーター 5G
  • ドコモ home 5G
  • UQ WiMAX

それぞれの概要は下記のとおりです。

スクロールできます→

サービス名 月額料金 最大通信速度
(下り)
対応エリア 月間データ
通信容量
SoftBank Air 5,368円(税込) 2.1Gbps 実質無制限
auホームルーター 5G 5,170円(税込) 2.7Gbps 実質無制限
ドコモ home 5G 4,950円(税込) 4.2Gbps 実質無制限
UQ WiMAX 4,950円(税込) 2.7Gbps 実質無制限

次から詳しく解説していきます。

SoftBank Air

ソフトバンクair

「SoftBank Air」も「ソフトバンク光」と同じく、ソフトバンクエアーの契約でソフトバンクの携帯電話料金が割引されるシステムになっています。

ソフトバンクユーザーの方におすすめのサービスです。

スクロールできます→

月額料金 5,368円(税込)
その他手数料 契約事務手数料:3,300円(税込)
割引・キャンペーン ソフトバンクスマホの携帯電話料金が毎月1,100円(税込)/回線 割引

auホームルーター 5G

auホームルーター 5G

「auホームルーター 5G」は、KDDI株式会社が提供するサービスのため、au/UQモバイルのスマホを契約している方は携帯電話料金の割引を受けられます。

au /UQモバイルユーザーの方におすすめのサービスです。

スクロールできます→

月額料金 5,170円(税込)
その他手数料 契約事務手数料::3,300円(税込)
割引・キャンペーン 加入から25ヵ月間は550円(税込)/月割引

ドコモ home 5G

「ドコモ home 5Gプラン」は、NTTドコモが提供するサービスです。home5gプランでは他社ホームルーターと異なり、標準で「プラチナバンドが利用できる」という特徴を持っています。

プラチナバンドは「700-800MHz」という屋内でも繋がりやすい周波数帯域となっているため、ソフトバンクエアーやauホームルーター5G、WiMAX +5Gと比較すると屋内での速度低下が少ないというメリットを備えているのです。

また、ドコモのスマホとセット割引が提供されているためドコモユーザーにおすすめです。

スクロールできます→

月額料金 4,950円(税込)
その他手数料 契約事務手数料:3,300円(税込)
(ドコモショップ・量販店で申込みする場合)
割引・キャンペーン 「ドコモのギガプラン」加入で家族全員の
スマホ料金を最大1,100円(税込)割引

UQ WiMAX

「UQ WiMAX」は、WiMAXの提供者であるUQコミュニケーションズ株式会社が運営しています。

WiMAXを初めて使う方で、店舗でのサポートを受けたい方におすすめです。auホームルーター5G同様にauユーザー/UQモバイルユーザーはセット割を受けることができます。

スクロールできます→

月額料金 4,950円(税込)
その他手数料 登録料(事務手数料):3,300円(税込)
割引・キャンペーン クレジットカード払い、かつauスマートバリュー/UQ自宅セット割インターネットコースに加入した場合、最大15,000円のキャッシュバック

ホームルーターについてはこちらの記事もチェックしてみてください。

戸建てにおすすめのモバイルWi-Fi

戸建てにおすすめのモバイルWi

ここでは、戸建て住まいをしている方におすすめのモバイルWi-Fiについて解説します。

スクロールできます→

サービス名 月額料金 最大通信速度
(下り)
対応エリア 月間データ
通信容量
ドコモ(Wi-Fi STATION SH-52B) 7,315円(税込) 4.2Gbps 実質無制限
au(Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01) 5,458円(税込) 2.7Gbps 実質無制限
ソフトバンク(Pocket WiFi 5G A101ZT) 5,280円(税込) 2.4Gbps 50GB
Rakuten WiFi Pocket 3,278円(税込) 150Mbps 実質無制限

ドコモ(Wi-Fi STATION SH-52B)

Wi-Fi STATION SH-52B

「Wi-Fi STATION SH-52B」は、NTTドコモが提供するモバイルWi-Fiです。

NTTドコモの回線が使えるため、安定した通信が期待でき、外出先でインターネットを頻繁に使う方にはおすすめです。

ただし、月額費用が他社と比較して高額となっていることや端末代金の35,640円(990円×36回払い ※税込)が別途かかってくるため、注意が必要でしょう。

スクロールできます→

月額料金 7,315円(税込)
その他手数料 契約事務手数料:3,300円(税込)
割引・キャンペーン -

au(Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01)

