Wi-Fi
  • WiMAX
  • 比較

この記事はPRを含みます

挿すだけWi-Fi (ホームルーター)のおすすめ5選!選ぶポイントも解説

挿すだけWi-Fiは、一般的には「ホームルーター」という名称で呼ばれています。

インターネット回線の開通工事が不要で、ルーターが届いたその日から高速なインターネット回線を利用できるのが特徴です。

挿すだけWi-Fiを導入しようか検討している方のなかには、「どの挿すだけWi-Fiを選べばよいかわからない」「選ぶときのポイントが知りたい」などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、挿すだけWi-Fiのおすすめサービス5選や選ぶポイントなどについて解説します。自分に合った、挿すだけWi-Fiを探す際の参考にしてみてください。

Wi-Fi全般についてのおすすめ比較は下記の記事で詳しく解説しています。

挿すだけWi-Fiとは

挿すだけWi-Fiとは

そもそも挿すだけWi-Fiとは、名前の通り、コンセントに挿すだけで使用できるWi-Fiルーターのことで、別名「ホームルーター」や「置くだけWi-Fi」とも呼ばれます。

モバイル回線を使用するため、自宅に回線を引き込む工事が不要で、ルーターが届いた日から利用できます。

挿すだけWi-Fiは、「届いたその日からWi-Fiを利用したい」「自宅のWi-Fi環境を改善したい」「設定が簡単なWi-Fiルーターを使いたい」といった方に選ばれているルーターです。

コンパクトで持ち運びができるモバイルWi-Fiルーターとは異なり、持ち運びを想定しない「据え置きタイプ」のため、どちらかと言えば光回線の代用として利用されるケースが多くなってきています。

光回線と比較して月額料金が比較的安いのも、挿すだけWi-Fiの魅力です。

挿すだけWi-Fiのおすすめサービスを徹底比較

挿すだけWi-Fiのおすすめサービスを徹底比較

挿すだけWi-Fiのサービスは主に4種類あり、それぞれで特徴が異なります。

通信速度や利用回線の種類を比較してみましょう。

スクロールできます→

種類 理論値回線速度 即日配送 利用回線
WiMAX+5G 上り:最大183Mbps

下り:最大2.7Gbps

WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G

SoftBank Air 上り:非公表

下り:最大2.1Gbps

× Softbank 5G

SoftBank 4G

ドコモ home 5G 上り:最大218Mbps

下り:最大4.2Gbps

× docomo 5G

docomo 4G LTE

auホームルーター5G 上り:最大183Mbps

下り:最大2.7Gbps

× WiMAX 2+

au 4G LTE

au 5G

上記の表を見ると、即日配送に対応しており、利用回線の数も多いWiMAX+5Gがおすすめだといえます。

なお、auホームルーター5GはWiMAXと同じ回線を利用しているため、同等のサービス内容となっています。

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

なお、挿すだけWi-Fi(ホームルーター)については下記の記事で更に詳細なサービスを比較しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

WiMAX+5G

WiMAX+5G

画像引用元:UQ WiMAX公式サイト

WiMAX +5Gは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供するインターネット接続サービスであり、UQ WiMAXをはじめ、複数のWiMAXプロバイダーから提供されています。

プロバイダーが異なっても提供する回線品質や提供エリアはすべて同一となっており、プロバイダーごとに提供サービスの内容が異なっているのが特徴です。

前述した通り、WiMAX +5Gには「au 5G」「au 4G LTE」「WiMAX 2+」の3つの回線があり、その中から自動で最適な回線に接続できます。

実質的に月間データ容量の上限がなく、通信速度は下り最大2.7Gbpsです。追加料金なしで5G回線が利用できます。

WiMAX +5Gは、屋内ではつながりにくいことが多かった従来の「WiMAX 2+」回線に加えて、「au 4G LTE(Band1/3)」が標準で利用できるようになったため、屋内での通信速度が劇的に改善しました。

ホームルーターサービスの中では比較的月額料金が安価となっており、複数のプロバイダーの中からお得なプロバイダーを選ぶことができるため、非常に人気の高いサービスとなっています。

気軽にホームルーターを導入したい場合は、WiMAX +5Gがおすすめでしょう。

SoftBank Air

SoftBank Air<

画像引用元:Softbank Air公式サイト

Softbank AirはSoftBank株式会社が提供する、挿すだけWi-Fiを利用するためのインターネットサービスです。

端末はシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。データ容量は実質的に無制限となっており、下りの最大速度は2.1Gbpsとなります。SoftBank 5GとSoftBank 4G回線を利用した高速インターネットを利用可能です。

契約期間と解約違約金がないため、気軽に利用できます。

ソフトバンクもしくはワイモバイルのスマホを利用している方は、利用している携帯電話料金が割引になるなどの特典が付与されるため、Softbank Airは同社のスマホを利用している方に特に人気があるのです。

また、Airターミナル5は、5G回線での通信に対応していて、最大128台の端末を同時接続できるのが特徴です。

これから契約を考えるのであれば、最新機種であるAirターミナル5がよいでしょう。

ドコモ home 5G

ドコモ home 5G

画像引用元:ドコモ home 5G公式サイト

ドコモ home 5GはNTTドコモが提供する、挿すだけWi-Fiのインターネットサービスです。

他社サービスとは異なり、標準でプラチナバンドが利用できるため、屋内でも安定した高速通信ができる可能性があります。

利用中のスマホがドコモの場合は「home 5G セット割」が適用され、利用しているスマホ料金が1台あたり最大1,100円(税込)の割引となるため、home 5Gプランはドコモユーザーを中心に人気となっています。

home 5G プランで利用する端末「HR01」では、最新のWi-Fi通信規格「Wi-Fi 6」にも対応しており、ビームフォーミング対応で、ワイヤレスでも快適な通信速度を実現可能です。

auホームルーター5G

auホームルーター5G

画像引用元:auホームルーター5G公式サイト

auホームルーター5GはKDDI株式会社が提供する、挿すだけWi-Fiを利用するためのインターネットサービスです。

「au 5G」「au 4G LTE」「WiMAX 2+」の回線を利用でき、受信時最大2.7Gbpsに対応しているため、大容量のデータも高速ダウンロードが可能です。

サービス内容としては、WiMAX +5Gとほぼ同等となりますが、プラスエリアモードの利用上限が30GBまでだったり、エクストラオプションモードが用意されていたりと、若干異なります。

auスマートバリュー/UQモバイル自宅セット割インターネットコース適用によるセット割もWiMAX +5G同様に受けることができるため、WiMAX +5Gとau ホームルーター5Gで悩んだ際は、月額料金の安いWiMAX +5Gのほうをおすすめします。