「Speed Wi-Fi 5G X11 NAR01」はKDDI株式会社が提供するモバイルWi-Fiサービスです。

オンラインショップでの購入で端末代金が大幅に割引されるため、オンラインでの手続きに慣れている方は検討するとよいでしょう。

スクロールできます→

月額料金 5,458円(税込)
その他手数料 契約事務手数料:3,300円(税込)
割引・キャンペーン 5Gルーター割適用で▲550円(税込)/月

オンラインショップでの購入で16,500円(税込)割引

ソフトバンク(Pocket WiFi 5G A101ZT)

ソフトバンクが提供する「Pocket WiFi 5G A101ZT」は、3種類のプランから選択可能です。

  • データ通信専用50GBプラン|月間50GBまで利用可能
  • データ通信専用3GBプラン|月間3GBまで利用可能。時間制ギガ無制限オプション(1時間110円~ ※税込)
  • データシェアプラン|ソフトバンクのスマホのデータ容量をシェア(メリハリ無制限とセットの場合は30GB /月が上限)

利用者のニーズに合った柔軟な選択肢が用意されている点がメリットでしょう。

スクロールできます→

月額料金 5,280円(税込)|データ通信専用50GBプラン
990円(税込)|データ通信専用3GBプラン
1,078円(税込)|データシェアプラン
その他手数料 契約事務手数料:3,300円(税込)
割引・キャンペーン データ通信専用3GBプランのみ利用翌月から
5年間990円(税込)、基本料3ヶ月無料
※62ヶ月目から1,408円(税込)/月

Rakuten WiFi Pocket

「Rakuten WiFi Pocket」は、楽天モバイルが提供するサービスです。

楽天モバイルをはじめ、楽天のサービスを日常的に使っている方にはお得なキャンペーンがあります。

ほかのキャリアと比較すると若干利用エリアの狭さや繋がりにくさがあるという口コミもありますが、実質月間パケットが無制限(自社回線エリアのみ)で月額3,278円(税込)と大変安価となっているため、通信品質よりも安さを求める方におすすめのサービスです。

スクロールできます→

月額料金 3,278円(税込)※20GB以上
その他手数料 無料
割引・キャンペーン 初めて楽天モバイルを利用する場合は、5,000ポイントの還元

戸建てでWi-Fiを契約する際の注意点

戸建てでWi-Fiを契約する際の注意点

ここでは、戸建てで光回線、ホームルーター、モバイルルーターを契約する際の注意点について解説します。

光回線は工事の必要がある

光回線を戸建てで使うためには工事が必要です。工事にあたっては立ち合いのもと行うため、日程調整の上で工事当日の予定を空けておくようにしましょう。

また、住んでいる場所によっては、回線を引き込めず工事ができなくなるケースがあります。事前に工事が可能か確認してから契約の申込みをしてください。

通信速度が遅くなる場合がある

戸建てでインターネット回線を利用する際は、通信速度が遅くなる可能性があることに注意しましょう。

ホームルーターやポケット型Wi-Fiの場合は光回線ほど通信速度が速くないため、複数人が同時にインターネットを使うと回線速度が同時に接続した人数分に等分されてしまい、一人当たりの通信速度が遅くなります。

また、インターネット利用者が増える夜間にも、通信速度が落ちる可能性があることは覚えておくとよいでしょう。

ルーターの設置場所に注意する

戸建ての場合は、ルーターの設置場所に注意する必要があります。

戸建てのインターネットは、広い範囲に電波を行き渡らせなければなりません。しかし、家具や壁などの障害物が多いとWi-Fiルーターから電波が届かず、インターネットにつながりにくくなります。電子レンジなどの電波を発する家電からも遠ざけた方がよいでしょう。

また、二階建て、三階建ての場合も床や天井があるため電波が届きづらくなります。この場合は、中継器をWi-Fiルーターの真上、または真下になる位置に置くことで電波が届きやすくなることが多いです。

おすすめのルーター設置場所

  • 光回線に接続した無線LANの場合|使用頻度の高い部屋、フロアの中央
  • ホームルーター・モバイルルーターの場合|使用頻度の高い部屋、窓など屋外に近い場所

戸建でのインターネット回線なら「GMOとくとくBB」がおすすめ

戸建でのインターネット回線なら「GMOとくとくBB」がおすすめ

戸建てでインターネット回線を利用するにあたって、何を選べばよいかわからない方も多いことでしょう。

しかし、インターネットは生活のインフラですので、今回紹介した比較ポイントを参考にして、丁寧に検討することが重要です。

数あるサービスの中でも「GMOとくとくBB」は、安定かつ高速の通信環境が期待できるWi-Fiを多く扱っています。

「GMOとくとくBB」で、戸建て暮らしにおける快適なインターネット環境を実現しましょう。

GMOとくとくBBで快適なネット環境を作る

 

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。

GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook Twitter Twitter