挿すだけWi-Fiを選ぶポイント

挿すだけWi-Fiを選ぶポイント

挿すだけWi-Fiを選ぶポイントを知っていると、自分に合ったルーターを見極められます。

挿すだけWi-Fiを選ぶポイントは、以下の4つです。

  • 利用したい機種に対応しているか
  • 通信品質は問題ないか
  • 契約内容は十分か
  • キャンペーン・特典の有無

それぞれの内容について見ていきましょう。

利用したい機種に対応しているか

挿すだけWi-Fiを選ぶときのポイントは、「利用したい機種に対応しているか」です。

これまでに紹介してきたサービスは、明確に提供元がことなっているため、WiMAX +5Gの端末でドコモのhome 5Gを利用するといったことはできません。

また、WiMAX +5Gの場合は、プロバイダーによって取り扱う機種が異なる場合があります。

例えば、GMOとくとくBBの場合は、次のような機種を取り扱っています。

  • Speed Wi-Fi HOME 5G L12
  • Speed Wi-Fi HOME 5G L11 など

使いたいルーターが決まっている場合は、その機種を取り扱うサービスを選び、契約をしましょう。

通信品質は問題ないか

ルーターによって通信品質が異なるため、挿すだけWi-Fiを選ぶ際は通信品質に問題がないか確かめましょう。

通信品質を確認する際の主なポイントは、次の通りです。

  • 自宅のどの部屋でもWi-Fiに接続できるか
  • 通信速度は十分な速さか
  • 5Gに対応しているか
  • ストレスなくゲームや動画視聴ができるか

「通信速度が遅い」「通信エリアが狭い」など、通信品質に問題があると「ゲームや動画の遅延が発生する」「テレワークに支障が出る」などしてストレスを感じてしまうでしょう。

自身の使用用途が明確であれば、それに準じた性能を有した、挿すだけWi-Fiを選ぶことが重要です。

それぞれのサービスが提供しているルーターの通信品質については、実際のところそこまで大きな差はありません。

利用したい場所で問題なく通信が行えるかどうかは、利用する場所の電波状況と、そのサービスが利用する電波の種類によって大きく左右されます。

自宅で実際に快適に利用できるかどうかは設置してみないとわからない場合の方が多いです。

仮に設置して、電波の受信状況が悪かった場合でも、端末到着後8日以内であれば「初期契約解除制度」の適用となり、解約が可能なので安心ください。

契約内容は十分か

契約内容も、挿すだけWi-Fiを選ぶ際のポイントとなります。

  • 契約期間はどのくらいか
  • どのようなサービスがあるのか
  • オプションサービスはあるのか
  • どのようなサポートを受けられるのか
  • 契約期間の料金に変動はないか

上記のような、自分に必要な内容が含まれているのかを確認する必要があります。

例えばGMOとくとくBB WiMAXのホームルーターの場合は、次のようなオプションサービスの利用が可能です。

  • 安心サポート:故障した場合に無償で修理を受けられる
  • 公衆無線LAN:WiMAXがなくても街中で公衆無線LANが使える
  • インターネット安心セキュリティ:ウイルスの被害から守る
  • スマホトラブルサポート:スマホトラブル時のサポートを受けられる

自分の条件に合った契約内容の、挿すだけWi-Fiを選ぶことが大切です。

キャンペーン・特典の有無

プロバイダーによってキャンペーンや特典内容が異なるため、挿すだけWi-Fiを選ぶ際は、よく比較をしましょう。

  • 各社によって、下記のようにさまざまなお得なキャンペーン・特典があります。
  • 1年契約で◯円キャッシュバック
  • 他社の解約違約金を負担
  • 2台同時申込みで◯円キャッシュバック
  • 端末代金無料 など

上手くキャンペーン・特典を活用すると、費用負担を大幅に軽減することが可能です。

加えて、同じ機種を選んでも「A社は2万円キャッシュバック、B社は2万5,000円キャッシュバック」など、プロバイダーによって違うキャンペーン・特典が受けられます。

そのため、前述した通信品質や契約内容、対応機種などを較検討した上で、自分にとってメリットが大きいキャンペーン・特典を選ぶことが大切です。

挿すだけWi-FiのおすすめWiMAXプロバイダー5選

挿すだけWi-FiのおすすめWiMAXプロバイダー5選

ここでは、挿すだけWi-Fiを提供しているおすすめのWiMAXプロバイダー5社を紹介します。

スクロールできます→

プロバイダー名 データ使用量 即日配送 月額料金
GMOとくとくBB WiMAX 実質無制限 4,158円~4,708円
カシモWiMAX

(3年プラン)

実質無制限 1,408円~4,455円
UQ WiMAX 実質無制限 4,268円~4,950円
BIC WiMAX 実質無制限 4,268円~4,950円
BIGLOBE WiMAX 実質無制限 × 4,191円〜4,928円

※価格はすべて税込み

どれも実質無制限で利用できるうえ、BIGLOBE WiMAX以外は即日での利用が可能です。

WiMAXのホームルーターを提供しているおすすめのプロバイダーについては、下記の記事で詳細に紹介しています。

ぜひプロバイダー選びの参考にしてみてください。

挿すだけWi-Fiのメリット

挿すだけWi-Fiのメリット

挿すだけWi-Fiのメリットを把握することで、ポケット型Wi-Fiや光回線と比較がしやすくなります。

加えて、挿すだけWi-Fiが自分に合っているのかを見極めやすくなるでしょう。ここでは、挿すだけWi-Fiのメリットを解説します。

  • 工事不要で使える
  • 月額料金が比較的安い

工事不要で使える

挿すだけWi-Fiは、光回線のように自宅に回線を引き込む工事をする必要がありません。

プラグをコンセントに挿すだけで利用を開始できるため、光回線よりも手軽に利用を開始することが可能です。

加えて、工事事業者との工事日程の調整や、集合住宅の場合では回線を引き込んでよいかどうかを管理会社へ相談する、といった手続きも必要ありません。忙しい方でも安心して契約できるでしょう。

挿すだけWi-Fiは「工事の手続きや立ち会いなど面倒なことをしたくない」「工事をすることに不安に感じる」といった方に選ばれています。

工事不要で、ルーターが届いたその日から簡単に使えるのは、挿すだけWi-Fiのメリットです。

月額料金が比較的安い

挿すだけWi-Fiは、月額料金が比較的安い傾向にあることもメリットのひとつです。

プロバイダーや料金プランにもよりますが、光回線の月額料金は5,000から6,000円程度に対し、挿すだけWi-Fiの月額料金は4,000円から5,000円程度です。

もともとの金額設定が低いだけでなく、キャッシュバックなどのお得なキャンペーンによって負担を軽減できます。

月額料金は、光回線やモバイルWi-Fiルーター、挿すだけWi-Fiを使用する間にかかる固定費用です。毎月1,000円違うだけで、年間の支出が1万円以上変わります。

月額料金が比較的リーズナブルなため、「できるだけランニングコストを抑えたい」「月額料金が安いルーターを希望している」といった方におすすめです。

挿すだけWi-Fiのデメリット

挿すだけWi-Fiのデメリット

挿すだけWi-Fiのメリットだけでなく、デメリットも把握しておくことは大切です。

デメリットも知ると、より具体的に比較できる上に、リスク対策を講じやすくなります。挿すだけWi-Fiの主なデメリットは、次の通りです。

  • 自宅以外でインターネットが使えない
  • 通信回線が安定しないこともある

それぞれの内容について見ていきましょう。

自宅以外でインターネットが使えない

挿すだけWi-Fiは、コンセントに挿して使用するほか、持ち運びするにはややサイズが大きいため、基本的に自宅以外では利用できません。

例えばモバイルWi-Fiルーターであればコンセントに挿して使用する必要がなく、スマホ程度のサイズ感なので、手軽に持ち運びができます。

そのため、電車やバス、カフェ、公園、図書館など、さまざまな場所で利用することが可能です。

そもそも挿すだけWi-Fiは、自宅以外での使用は想定されていません。

WiMAX以外のホームルーターサービスでは、契約住所以外での利用が規約に反することとなり、物理的も利用することができないのです。

もし外出先でパソコンなど使いたい場合は、次のような対応が必要となります。

  • 別にモバイルWi-Fiルーターを持つ
  • 施設のフリーWi-Fiを使用する
  • スマホのテザリングを使用する
  • WiMAX +5Gを利用してホームルーターを持ち歩く

「仕事が忙しくて自宅にはほとんどいない」「外出先でパソコンの利用や動画視聴をすることが多い」といった方には、挿すだけWi-Fiは向かない可能性があるでしょう。

通信回線が安定しないこともある

挿すだけWi-Fiで使用するモバイル回線は外部からの影響を受けやすいため、挿すだけWi-Fiは通信回線が安定しない可能性があります。

特に居住地の周りにビルなどの障害物がある場合や、家が高層階である場合などは、電波が届きにくく、通信が不安定となる傾向です。

また、挿すだけWi-Fiは光回線と比べると安定性と通信速度といった性能面が劣るため、高画質の動画視聴や高速通信を必要とするオンラインゲームなどの際にタイムラグが発生する場合があります。

「プロゲーマーとして活動しているので通信回線の安定や速度を重視する」といった方などは、通信環境に不満を感じる可能性があるので注意してください。

ただし、あくまでも光回線と比較した場合なので、「通信速度が遅い」「インターネットがすぐに途切れる」というわけではありません。

挿すだけWi-Fがおすすめの人の特徴

挿すだけWi-Fがおすすめの人の特徴

挿すだけWi-Fiがおすすめなのは、次のような人です。

  • インターネット回線の開通工事ができない人
  • 引っ越しの予定がある人
  • 月額料金の安さを重視したい人
  • 動画視聴やオンラインゲームの頻度が少ない人

挿すだけWi-Fiはモバイル回線を使用するため、光回線のようにインターネット回線の開通工事が不要です。

それゆえに、物件の都合で開通工事ができない人でも、安心して利用できます。

また、光回線の場合、引っ越しをした方は転居先でも開通工事をしなくてはなりませんが、挿すだけWi-Fiの場合は転居先のコンセントに挿すだけですぐに使えます。

加えて、挿すだけWi-Fiはコストを安く抑えられやすいため、家計を圧迫させにくいでしょう。

挿すだけWi-Fがおすすめでない人の特徴

挿すだけWi-Fがおすすめでない人の特徴

次のような人には、挿すだけWi-Fiはおすすめできません。

  • 外出先でもインターネットをたくさん利用したい人
  • 動画視聴やオンラインゲームの頻度が高い人
  • 月額料金よりも通信環境にこだわりたい人

挿すだけWi-Fiは、モバイルWi-Fiルーターのような携帯性はありません。

コンセントに挿す必要があり、サイズも大きく、規約上契約先住所以外での利用が禁止されているケースがほとんどとなっています。そのため、外出先でルーターを利用したい人には、おすすめできません。

また、タイムラグが発生する可能性があるため、動画視聴やオンラインゲームの頻度が高い人には向かないでしょう。

不安定な回線によって作業が妨げられることが心配な人は、通信速度が速く安定している光回線を検討することをおすすめします。

基本的に挿すだけWi-Fiは万人受けするタイプの機種ですが、外出先で利用するなど使用用途がはっきりしている人や、通信環境にこだわりたい人には向いていない可能性があります。

挿すだけWi-Fiはよく検討してから申し込もう

挿すだけWi-Fiはよく検討してから申し込もう

この記事では、挿すだけWi-Fiのおすすめ5選や選ぶポイントなどについて解説しました。

挿すだけWi-Fiであれば、簡単・スピーディーに自宅で高速インターネットを利用できます。

挿すだけWi-Fiの中でも特におすすめなのが、WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME 5G L12です。

実質無制限で利用できるうえに、WiMAX+5Gにも対応しているので、安定して高速なインターネット通信を楽しむことができます。

また、プロバイダーでは「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめです。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の取り扱いもしているほか、最短即日配送が可能。最大49,000円(不課税)の高額キャッシュバックや、61,578円(税込)相当の月額料金値引きにより経済的な負担も抑えられます。

ぜひお試しください。

公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。
本記事では、「プロバイダー」「プロバイダ」の表記を「プロバイダー」に統一しております。
GreenEchoes Studio代表 河村 亮介
通信費節約の専門家兼「グリーンエコーズスタジオ」の代表として、回線系WEBメディア「GreenWaves」の企画運営執筆を担当。回線系サービスに関する深い知見を活かし、さまざまな媒体にて執筆や監修など活躍中。
Facebook Facebook X X